■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
言葉の無い観察
 長い間修行して集中力と観察力がついたなら、観察も言葉の無い領域に入っていくのじゃ。
 言葉を使う観察はもともと未だ観察力の無い最初の頃に、観察力を養うためのものじゃ。
 修行して観察力がついたなら、心の動きを見守りながら、それらに一つ一つ言葉を与えない観察をするのじゃ。

 人の頭の中には言葉を操る言語中枢というものがある。
 そこで言葉を記憶から取り出し、知覚したものに投射しておる。
 その働きは本来在るものではなく、又知覚よりは遅いものじゃ。
 知覚したものを言語にする事に拘れば、観察は妨げられる。
 そして人によっては、言語による知識への自我の投射も続くものじゃ。

 そのような妨げを無くすには、言語を超えた観察によらねばならない。
 言葉以前の心の動き、本初に近い近くの働きを、言葉を使わずに観察するのじゃ。

 それにはかなりの集中力と観察力が必要になる。
 十分に集中力と観察力が身についたと感じた時にやるべきものじゃ。
 時には自分が何をやっているのか、判らなくなる事もあるじゃろう。
 そのような時には言葉による観察に戻って、やり直すのも良い。

 もとより心の動きは言葉にはならないものじゃ。
 言葉にならない心の動きに、記憶の中から言葉をつけたしておる。
 自分はこのように感じたとか、このように思ったなどの言葉は後からつけたしたものじゃ。

 今、ここに生じては消える心の働きを観察するには、言葉を使っていては不可能なのじゃ。
 後になって説明する事は出来る。
 しかし、観察中に言葉を使えば、記憶への依存を引き起こすのじゃ。
 記憶に依存しない、今、ここにあるものを観察するには、言葉から自由になった観察力が必要なのじゃ。

 心はいつでも動いておる。
 坐って観察してみれば、ほんの僅かな時間でも忙しく働いている心が判るじゃろう。
 いろいろなものを思い出したり、考えたり、物音を知覚したり、止む事無く働いておる。
 それらの動きがある度に、言葉にしたくなるじゃろう。
 言語中枢が働かせたくなる。
 それを抑えてそのままに見守るのじゃ。
 心の中に動いていく物事をあれこれと言葉にする事無く、流れるままに見守る。
 あれでもなく、これでもないものが働く様を見守り続ける。
 その過程で心の働きの中で己であると投射していたものが、剥がれ落ちていく。
 
 つい言葉が動いてそれらに名づけてしまうこともあるかも知れん。
 そのような事があっても動揺せず、言葉と共に動くものを抑え、見守り続けるのじゃ。
 
 十分な集中力と観察力が無ければ難しいかも知れん。
 集中力が無ければ心のコントロールは難しく、観察力が無ければ進歩が無い。
 基本的な止観の修行が十分になされたと感じた時にのみ、試してみるのじゃ。

 古の目覚めた者達はいずれも、このような言語に出来ない心を観て悟りを得た。 
 言葉に出来ない動きを見た故に、それを言葉でうまく説明は出来なかった。
 ここまで来ればもはや悟りは近いと言えるのじゃ。
 後必要なのは真の悟りを得たいと言う純粋な熱意と、己ではなく己のものでもない自我を捨てる勇気だけなのじゃ。
 それを持つ者が最後の関門を越える事が出来るのじゃ。


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りを得るための修行法 | 14:00:13 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad