■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
頭の熱を処理する方法
  長らく座禅や瞑想をしていると、不眠になったりする者も居るじゃろう。
 古くは白陰のように禅病になる者もいたのじゃ。

 それは下丹田の気が頭に上るのが原因なのじゃ。
 特に毎日、熱心にやっている者ほど起こりやすいのじゃ。

 インドではクンダリニーの上昇とか言ったりするのじゃ。
 正しい姿勢で座り続けていれば自然に起こるものなのじゃ。

 それによって頭に気が集中すると、眠れなくなったり、熱が出てのぼせたようになったりするのじゃ。
 それを治すにもいろいろな方法があるのじゃ。

 頭の中心に集中する。

 ヨーガなどでは頭の中心に光を観想する方法があるのじゃ。
 耳の上の線と体の中心線が交わる辺りにある点に集中するのじゃ。

 白い月の光のように冷たくて明るい光を頭の中心にイメージすれば、頭の中で気が詰めたいものに変換され、熱が取れるというのじゃ。
 快が生じてサマーディにも繋がるのじゃ。
 
 その光は月の千倍もあり、冷たさは氷の千倍も在ると大げさにイメージするのがこつなのじゃ。
 

 頭の天辺に集中する。

 頭の天辺にも月があり、冷たく白い光で輝いているとイメージするのじゃ。
 下から登ってくる気が月で冷やされ、冷たい雫となって体の下に落ちていくとイメージし続けるのじゃ。

 眉間に集中する。

 眉間にも月があり、涼しい光を放っているとイメージするのじゃ。
  
 胸に集中する。

 ただ胸に集中するのもよいのじゃ。
 胸に月があるとイメージする法もあるのじゃ。

 滝を浴びていると観想する。

 頭の上から清潔で冷たい水が流れ落ちてきて、体の中まで通っていくとイメージするのじゃ。
 頭の天辺から水が入ってきて、体の中を下に流れていって汚れを下に洗い流し行くように思うのじゃ。
 最後には足から流れ出して行って、全身が清潔で涼しくなったと思うのじゃ。

 薬が体の中を流れていくと観想する。

 白陰が行ったという軟酥の法というのがあるのじゃ。
 軟酥とは牛乳を煮込んで作るというからクリームのようなものじゃな。
 昔は薬としても使われていたというのじゃ。

 その薬剤が頭の上から体の中を流れて行って、足にまで流れて外に出て行くとイメージするのじゃ。
 この時も体の熱や汚れを流していくと思うのじゃ。

 このように頭に溜まった熱を処理するにも、いろいろな方法があるものじゃ。
 修行者は自ら試して自分に合った方法を探すと良いのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
  


スポンサーサイト
悟りを得るための修行法 | 11:02:45 | Trackback(0) | Comments(17)

FC2Ad