■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
賢者となるのじゃ。
 お釈迦様はこのように言っておる。

 63、もしも愚者がみずから愚であると考えれば、すなわち賢者である。
 愚者でありながら、しかもみずから賢者だと思う者こそ、「愚者」だと言われる。

 賢者とは自らを愚と知る者であるという。
 なぜならば人がこの世で最もよく知らなければならない事は、自分自身についてなのであるからなのじゃ。

 例えどれほど多くの知識を持っていたとしても、自分自身について正確な事を知らなければ、賢いとはいえないのじゃ。
 自らが愚であると知れば、それが即ち自らについて知り、賢者ともなるのじゃ。

 自らの愚から眼をそむけ、自分が賢いという偽りの言葉とイメージによる観念をもって自分を騙しているならば、どれほど多くの知識が在っても賢者ではないのじゃ。
 自分を偽ってる限り進歩は無く、何処にもいけないのじゃ。

 例えば旅行に出ようとする者が、資金も目的も持たないようなものじゃ。
 そのような者は結局何処にもいけないのじゃ。

 同様に自分を偽っている者は、自らの今の状況を判っていないために、進歩できないのじゃ。
 自分の今の状況を知り、どのようになりたいのかはっきり知ってこそ進歩はあるのじゃ。

 今の自分が愚かな者ならば、愚かであると認め、受け入れて自覚する事で、もはや自分について知る賢者となり、進歩もすることが出来るのじゃ。
 今の自分が弱い者ならば、弱い者と認め、受け入れて自覚する事で強き者ともなるのじゃ。

 今の自分が嘘をつく者であるならば、嘘をつく者であると認め、受け入れて自覚する事で正直な者にもなれるのじゃ。
 今の自分が悪事をする悪人ならば、悪事をする悪人と認め、受け入れて自覚する事で善事をする前人にもなれるのじゃ。

 最初に今の自分の状況を受け入れて自覚する事が大事なのじゃ。
 それは苦を滅する道にも通じるのじゃ。

 今まで劣等感や他人との比較などの観念が原因で、自分を過大に偽っていた者には苦しい事かも知れん。
 しかし、勇気を持ってひとたび自分を受け入れれば、大きな喜びが待っているのじゃ。

 多年にわたり原因がわからず苦しんでいた事も、それで無くなるかもしれん。
 自分を率直に認める効果は、それほどに大きいものじゃ。

 そうであるからお釈迦様も自らの愚を認める者は賢者であると言うのじゃ。
 修行に励む者は、自らを認めて賢者となるのじゃ。


スポンサーサイト
ダンマパダ(法句経)解説 | 19:31:57 | Trackback(0) | Comments(20)

FC2Ad