FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
共に執着を離れるのじゃ。
  世の中の親子や兄弟や夫婦や友人や恋人関係の者達はしばしばお互いに執着し、依存し合っててしまうこともよくあるものじゃ。
 そのような関係はお互いに苦になり、時に破滅的な最後も迎えてしまうことも在るのじゃ。
 心理学では共依存というのじゃ。
 新聞にもしばしば載っている情痴のもつれからの犯罪等はそのような関係から起こる事が多いのじゃ。
 お互いに苦しんだ挙句に命の危険もあるのがお互いに執着し、依存する関係なのじゃ。

 そのような関係の始まりは孤独や寂しさからからなのじゃ。
 孤独や寂しさから他人に執着する逃避が起こるのじゃ。
 孤独や寂しさから他人に強く執着して、相手もまた孤独や寂しさから逃避しようとして執着しあえば共に依存する関係になるのじゃ。
 それは一人が執着するよりも多くの苦をもたらすのじゃ。

 お互いの依存が更に執着を高めあい、苦もまた強くなっていくのじゃ。
 執着が孤独を強め、孤独が執着を起こして悪循環になるのじゃ。
 それを愛と勘違いしたりもするのじゃ。
 お互いに相手の愛が足りないと不満を持ち、愛を求めて罵りあったりするのじゃ。
 互いに愛し合っていると錯覚しているだけで、実は憎しみ合うもの同士の行いをしているのじゃ。

 仏教用語でいえば愛別離苦を恐れ、怨憎会苦に陥っていると言えるのじゃ。
 お互いに離れてしまう別離の苦から逃避しようとして、憎しみ合う者同士が離れられない状況になっているのじゃ。
 二重の苦に陥っているのじゃ。
 
 そのような関係は互いに苦をもたらすばかりなのじゃ。
 それを滅するにはやはり観察しかないのじゃ。
 どちらかでも観察に拠って依存を離れれば、相手もまた変り、苦から離れて互いに楽になるのじゃ。
 それもまた縁起しているからなのじゃ。

 孤独や寂しさからの逃避として執着が起こり、それがまた離れる事への恐れを生んでいるとありのままに観察するのじゃ。
 他に原因があるのならば、それもまた正しく観察するのじゃ。
 原因から次々に執着が起こり、苦が増していくのを全て観るのじゃ。
 原因から末端の苦が起こるまで全てが見られればそれも消えていくのじゃ。
 そして安楽が起こるじゃろう。
 
 見に覚えの在る者は実践して確かめるのじゃ。


スポンサーサイト



苦滅の道実修 | 22:43:52 | Trackback(0) | Comments(14)
自らの価値観と評価を観察するのじゃ。
 未だ悟りを得ていない者には条件付けされた価値観と自己評価が心の中にあるものじゃ。
 その価値観と自己評価によって行いも決められてしまうのじゃ。
 それが善いものならば善い行いに繋がるが、悪いものならば悪い行いに繋がってしまうのじゃ。

 それらは親とか友人等によって条件付けされるのじゃ。

 例えば犯罪を良いものとする価値観を条件付けされた者は、泥棒より強盗が勇気が在るとか間違った価値観を身に付けてしまうものじゃ。
 そして今の自分は泥棒しかしていないから強盗をして勇気があることを証明しようとしてしまったりするのじゃ。
 そのようにして悪事を続け、何度捕まってもやめられないのじゃ。

 心にそのような価値観と自己評価の働きが在る限り、自分でやめようとしてもやめられないのじゃ。
 何の得にもならず、明らかに損になるとわかっているのにやめられないのじゃ。
 知性や理性で理解していることも、心の中の条件付けによる行いをとめることは出来ないのじゃ。

 逆に親から駄目な者とか条件付けされた者は、自分を駄目な者と想い、駄目な行動をしてしまうのじゃ。
 それも自己評価から起こる行いなのじゃ。

 思春期になれば親から独立した自分の考えを持つようになるが、心の中の条件付けは変わらないのじゃ。
 それは心の中に残り、行いを選択する時に働いてしまうのじゃ。
 そのようにして親から与えられた価値観と自己評価に沿った行いを一生繰り返してしまう者もいるのじゃ。

 そのような価値観と自己評価わ乗り越えるためには、やはり観察するしかないのじゃ。
 自分の本心を観てそのような価値観と自己評価があり、今までそれに反応して行いをしていたと気づいた時、それは滅するのじゃ。

 悪しき行いに向かおうとする価値観と自己評価が在る限り、悟りに向かう修業も全うできないじゃろう。
 悪しき行いを求める心は、自己の心を整える行ないに反発するからのう。
 そうであるからそれも修行の妨げになる煩悩の一つといえるのじゃ。

 金や権力や名声をひたすら求めることが善いとする価値観や自己評価も同じなのじゃ。
 必要以上の欲は貪欲として三毒の一つとして教えられているの字や。
 今の知識や理性と照らし合わせて不要の価値観と自己評価は滅するべきものと言えるのじゃ。
 
 修行者が自分の本心をよく観察してそのような価値観と自己評価に気づけば、それも滅するのじゃ。
 そして今の自分の知性と理性に沿った行いも出来るようになるのじゃ。
 真の悟りを求める心の働きを最も尊ぶべきものとして進むことも出来るのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 


苦滅の道実修 | 21:50:40 | Trackback(0) | Comments(2)
自分の本心を認め受け入れるのじゃ。
 心の観察は先ず本心を受け入れ、認める事から始めなければならんのじゃ。
 本心とは自らの偽らない心なのじゃ。
 自分の心を偽っていては、観察にはならないのじゃ。
 
 例えば本当は心に恐れがあるのに、恐れていないと偽れば、恐れはいつまでもあり続け、滅することも無いのじゃ。
 その恐れによって行いも制限され、修行も止まってしまうこともあるものじゃ。
 
 日常生活に於いても、本当は疲れているのに疲れていないと自分を誤魔化せば、疲れをとることもできず、いずれは倒れてしまうのじゃ。
 疲れている時には疲れていると認め、受け入れることで疲れを癒すことも出来て、倒れることもないのじゃ。
 
 今の自分の本心を認め、受け入れることで現実に対応できるようになるのじゃ。
 本心を認め、受け入れないならば現実に目を背けて、観念遊戯に浸っていることになるのじゃ。
 それではいつか破綻することは目に見えているのじゃ。

 本心を認めようとしない理由には、幾つかの理由があるものじゃ。
 恐れから認めないものも居るじゃろう。
 恐れがあれば逃避があり、本心から逃げ続けるのじゃ。

 今まで弱音を吐かず頑張ってきたからという習慣によるものもあるじゃろう。
 ただの習慣により、本心を認めない故に苦しみ続けるのは愚かなことじゃ。

 或いは本心がわかってもどうしようもないからと諦めからの理由もあるじゃろう。
 自分が疲れたり、恐れているのを認めても現状が変るわけではないからと無理に本心を認めないようにしているのじゃ。

 他にも意地になっていたり、自分に怒りを感じているからとかの理由もあるじゃろう。

 それらの理由により、本心を認めなければ苦は続き、いずれ破綻することもあるものじゃ。
 時に人は本心を認めない故に一生、苦を抱えて生きることもあるのじゃ。
 ただ本心を認め受け入れるだけで消えていく苦を、死ぬまで抱えていくのは愚かなことじゃ。

 どのようなものであろうと本心を受け入れ、認める覚悟をすれば、それらの理由をも超えて本心が観られるものじゃ。
 そして観察によってどのような苦も滅していくことができるのじゃ。
 無意味な理由で長く苦しむことが無いように、全ての者は自らの本心を認め、受け入れて進むがよいのじゃ。
 


苦滅の道実修 | 20:26:44 | Trackback(0) | Comments(4)
苦を認めるのじゃ
 お釈迦様はこの世を一切苦と説いたのじゃ。
 その通りこの世に生きる者は多くの苦を抱えておる。
 しかし大抵の者はその苦に対して一つの対処しかしておらん。

 それは苦から眼を背けて逃避したり、無い振りをする事なのじゃ。
 そのような対処は苦を増大するばかりで、少しも和らげる役には立たないものじゃ。
 苦から逃避すれば他に執着するものが生まれ、その為に余計に苦を受けるはめに陥るのじゃ。

 例えば苦から逃避するためにギャンブルや薬に嵌れば、ますます苦しくなるようなものじゃ。
 そのように極端な例ではなくとも、多くの者が苦からの逃避により、新たな執着を生み出し、苦を増やしているのじゃ。
 自分に今苦があることを認め、受け入れなければ苦は増大し続けるばかりなのじゃ。

 そのようにして苦を認めないと、何が苦しいのかすらも判らなくなるのじゃ。
 何も判らないのに何故か生きるのが辛いとか、何やら不安があるとかで自ら生きる事を断念する者まで居るじゃろう。
 自らの苦から逃避し続ければそのように、迷いも起こるのじゃ。

 それも苦から連鎖する縁起がある故なのじゃ。
 苦があれば人はそれを自分であり、自分のものと思う。
 そしてこれからもその苦と共に生き続けると、認識してしまうのじゃ。

