■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
己の本心を観るのじゃ。
 多くの人が観念に囚われるのは、観念を持つと共にそれを正しいものとしているからじゃ。
 しかし、観念を正しいと思うのも実際は自己正当化によるものが多いのじゃ。

 一度、観念を受け入れ、それが正しいと思ってしまうと、なかなかそこからは抜けられないものじゃ。
 現実とはかけ離れたことでさえ、観念として囚われてしまえば、それがその者にとっては現実よりも優先するようになる。

 例えば些細なことでも己を責め、自分で自分を苦しめたり、知識を蓄え、それだけが正しいと思い、現実を見れなくなったりする。
 観念に囚われ、観念に従っていれば、そこから逃れるのは難しいものじゃ。

 観念に囚われた者は観念が己であると投射し、観念を持つ己というものを守るために、観念を守ろうとする。
 それが自分を苦しめているものであるとさえ、判らずに観念を守るのじゃ。
  
 観念に囚われた者は、観念を守るために人の言葉を聞かず、観念を守るために知識を集め、修行さえもする。
 しかし、観念を守るための知識や修行は何の役にも立たないものじゃ。
 それはかえって苦滅の道、悟りへの道から遠ざかるばかりなのじゃ。


 そのような観念を滅するには、己の本心を観なければならない。
 嘘偽りに固められたものではない、己の本当の思いを、集中力と観察力で観るしかない。
 
 ただ独りで座り、他人からの何の介入も無い時、人は己の本心を自ら吐露する。
 他人が居ればやはり観念を用い、それをまた守りたくなる。
 ただ独りで居れば、誰かに何かを開陳することも無い。
 観念を述べたり、守ったりする必要も無い。
 そこで初めて己の本心が現れるのじゃ。
 
 修行によって得た全ての集中力と観察力は、本心に向けられるためにのみある。
 それが本心に向けられず、ただ観念を守るために向けられれば、どんな修行も実ることは無い。
 集中力と観察力は本心に向けられるために、養われてきたのじゃ。

 己の心を嘘偽りで固めてきた者には、むしろこの本心を知るが難しいものじゃ。
 誰かに見せるためでもない。
 誰かを守るためでもない。
 誰かを見返すためでもない。
 ただありのままの己の本当の心。

 そこに帰ることが安らぎであり、苦を滅する道であり、悟りへの道なのじゃ。
 

 


スポンサーサイト
悟りを得るための修行法 | 20:30:02 | Trackback(0) | Comments(14)

FC2Ad