FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自己敬愛によるブラフマンの法
 自分自身を十分に認め、愛し敬えるようになったら、次はブラフマンの法に則りその感覚を全てに広げていくのじゃ。
 自分を認め敬愛した時の体の感覚を、自分の体全体に広げ、更に体の外にまで広げて行くのじゃ。
 その実践は座りながらでも、寝ながらでもやってよいのじゃ。
 
 数息観などをして心を鎮めたら、自分を認め敬愛する誓いを心の中や言葉に出して唱えるのじや。
 そうすれば肉体にもそれによる反応が出るじゃろう。
 その感覚は人に拠って違うものじゃ。
 
 在る者は胸の温かさとして感じるかもしれん。
 或いは他の者はおなかの辺りの震える感じになるかもしれん。
 それらのどれが正解で、どれが間違いということはないのじゃ。
 各々が自ら感じるままにそれを受け入れ、大きくしていくのじゃ。
 

 温かさを感じるならば、先ずは温かさを体全体に広げるのじゃ。
 震えるのを感じるならば、それをまた体に広げていくのじゃ。
 初めは難しくとも、日々実践していくうちに出来るようになるものじゃ。

 全身に広げられるようになったら、今度は体の外にまで広げていくのじゃ。
 その時、自分とは体でしかないという強い思い込みがあれば、なかなか外には広げられなかったりするじゃろう。
 そのような思い込みを捨てれば外にまで広げられるのじゃ。
 本来人の意識は肉体を超えて広がっている故に、思いもどこまでも広げられるのじゃ。
 
 自分の周りから、部屋の中一杯に広げ、更に部屋を越えて広げていくのじゃ。
 途中で感覚がなくならないように、さらにそのまま誓いの言葉を唱えるのもよいのじゃ。
 
 自分は自分を認める。
 自分は自分を愛する。
 自分は自分を尊敬する。
  
 と、唱えながら意識をすべてに広げていくのじゃ。
 もはや限界まで広がったならば、唱える言葉を変えるのじゃ。
 
 全てが自分を認めている。
 全てが自分を愛している。
 全てが自分を尊敬している。

 と、唱えればまた別の反応があるじゃろう。
 全てに認められ、敬愛される喜びがそこにはあるじゃろう。
 それはただの空想ではないのじゃ。
 本来全てである意識にブラフマンの法によって、自ら参入したからには全てである自分で自分を認め、敬愛することができるのじゃ。
 そして俗世では決して味わえない歓喜を味わうことが出来るのじゃ。
 
 その歓喜に身を委ね、自己の境界さえも忘れたならば、既にサマーディに入っているのじゃ。
 自分を忘れていながら意識はあり続けることを自覚するのじゃ。

 その境地に何度も参入し、意志によって保持し続けられたならば、その境地から自分というものの観念を見ると良いのじゃ。
 そうすれば観照が訪れ、無我にもなるのじゃ。
 無我になれば無認識も容易に訪れるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。



スポンサーサイト



悟りを得るための修行法 | 21:38:00 | Trackback(0) | Comments(4)
自己敬愛の法。
  前回の続きなのじゃ。
 
 前回の記事にあるように、他人の承認を欲して日々の修業もままならない者は、先ずは自分の心を観なければならないのじゃ。
 承認を求める心の原因は親からの条件付けなのじゃ。
 まだ他人からの承認を求める心が残っている者は、そのような原因から承認を求める心があることを観察しなければならないのじゃ。
 
 他人が自分を認めたら、自分が自分を認める。
 そのような観念遊戯が自分の心の中にあると知れば、他人からの承認を強く求めることもなくなるのじゃ。
 それがただの観念遊戯であり、心のトリックであり、もはや不要な条件付けであるとわかるからなのじゃ。

 他人からの承認を求めなくなったら、自分を自分で認めると善いのじゃ。
 それがなければ自分の行動も正しくできないからなのじゃ。

 例えば犯罪者は自分を憎み、他人をもっと憎んでおるものじゃ。
 犯罪は憎い他人を傷つけ、憎い自分をも破滅させるから、犯罪者の心の中では合理的な行動なのじゃ。
 そのように正しく自分を認め、自分を愛し、自分を尊敬するようにしなければ、最悪の場合は犯罪まで行うようになるのじゃ。
 犯罪までいかなくともギャンブルや薬や酒に依存する等、自分にも他人にも不利益な行いばかりしてしまうのじゃ。

 そのような事態を防ぐためにも自分を承認して愛敬すべきなのじゃ。
 まずは自分に最高の評価をすると誓うと善いのじゃ。
 自分を最高に愛すると誓うと善いのじゃ。
 自分を最高に尊敬すると誓うと善いのじゃ。

