■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
恐怖や不安、苦しみなどは心から生じるのじゃ。
恐怖や不安、苦しみなどは心から生じ、心に返るものじゃ。
心に生じるものである故に、心を修めれば滅することも出来るのじゃ。

災害があれば人は死を恐れ、不安になるものじゃ。
しかし、本当は日常でも死はいつでも直ぐ其処にあるものじゃ。
事故や病気、事件など死の条件はどこにでもあり、消えるわけではない。
それが災害の時だけ、強く意識されるのは、正に心に生じるものだからなのじゃ。
普段は何とか誤魔化している死というものも、このような災害で見せ付けられると、誤魔化せなくなってくる。
それ故に恐れや不安が生じるのじゃ。

例えば腹が痛いという者が居るとしよう。
腹が痛いのに、それを誤魔化そうとしていろいろと遊んだり、映画とか見たりしている。
そのような誤魔化しで一時的に、腹の痛みは紛れるかもしれんが、それが終わればまた腹の痛みが戻り、誤魔化せなくなる。
そのような腹の痛みを治すには、腹に病があると知り、それを治さなければならん。
腹に病が在ると知り、それを治して人は健全になり、誤魔化しも必要ではなくなる。

同じように人は心に恐怖や不安を抱え、それを誤魔化すために金や名声や権力を飽きずに求めるものじゃ。
不安や恐怖を誤魔化すためのものであるから、どこまでも求めつづけて止めることが無い。
不安や恐怖がそれらによって誤魔化せると思っておる。
しかし、実際には何の役にも立たず、このような災害でまた生じてきたりする。

そのような恐怖や不安も、腹が痛い者が腹を治して健康になるように、心から生じるものは心を修める事によって癒されるのじゃ。
そうすれば金や名声や権力などの誤魔化しも必要ではなくなる。

そのような不安や恐怖が、心から生じてくるのを観るのじゃ。
肉体を己であると思い、己のものであり、それをいつまでもそのまま維持したいと思っていると、それが壊れるのが恐ろしくなる。
家でも車でも、それが己のものであり、いつまでもそのまま維持したいと思っていると、それが壊れるのを恐れ、不安になる。
不安や恐れはそのようになにものかに囚われ、その意に反して破壊されると予測によって生じるものじゃ。

知識によって知るのではなく、記憶によって覚えるのではなく、それを自らの心の中に観察した時、不安や恐怖は滅する。
不安や恐怖が生じる度に、繰り返し観察すれば、それは繰り返し滅する。
そしてやがては生じることが無くなる。
それが無畏というものじゃ。

このような機会にこそ、自ら心を修め、不安や恐怖や苦を滅する修行に励むのじゃ。
そうすれば地面がどれほど揺れようと、死が近くに来ようと、なにものも畏れるものは無くなる。
修行者は全ての畏れを滅し、獅子の如く修行に励むのじゃ。






スポンサーサイト
元気が出る説法 | 20:04:24 | Trackback(0) | Comments(14)

FC2Ad