■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
励むのじゃ。
 修行者達よ、かつてお釈迦様は血筋によって僧となるのではなく、修行するものが真の僧であると言ったものじゃ。
 どのような血筋や家に生まれようとも、それで修行僧となれるものではない。
 自ら修行する者だけが修行僧なのじゃ。

 自らを偽らず、真摯に真の悟りを求める者達の利益は大きいものじゃ。
 修行する事によって真の喜びに達し、心の安らぎを得られる。
 そして、悟りを得て死をも克服できるのじゃ。

 それらは修行者たちによって知られた道であり、修行し続ける者達に約束されたものなのじゃ。
 いつそれが得られるだろうとか、もしかすると自分には得られないのかもしれないと、不安に思う必要はない。

 例えば遮るもののない平原で、空に向けて石を投げれば、直ぐに地面に向かって落ちてくるじゃろう。
 そのように修行者が真摯に悟りを求めて修行し続けるならば、石が地面に落ちてくるように、必ず効果があるものじゃ。

 世にあるもの、そして目には見えない空間も、全てが変わりない本質を持つ平等にして一つのものである故に、どこに向かい、何を求めようと最後まであきらめずに修行し続ければ、自ずとその意識に行き着くのじゃ。

 それには多くの道をただ知るだけでは行き着けない。
 むしろ自分に向いた一つの道を、どこまでも極めるのが大事なのじゃ。

 かつてお釈迦様は三日修行すればそれだけでも利益はあると言われた。
 十日行えば十日分の、さらに続ければさらに多くの結果が出るのが真の修行というものなのじゃ。
 自ら行えば真にそのとおりと判るじゃろう。

 たった三日の修行でも以前とは集中力が付き、観察も容易になる。
 さらに続ければもっと多くの効果が現れる。
 集中力によって出来る事は増え、観察によって知恵が高まる。

 続ければ心は不動になり、何ものにも動じなくなる。
 苦を滅する法を身に付ければ、苦を滅して楽になる。
 
 苦を滅し、心が不動になれば世において恐れるものはなくなる。
 そして真の悟りを得ればもはや為すべき事も無く、全ては楽しみになる。

 世にある事も楽しみであり、世を去る事さえも楽しみになる。
 修行によって尽きることのない、永遠の楽しみを味わう事が出来るのじゃ。


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

元気が出る説法 | 14:33:58 | Trackback(0) | Comments(11)

FC2Ad