 そうであるからこれからも苦があると思い、生き続ける事も辛いと思うのじゃ。
 過去の苦を未来に投射して、これからも苦のある生活を不安に思うのじゃ。

 そのような苦に対する正しい対処は、苦から逃避せずに受け入れ、それを認め観察する事なのじゃ。
 人に苦があるのは当然のことであり、当たり前なのじゃ。
 誰もが苦を持っているのじゃ。
 ただしい対処を知らないから見ないようにして、益々苦を増やしているのじゃ。

 自らの苦を認め、それを観察すれば苦はなくなるのじゃ。
 そして苦から逃避する為に起きた苦もなくなる。
 更に苦をこれからも受け続けるという不安などもなくなるのじゃ。

 そのようにしてただ一つの苦が無くなるだけでも心は安楽になり、住んでいる世界さえも変わって見えるのじゃ。
 知識として知るだけでは苦は消えないのじゃ。
 苦が自分にあると認め、その心を観察することで苦は消えるのじゃ。
 苦を持つ者は自らの苦を認め、観察を実践する事で安楽に生きるのじゃ。


苦滅の道実修 | 12:38:47 | Trackback(0) | Comments(8)
苦を滅する法のまとめ
  お釈迦様の教えられた苦を滅する法を、出来るだけ優しく解説するのじゃ。
 先ずは全ての法の基本となる止観の法を修行しなければならん。
 止観の法も実は難しくは無いのじゃ。

 要するに心を落ち着かせて、心を観察する方法と言うだけなのじゃ。
 心にある苦を観察するのに、一々苦しんだり悲しんだりしていては、観察が出来ないから、心を落ち着けて観察し易くするのが、止の行なのじゃ。
 数息観などの心を集中させて、雑念に悩まされないようになり、心が落ち着いて観察できるようになれば、止の行は完成なのじゃ。 

 詳しくは数息観のやり方の記事を見るのじゃ。
 そして観察の基本観察の本行も参考にすると良いのじゃ。

 心を観察するには何よりも、自分に正直であらねばならないのじゃ。
 自分の心に嘘をついていれば、何時までも本当の心の観察は出来ないものじゃ。
 特に苦や苦の原因を観察しようとする時、本当は苦しいのに自分は苦しんでいないとか、本当の原因を避けていては、苦も滅する事が無いじゃろう。

 苦を滅する修行は誰かに見せる為のものではない故に、自分には自分の心の全てを正直に見せるのが肝心なのじゃ。

 心を落ち着かせたら、先ずは苦がどのようなものであるか、観察しなければ成らないのじゃ。
 基本の手を観察する時のように、出来るだけ客観的に自分の苦がどのようなものであるか観察するのじゃ。

 仏教では苦を愛別離苦とか怨憎会苦などと色々に分類しているが、それらはあくまで参考にすべきものであり、人は各々が自分の苦がどのようなものであるか、観察して見出さなければならないのじゃ。

 苦がどのようなものであるか判ったら、次は苦の原因を追求するのじゃ。
 それも観察によって、何が原因なのか自ら見出さなければならないのじゃ。

 同じような苦でも原因は一人一人違っていたりするものじゃ。
 例えば愛する者と別れた愛別離苦であっても、ある者は執着が原因で苦しみ、別の者はプライドが傷ついたのが原因で苦しむという事もあるじゃろう。

 そのような原因を自ら観察して、見出さなければならんのじゃ。

 苦を滅する法に於いて一番大事なのは、この原因を探す事なのじゃ。
 本当の原因さえ判れば、後は観想し観察するだけで苦は必ず滅するのじゃ。
 人によっては原因が判っただけで、苦が滅する事もあるのじゃ。

 それ故に苦の原因を探す事に、最も注意しなければならないのじゃ。

 苦の原因は人が心の中で最も避けていた事や、観ないでいようとしていた事である事もある。
 一番辛い記憶がやはり苦の原因になっていたりするものじゃ。

 原因が判らない時には苦を観察しながら、様々な原因を思い浮かべ今の苦が最も強くなるものが原因と理解できるじゃろう。
 又一つの苦が複数の原因より起こる事もある。
 そのような時には一つ一つの原因について、次の縁起による苦の観察を行うが良いのじゃ。
 
 苦の原因を思い浮かべ、苦が起こる事を観察する。
 その苦の原因が無いとイメージして、苦も消える事を観察するのじゃ。

 このように順逆に観察する事で、苦は自己同一化を離れ、滅していくのじゃ。
 もし滅しないのであれば、それは原因が間違っているか、あるいは複数の原因がある可能性があるのじゃ。

 そのような時にはさらに原因を探し、一つ一つの原因に対して、順逆に観察して行くのじゃ。
 そうすれば苦は必ず滅していくじゃろう。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

苦滅の道実修 | 21:42:41 | Trackback(0) | Comments(22)
次のページ