■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
観察例
 わしの体は今、意志と習慣の力により、擬似的自我と同一性を維持している。
 そのようにする事で、普通の人と同じ言葉と、感覚などを共有する事が出来る。

 今回はその体の一部である右手を、わしは観察してみた。
 右手を観察するのに、手という言葉や、指という言葉を忘れ、子供のように純粋な眼によって、このように観察した。

 それは平たい四角形をしたものであり、五本の突起がついている。
 表面には何本かのしわがある。
 突起のうちの一本は短く、四本は長い。
 突起には間隔をもったしわがあり、そこから曲げる事が出来る。
 突起の先端は固く薄いもので、半分だけ覆われている。
 その反対側には縞模様がある。

 このように観察していくうちに、わしは右手が、自我から離れていく感覚を生じた。
 右手は依然としてそこにあるが、その感覚や動きは、自我から離れた遠いものになり、他のものに感じられる厭離が起こった。
 試しに右手を強く握ると、痛みの感覚があると分かる。
 しかし、それは鈍く、どこか遠くで感じられるようであり、何の思いも起こしはしない。

 右手と比べてみる為に、同じように左手を強く握った。
 鋭い痛みがあり、痛みから不快があり、苦という感情が生じた。
 苦は不安をもたらした。
 このまま続ければ、自分が傷つき、さらに苦しむのではないかという不安があり、直ぐに手を緩めた。
 左手には自我との同一性があり、その習慣に結びついた反射作用が残っている故に、このような反応が起こった。

 再び右手を握り締めた。
 痛みは生じるが、それはやはり切り離されたように、遠く、鈍いものであり、何の感情も引き起こす事が無かった。
 右手は厭離されていた。
 右手は観察により、完全に厭離されている故に、何の反応も起きなかった。

 痛みとはもとより肉体の危険を知らせる、信号の一つに過ぎない。
 痛みは自然な反応であり、それ自身が苦なのではない。
 痛みに対して不快や不安があり、それを除こうとして葛藤を生じる事が苦なのである。
 観察による厭離によって、苦はこのように消えると知るのじゃ。
 
 これが観察による厭離の実験である。
 これは観察の一例に過ぎない。このように観察しなければならない、というのではなく、このように観察すべきであるというものでもない。
 人には生まれ育った環境による違いがあり、その違いに応じて、観察の仕方や言葉による表現の違いがある故に、観察の仕方や言葉による表現は、自ら行い、心に適うものにすべきなのじゃ。
 各人、観察に励み、苦を離れるが良かろう。 


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りを得るための修行法Ⅱ | 12:08:13 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad