■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
般若心経の現代語訳
 般若心経は他の経と違い、最初に私はこのように聞いたと言う文句が無いのじゃ。
 それは元からお釈迦様の教えではないと言う事を宣言しているのじゃ。
 金剛経とは違う空の法が書かれた経なのじゃ。 

 本来自己を観察するための心身の各要素を、無であり、空であるとみなす事によって執着を消し、自分という観念をも滅する事が出来るのじゃ。
 人によっては観察よりも、この空を観想する智慧の完成の行が、役に立つ事もあるじゃろう。
 
 
        般若心経

 観自在菩薩が智慧の完成と言われる行をして、心身の全てを空と観想して、一切の苦厄を脱した。
 舎利子よ、肉体は空と異ならず、空は肉体と異ならない、肉体は即ち空であり、空は即ち肉体である。
 感覚も空であり、空は感覚と異ならない。感覚は即ち空であり、空は即ち感覚である。
 想いも空であり、空は思いと異ならない。思いは即ち空であり、空は即ち思う事である。
 分別も空であり、空は分別と異ならない。分別は即ち空であり、空は即ち分別する事である。
 認識も空であり、空は認識と異ならない。認識は即ち空であり、空は即ち認識する事である。

 舎利子よ、全ての事物を空と観想して、生まれる事は無く、滅する事は無く、汚れる事は無く、清くなる事は無く、増える事は無く、減る事も無いと見よ。
 空と観れば肉体は無であり、感覚も無であり、想いも無であり、分別も無であり、認識も無である。
 眼耳鼻舌身意も無であり、色声香味触法も無であり、眼によって成される界域から意識によって成される界域も無である。
 
 修行のための法である無明や無明が尽きるという事も無く、老死も無く、老死が尽きる事も無い。
 四諦の苦集滅道も無く、智慧も無く、何かの境地を得る事も無い。
 得るという事も無いのであるから、菩薩達は智慧の完成によって心の妨げを無として、恐怖も無とする事が出来る。
 全ての顛倒や幻想を厭離する事が出来て、涅槃を極めるのである。

 智慧の完成によって無上にして正しい悟りを得るのである。
 故に智慧の完成が一切の苦を除く、真実にして虚しくない偉大な呪文と知るのじゃ。
 
 故に智慧の完成の呪文も記すのである。
 羯帝羯帝波羅羯帝波羅僧羯帝菩提僧莎訶


 以上のように心身の各要素に、空であるとか無であると観想するのじゃ。
 この空の法が難しいのは、人の特性として空とはどのようなものであるかとか、このようなものではないかと、観念として言葉やイメージで捉えようとするからなのじゃ。
 そのように言葉やイメージによって捉えられず、認識できない状態こそが空なのじゃ。

 もし誰かが空とはこのようなものであると知ったというならば、それは空ではないのじゃ。
 知る事の無いものが空なのじゃ。
 知る事が無く、認識する事も無い、分別の停止した状態を頭の中に実現し、それを心身の各要素に当てはめるのが、智慧の完成と呼ばれる法の正しい使い方と言えるのじゃ。

 何度も何度も繰り返し唱えたり、観想したりすることで空の法は効果を表わすじゃろう。
 心身の認識が無くなり、自然に無我に入るのじゃ。
 更にそれを認識するものさえ空であると想えば悟りも訪れるのじゃ。


スポンサーサイト

テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りを得るための修行法Ⅴ空の法 | 21:31:55 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad