■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
悟後の修行
わしは悟りを得てから、自分に何が起きたのかを、知ろうとした。
 それはどのような現象なのか、それはどのように言葉にすべきか、知ろうとしたのじゃ。
 さまざまな経も読んだ。坐りもした。

 難しいのは、それを西洋風の理論的な知識として、表さなければならないことじゃ。
 今はみんな西洋的な勉強をしておる故に、理論的な知識として、教えなければ理解出来ないからじゃ。
 昔の禅寺のように、ただわしを信じて坐れ、動けばひっぱたく、頭を捨てろと言うだけでは、誰も悟りを得ようとは思わないじゃろう。
 今の時代には、時代に合わせた教えが必要なのじゃ。
 お釈迦様も古いヴェーダの教えから離れ、時代に合わせて真我を捨て、空を教えられたのじゃ。

 自分の心を探り、さまざまな文献を読むうちに、わしには一つの確信が生まれた。
 悟りは認識と記憶の依存関係について、述べれば説明が出来ると判った。

 その後に、唯識論を知った。
 唯識論は間違いは在るものの、初めて西洋的な理論によって悟りを表したものと言える。
 細かい間違いは在るが、大筋は正しい。
 理論敵には唯識論を、少し直せば使えると判った。

 更に実践を追及する為に、数息観をしながら、観察に入った。
 瞑想を止めた状態から、数息観を行い、初心の段階から、不動心を得て、悟りに至るまでの各段階を観察し、さまざまな試しを加えた。
 足の組み方や手の位置などの姿勢の研究から、集中の仕方、呼吸の仕方などを、少し変えたり、間違っていると判れば、元に戻したりと、さまざまに研究したのじゃ。
 そのような研究を20年重ねて、ようやく理論的にも、実践的にも、正しい指導が出来ると判り、人々に教える事にしたのじゃ。

 今の時代には、インターネットというものがあり、遠くの他人にも教えを伝える事が出来る。
 わしは既に名声への要求が無く、金や権力なども求めない故に、無名のまま、ただ正しい教えだけを伝えようと考えた。
 それには、インターネットといものは、ふさわしい仕組みじゃと思った。
 
 そして、このように時代に合わせて、ブログなども書いているのじゃ。


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

わしの履歴 | 21:45:50 | Trackback(0) | Comments(11)
鬼和尚が出来るまで。
 昭和の中頃、東京に生まれるが如く生まれる。
 子供の頃、九死に一生を得て、死について考えるようになる。
 10代の頃から仏教の経典を読み、独学で修行する。
 20代の頃、悟りを得る。
 人々に教える為に、勉強と修行を続ける。

 2007年の春頃から2ちゃんねるで教える。
 最近、ブログで教え始める。


テーマ:はじめまして - ジャンル:その他

わしの履歴 | 12:01:07 | Trackback(0) | Comments(11)

FC2Ad