 自分を認めるとは自分自身に最高の評価をすることじゃ。
 自分の世界は自分の心が作ったものであり、自分とは世界の創造神なのじゃ。
 自分以外の存在は自分の創造物に過ぎないのじゃ。
 神でさえも自分の心が作り出した観念なのじゃ。

 そうであるから自分自身に最高の評価をすることが正しい心のありようなのじゃ。


 そして自分自身を最高に愛することで、他人をも愛せるのじゃ。
 誰でも自分が一番愛しいものであるから、自分を強く愛さなければ他人も愛せないのじゃ。
 数で表せば自分を100位しか愛していなければ、他人は90位しか愛せないのじゃ。
 自分を1000位愛せれば、他人も900位は愛せるのじゃ。
 
 更に自分を尊敬することで自尊心も養えるのじゃ。
 自分を尊敬できないと想う者もいるかもしれん。
 しかし、今まで生きてきたことだけでも尊敬するに値するのじゃ。
 さまざまな苦難を乗り越えて今生きているという事実だけでも自分を尊敬するべきなのじゃ。
 その上にわしの教えを聞いて信の年を抱くものは正しい法を見抜く法眼浄を得ているのであるから、正しい法の下でも尊敬すべき者であるのじゃ。

 そのように朝晩に何度も自分に誓うと善いのじゃ。
 一度や二度では潜在意識には響かないのじゃ。
 何度も何度も誓うことで、潜在意識にまで自分を敬愛する心が染み込んでくるのじゃ。
 そして自他に利益をもたらす行いも自然に出来るようになるのじゃ。

 更にそのような誓いを自分に対して最終決定とするが善いのじゃ。
 もはや永遠に変える事が無い決定とするのじゃ。

 そのようにして自分を敬愛する念をブラフマンの法に拠って全てに広げていくが善いのじゃ。
 そうすれば全てが自分を敬愛していることになるのじゃ。
 全てが自分であるから、全てが自分を敬愛しているのじゃ。
 それが感得できれば歓喜が心に起こるじゃろう。

 そのような喜びの境地こそ真のブラフマンの境地なのじゃ。
 それは実践によってのみ感得できるものじゃ。
 全ての修行者は全てを敬愛し、全てに敬愛される喜びの境地を実践に拠って確かめるのじゃ。


悟りを得るための修行法 | 21:52:00 | Trackback(0) | Comments(15)
承認の罠に気付くのじゃ。
  この世に生きる大抵の者は他者からの承認を欲しがっているものじゃ。
 他人から認められ、賛美されることに命をかける者さえおるのじゃ。
 他人に認められることに強く囚われているのじゃ。
 
 他人からの承認を求めるのと同じく、逆に他人からの非難を恐れているのじゃ。
 他人から少し注意されただけでも酷く落ち込んだりするのじゃ。
 
 そのような者は他人からの評価を気にする余り自分のしたいこともできなくなるのじゃ。
 そのために依存になったり、他人が怖くてひきこもりになったりもするのじゃ。
 それだけならまだよいほうなのじゃ。
 時には犯罪に走ったり、集団でテロ行為をしたりもするのじゃ。

 そのように人を惑わし、多くの障害を引き起こす承認を求める心には観察してみれば実に簡単なわながあると気付くじゃろう。
 そもそも他人の承認を欲するのは、子供の頃の心理に原因があるものじゃ。
 子供の頃は親からの承認が全ての生活の基準であったから、それに依存していたのじゃ。
 親が認めることをすれば生きるために役立ち、親が認めないことをすれば死の危険さえあったのじゃ。
  
 そのように世の中で危険なこととか、安全なことも親から承認されるという形で教育されたから、大人になっても承認に依存する心の働きが残ってしまうのじゃ。
 例えば車に気をつけて歩けば偉いとほめられる。
 道路にいきなり飛び出したりと危険なことをすれば叱られる。
 そのような教育を繰り返して、承認が生死にもつながる大事な生きるための規律と認識されているのじゃ。
 
 親も叱ったりするのは子のためであると言い聞かしたりするじゃろう。
 それは子に批判されると死の危険が有り、承認されれば生きられるという絶対的な価値観を植えつけるのじゃ。
 そして批判されれば自分は生きることも難しい、弱くて愚かな者というイメージを持ってしまうのじゃ。
 承認される自分は生きる強さと賢さを持つ者というイメージが持てる故に、強く囚われてしまうのじゃ。


