■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
生の滅とは何か。
 十二因縁の最後では生の滅が老死の苦が滅するとあり、永らくこれは死ねば苦がなくなるというような、間違った解釈がされてきたものじゃ。
 その為にお釈迦様の教えは、悲観的なものじゃと誤解までされてきた。

 生の滅とは死ぬ事ではない。
 これは間違って認識された生、生あるものという概念が滅するという事なのじゃ。
 生あるものという概念がある限り、老病死の苦はあり、それが無くなれば苦はなくなる。
 これこそが生が滅すれば苦が滅するという教えの真の意味なのじゃ。
 
 人が無明や他の因縁により、生ある者という概念を持った時、生の衰える病や老いなどの苦を抱え、生の絶たれる死という苦が生じる。
 誤った認識により、生あるものと、生の無いものという分別が起こり、それによって多くの苦が生じるのじゃ。
 生あるものであるという概念が、他から離れたものである個我という概念を生み、他から離れた不安と恐怖の苦の海を転変としていく。
 それが輪廻というものじゃ。
 本来は他との隔たりは無く、一つのものであっても生あるものという分別が苦を生じる因となるのじゃ。

 例えば一つの部屋にいろいろな地域から来た人が、何人も入っているとしよう。
 何もしなければそのままじゃが、互いに皮膚の色や髪の色などで分別し、仲間を組んだりすると、喧嘩が始まったりする。
 分別によって他から切り離されたと思う者が、他を恐れ、不安に思うからなのじゃ。

 この因と縁を観察し、生あるものという概念を離れれば、もはや生の衰えである老病などの苦は無くなり、生の絶たれる死という苦もなくなる。
 生あるものという概念によって生じた間違った認識が無くなれば、それをもとにした苦も無くなるのじゃ。
  
 生あるものと生の無いものという分別が無くなれば、全ては始めから一つであったと認識される。
 生あるものも無いものも、ただ一つの意識の表れに過ぎないのじゃ。
 この大地も空も空間も全てが、本来同じ一つの意識を持っているだけなのじゃ。
 それは変転しながら変わる事が無い。
 言葉を越えた永遠の安らぎがある。
 観察によって生あるものという概念を厭離すれば、始めからそこに居た事を認識するじゃろう。 


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りの真実 | 11:22:42 | Trackback(0) | Comments(11)

FC2Ad