■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
肉体の秘密
  更に姿勢について研究するのじゃ。
 古来から下腹部の丹田については、多くの研究が成されてきた。
 とにかく力をいれるとか、集中すれば良いとか、いろいろと言われてきたものじゃ。

 しかし、無理に力を入れるだけでは、疲れるだけなのじゃ。
 丹田に入れる力は軽く、腰の力と釣り合うだけでいいのじゃ。
 正しい姿勢でそうすれば、気が上昇し、自然にサマーディに至るのじゃ。

 骨盤を真っ直ぐにした状態で座り、腰にかかる力と釣り合うだけの力を下腹部に入れるのじゃ。
 腰の力が強ければ強く、弱ければ弱い力を入れる。
 力が釣り合えば、自然に快が生じる。

 正しい姿勢である事を体が教えてくれるのじゃ。

 それが完全に出来れば気が上昇し、思考は自然に停止する。
 雑念を処理しようとしなくとも、もはや浮かばないのじゃ。
 
 同じように長年座っていても、ある者はサマーディに至り、別の者はなかなか入れないのは、この姿勢のこつを把握できない事が原因のものも多いのじゃ。
 
 先ずは正しい姿勢を作り、少しずつ丹田に力を入れて行くと良い。
 座っただけでも倒れないように、腰に力が入っておる。
 後は下腹の力を丁度上手く釣り合わせるだけなのじゃ。

 少しずつ丹田に力を入れて、体の反応を見ながら調節するのじゃ。
 力を入れ過ぎたと感じれば力を抜き、力が足りないと感じるならば、更に力を入れるのじゃ。
 
 寝ている者は自然に腰に力が入らない故に、意識して腰に力を入れ、腹の力と釣り合わせるのじゃ。
 座ったままより少し難しいかもしれんが、修行すれば出来るようになるじゃろう。

 ある程度瞑想を行い、何の変化もないという者は、このように姿勢を研究して見ると良いじゃろう。
 瞑想とは体の力によって精神を統御するものじゃ。
 体の秘密を知って、更に精進するのじゃ。



スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

悟りの真実 | 19:22:33 | Trackback(0) | Comments(18)

FC2Ad