 自分自身が何故、他人からの承認に執着し、批判を恐れるのか理解したい者は心の中のそのような原因を追求するのじゃ。
 そしてその原因から執着と恐れがあることに気付けば、それもまた滅するのじゃ。
 わしの話でその通りじゃと、想うだけでは何も起こらないのじゃ。
 自分で心を観察して、その原因から承認への執着があり、原因が無ければ執着も無いと気付かなければならないのじゃ。
 既に生きるための智慧と力を持つ者には、そのような価値観による観念は必要ないのじゃ。
 それに気付けば自然に囚われも消えるのじゃ。

 他人からの承認に囚われなければ自分の意志で、好きな道を歩んで生きていくこともできるのじゃ。
 他人を恐れることも、依存することもなくなるじゃろう。

 更に他人からの承認が必要でなくなれば、承認の価値観を利用して自己イメージを高めることも出来るのじゃ。
 そもそも承認とは他人からの肯定に拠って、自分自身を肯定的に捉える心の働きなのじゃ。
 親に褒められれば、自分は偉い者であると自分で自分を認めるのじゃ。
 親に褒められるという条件は、実は自分で自分を承認するためのスイッチに過ぎないのじゃ。

 そうであれば承認とは実は自分で自分を承認することが実体であり、他人からの承認はただの観念遊戯に過ぎないとも言えるのじゃ。
 他人からの承認への依存を脱却した者は、他人からの承認を待つ必要なく、自分自身を承認することができるのじゃ。
 そしてそれは自己イメージを高め、自分の能力と意欲を高めることも出来るのじゃ。

 それには先ず自分自身をこれからは何かなんでも全て認め、愛することを決意しなければならんのじゃ。
 自分で自分の全てを認めて愛することを誓うのじゃ。
 実際に口に出して自分に自分を認め、愛することを誓うと善いのじゃ。
 それは毎日何度も行うと善いのじゃ。

 自分に対して全ての善きものと善いものごとを与えると誓うのじゃ。
 自分自身に最高の待遇をすると誓うのじゃ。
 そしてその通りに実行するのじゃ。
 そうすれば環境もよくなっていくのじゃ。

 そのような実践をして自我を強化するのではないかとか、自分本位のエゴイストになってしまうのではないかと恐れるものも居るかもしれん。
 しかし、自我は幻想のものであるから強化はされないのじゃ。
 観察が出来れば直ぐにでも消えてしまうものじゃ。
 そうであるから自我が強化されるとかは気にしなくて善いのじゃ。

 そして自分を愛することで利己主義になることもないのじゃ。
 なぜならば本当は誰でも自分を一番に愛しているからなのじゃ。
 一番愛している自分を最も大きく強く愛していなければ、他人をも愛することは出来ないのじゃ。
 例えば自分を100位しか愛していなければ、二番以下の他人は90以下しか愛せないのじゃ。
 一番の自分が少ししか愛していなければ、二番目以下の他人を愛することが少ないのは当然なのじゃ。

 自分をどこまでも強く大きく愛していくことで、ブラフマンの法にも繋がるのじゃ。
 愛が無ければブラフマンの法も出来ないのであるからのう。
 肉体の限界を超えて、どこまでも愛を広げていくのがお釈迦さまが説いたブラフマンの法なのじゃ。
 承認に囚われた者や、他人からの批判を恐れる者は、観察と共に実践するとよいのじゃ。


元気が出る説法 | 17:08:10 | Trackback(0) | Comments(18)
強い心になるのじゃ。
  わしに相談する者は自分の弱い心を嘆き、強い心になりたいという者が多いのじゃ。
 人と合うのが怖いとか、人になにか言われると弱気になるとか、人も外の世界も怖いから部屋から出られないとか、自分の心の弱さを嘆いているのじゃ。
 そのような心の弱さに苦しみ、強い心になりたいとわしに相談するのじゃ。 

 強い心とは自らの弱さを知る心なのじゃ。
 自らの弱さから目を背けていては、心は強くなれないのじゃ。

 自分の弱さから逃避していて、何か別の観念を用いて強くなろうとしても無理なのじや。
 観念は最初は効いても、用いる内に効かなくなってくるからなのじゃ。
 本来の心の状態が弱いままであるのに、強いと思い込むだけであるから、効かなくなるのじゃ。

 例えば体についた傷口に布を当てているようなものじゃ。
 傷口に布を当てれば最初は血が見えず傷も見えないが、徐々に血が染みてきて傷も塞がらないのじゃ。
 傷を治す役にはたたないのじゃ。
 
