■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
多くの苦しみも消せるのじゃ。
 今年は大きな災害もあり、あらためて生きている事が大きな恵みであると、気づかされる年であったのう。
 多くの人が悲しみを味わった。

 しかし、悲しみは苦ではないのじゃ。
 親しいものが死んで、悲しむのは当然の事じゃ。
 それは本来の心の働きなのじゃ。

 悲しみが心を離れず、何度も死んだ者を思い出したり、過去にはこのように生きていたとか、もしかしたら何かの間違いで生きているかもなどと、思うのが苦になるのじゃ。
 今、ここにあるものより過去や願望を見る時、執着により苦が生じるのじゃ。

 心は全ての世界を形作っている故に、心に悲しみが在れば世界は悲しみが一杯にあるように見えるじゃろう。

 心に恐怖があれば、世界もまた恐ろしいものに見える。
 心に憎しみがあれば、世界は憎しみで満ちているように見える。

 心に孤独があれば、世界は全て寂しいものに見える。
 心に苦があれば世界は一切が苦になるのじゃ。

 それ故に安楽を求める者は先ず、己の心を整えなければならんのじゃ。
 心が整えられ安楽になれば、世界もまた安楽になるのじゃ。
 世間の多くの者は、この順序を間違えているから、絶望に陥るのじゃ。

 多くの者は心に孤独や悲しみや恐怖を抱えながら、先ず金や名声や権力などを求め、それが得られれば、孤独や悲しみや恐れが消えると思っておる。
 しかし、心にある孤独や悲しみや恐れは、どれほど金や名声や権力があっても、消える事は無いのじゃ。

 腹が痛い時は腹を治さなければならないように、心に苦があれば心にある苦を滅しなければならないのじゃ。
 どんなに多くの苦に苛まれていても、人が執着を減らし、苦を一つずつ滅していくならば、やがて苦は無くなるものじゃ。

 例えば大きな池に沢山の水がたまっていても、上から水が流れてこないようにして、下から水を抜いていけば、やがて空になるのじゃ。
 そのように人も執着によって苦を作り出すのを止め、一つ一つ苦を滅していけば、やがて苦は無くなり、安楽の境地に至るじゃろう。

 そのように修行者は執着を去り、苦を滅し、世において自ら安楽の境地に行くが良いのじゃ。
  



スポンサーサイト
元気が出る説法 | 20:58:21 | Trackback(0) | Comments(14)

FC2Ad