■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
悟りと記憶と苦の関係
  悟りと記憶と苦の関係

 悟りとは記憶に依存した認識が滅し、本来の認識に回帰する事と言えるものじゃ。
 認識が記憶に依存していると、苦が生じ、観念による妄想によって実際の状況が見えず、智恵も完全ではないのじゃ。
 記憶に依存した認識が滅すれば、本来の認識が起こり、苦が全て無くなり、観念による妄想を離れて実際の世界が見えるのじゃ。

 認識能力が記憶に依存していると、苦は次々に生じてしまうものじゃ。
 大きな事故に合ったりすれば、人はそれを何かきっかけで何度も思い出し、悩み苦しむものじゃ。
 それが心の傷による苦なのじゃ。
 
 愛しい者と分かれる苦も、その者を記憶し、執着しつづける事が苦になるのじゃ。
 難い者と会わなければ成らない苦も、その憎しみを記憶し、持ちつづける事が苦になる。
 欲する物が得られない苦、貧困の苦、老病死の苦なども自らの肉体や物を記憶し、執着し続ける事で苦になるものじゃ。

 そのような苦は認識能力が記憶に依存している故に、記憶によって何度も思い起こされ、自らの意志では止める事が出来ないのじゃ。
 ただお釈迦様の教えられた通り、観察する事で滅する事が出来る。

 観察は苦と己との同一化を引き離し、それが己ではなく、己のものでもない事を気づかせる。
 そして苦は厭離されるのじゃ。

 しかし、全ての苦を滅し、全ての煩悩を無くした事が悟りなのではないのじゃ。
 記憶に依存した認識がある限り、全ての苦を滅したとしても、苦は又作られ続ける。
 自我を滅し、記憶に依存した認識をも滅した時、一切の苦から永遠に解放されるのじゃ。

 苦を滅する法は囚われを離れ、集中力と実行力を養うためにあるものじゃ。
 多くの苦を抱えていれば、修行する事さえ出来ないものじゃ。
 苦を滅し、安楽な境地に入る事で囚われも無くなり、落ち着いて修行できるのじゃ。

 そして原因から生じる縁起の仕組みを知る事で、己と言う観念もまた原因から生じ、原因が無ければ起こらない事を気づくためにも行うべきものなのじゃ。
 その法によって苦を滅したとしても、修行者はさらに精進し、一切の苦を永遠に滅する悟りへと至るのじゃ。
 
 


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りの真実 | 12:22:31 | Trackback(0) | Comments(15)

FC2Ad