 それよりも傷がどこにあり、どれぐらい傷ついているのかを完全に把握し、手当をしたほうが良いのじゃ。
 そうすれば傷も速やかに治るのじや。

 心も同じように弱さを隠蔽して自分は強い強いと言い聞かせても、弱いままなのじゃ。
 むしろ自分を偽っているせいで弱くなったりするのじゃ。
 集中の瞑想をして不動心を得ても心は強くはならないのじゃ。
 心が弱いまま不動になるだけなのじゃ。
 不動心もまた万能の薬ではないからなのじゃ。

 それよりも自分の弱さを知って原因から観察すると、弱さがなくなるのじゃ。
 心の手当は調査することと、治療することが一つであるからなのじゃ。
 完全に詳しく自分の心の弱さを観察できれば、それだけでも弱さが消えるのじゃ。
 
 今まで逃避していた自分の心に直面し、真摯に見つめるのじゃ。
 その弱さはどこから来るのか、どのような時に、どのような場面で弱くなるのか、くわしく観察するのじゃ。
 そしてその原因を追究するのじゃ。

 原因がわかれば、原因が心に思い浮かんでいる時には心が弱く、原因が心にない時は弱さがない事を観察するのじゃ。
 そうすれば心の弱さは消えていくのじゃ。
 心から弱さが一つ一つ消えていくにつれて、心は強くなってくるのじゃ。
 人を恐れていたものはもはや恐れなくなり、外が怖かったものも怖くなくなるじゃろう。
 そのように実践して心を縛る障害を乗り越えて進んでいくのじゃ。
  


悟りを得るための修行法Ⅲ縁起の法 | 19:02:59 | Trackback(0) | Comments(27)
条件付けから離脱するのじゃ。
 条件付けは人の心の中に根付いている習慣的なものじゃ。
 スポーツとかゲームのルールのようなものじゃ。
 それも人が従わずに居れない強制的なルールなのじゃ。
 まだ悟りを得ていない観念に依存する者はそれが強制する通りに行動してしまうのじゃ。

 それは幼少の時から植えつけられるのじゃ。
 親から植え付けられるもの。
 友人や仲間から植え付けられるもの。
 社会的な思想や宗教によって植えつけられるもの。
 等々があるのじゃ。

 例えば嘘をついてはいかんとか、盗みや暴力もいかんとかなのじゃ。
 多くの条件付けは社会で生きるために必要なものなのじゃ。

 それはスポーツやゲームと違って時には一生人の心に巣食い、行動を規制するものともなるのじゃ。
 スポーツやゲームならば止めればそのルールには従わなくてよくなるのじゃ。
 しかし、条件付けは常に心の中にあり日常の行動を規制するものなのじゃ。
 大抵の者はそのような条件付けに従っていることさえ意識しないのじゃ。
 無意識のうちに条件付けの通りに行動しているのじゃ。
 
 それが時には生きることの妨げになったり、修業の障害になったりすることもあるのじゃ。
 小さなことでは嘘をつかないようにと条件付けされた者が、社会に出ると毎日多くの嘘をつかなくてはならない故に、罪悪感に苛まれてうつになったりするとかなのじゃ。
 他にもいつもうちは貧乏だと条件付けされた者が、大金を手にして逆に破滅してしまうという例は多いのじゃ。

 そして常識の範囲で生きることを条件付けされた者は、修業に拠って心に変容が訪れても拒否してしまうということもあるのじゃ。
 更にはカルト的な思想や宗教の条件付けがあると、真実の教えが目の前にあっても理解できず、否定してしまうこともあるのじゃ。
 そのような選択と行動は自分の意志でやっているように見えて、実は過去の条件付けによる無意識のものであるから実に危険なのじゃ。

 誰でも今現在の知識で考えれば、自ら好んで苦しんだり、破滅したり、安楽への道を閉ざしたりするのは、おかしいとわかるじゃろう。
 理性的に行動できればそのような選択は拒否する筈なのじゃ。
 しかし、そのような思考や理性は条件付けされた心の働きには抵抗できないのじゃ。
 思考や理性で考えるよりも、人は条件付けされた方向へと向かってしまうのじゃ。

 そのような条件付けも自らの心を観察する事で滅することも出来るのじゃ。
 それには先ず自分がどのような条件付けに従っているのか、知らなければならないのじゃ。
 そしてその原因から観察するのじゃ。

 親から教わったとか、友人達の間の決め事とか、思想や宗教的な規則とかそのような原因から自分の心に条件付けがあると観察するのじゃ。
 それらがなければ今の条件付けも無いと逆からも観察するのじゃ。
 そうすれば消えて行くのじゃ。

 多くの条件付けは社会で生きるためのものであり、全て滅する必要は無いのじゃ。
 ただ生きることを困難にするものや、修業の障害になるものだけを滅すると善いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。


元気が出る説法 | 21:38:10 | Trackback(0) | Comments(6)
次のページ