■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
さらに本心を観るのじゃ。
  誰でも社会的に生きるために己の心を偽っているものじゃ。
 そのうちに何が自分の本当の気持ちなのかわからなくなってしまうのじゃ。
 死ぬ時になって、自らを偽って居た事で、自らに騙されていた事を知るのじゃ。
 自分を偽っていれば、騙されて苦しむのは自分自身なのじゃ。

 もし人が自分の心を偽ったまま暮らせば、苦は尽きる事無く、修行さえ迷い道となるものじゃ。
 例えば自分が臆病である事を偽り、強がって生きている者がいたら、自分を納得させるために、あらゆる危険な事に挑戦し続けたりするものじゃ。

 誰彼構わずけんかをふっかけたり、命を落としたり、怪我をしたりするような危険な遊戯を繰り返したりそんな事ばかりする。
 大怪我をして身動きが出来なくなったり、死に際になって初めて自分の心を見つめ、それらの行動がただ自分が臆病である事を認めたくなかっただけと判り、後悔したりする。

 心の中のほんの小さな事実を認めていれば、他人とも仲良く、安心して暮らすことが出来た筈が、本心を隠していた故に苦を生じ、このように人生さえも壊れてしまう。

 心は人の主である故に、心を偽れば全てがおかしくなってしまうのじゃ。
 己の心を偽り、何故自分は自分を苦しめてばかりいるのか、わからない人間は、自らの本心を知らなければ決して苦が滅する事は無い。
 どれほど辛くとも己の本心を見つける以外に無いのじゃ。

 先ずはこれからは自らの心を偽る事無く、どれほど弱く、醜く、酷いものであろうと自分の心を正直に観る事を決意しなければならない。
 時には自分の心が反社会的な事を思っていると知り、驚く事もあるじゃろう。
 それでも自らの本当の心を観ると、意志を決めるのじゃ。

 そして自分が何を避けているのか、何から逃げようとしているのか。
 一番苦しく、悲しいことは何か、それから逃げたり避けたりするために何をしているのか。
 自らに聞くのじゃ。

 自らの本心を知ること、自らの本心を尋ねること、それが苦を滅する道、修行の一歩目なのじゃ。
 最初にそれが判らなければ、修行の道もまた迷いの道になる。
 例えば一度、迷い道に入ってしまったものが、どれほど歩いても、目的地には近づけず、かえって歩くほど遠ざかっていくようなものじゃ。
 自分が迷っているという事を認めることで、初めて正しい道を探す事も出来るのじゃ。

 修行の道も自らを偽り、己の心から逃げるために行うのであれば、どれほど深い瞑想に入ろうとも、悟りからは遠ざかる。
 知識も集中力も、自らを偽るために使うのならば、ますます迷いは増し、傲慢を深めるばかりなのじゃ。
 
 修行とは己の本心と向き合うこと。
 己の本心を観ようとしないのならば、もはや修行とはいえないのじゃ。

 かつて自分の心を偽り、本心から眼を背けていた者も、一度己の心を偽らず、本心を見つめようとしたならば、苦は滅し、そこにこそ全ての法の真髄が在ると知り、真の悟りが訪れるじゃろう。


スポンサーサイト
悟りを得るための修行法 | 11:33:59 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad