■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
苦を認めるのじゃ
 お釈迦様はこの世を一切苦と説いたのじゃ。
 その通りこの世に生きる者は多くの苦を抱えておる。
 しかし大抵の者はその苦に対して一つの対処しかしておらん。

 それは苦から眼を背けて逃避したり、無い振りをする事なのじゃ。
 そのような対処は苦を増大するばかりで、少しも和らげる役には立たないものじゃ。
 苦から逃避すれば他に執着するものが生まれ、その為に余計に苦を受けるはめに陥るのじゃ。

 例えば苦から逃避するためにギャンブルや薬に嵌れば、ますます苦しくなるようなものじゃ。
 そのように極端な例ではなくとも、多くの者が苦からの逃避により、新たな執着を生み出し、苦を増やしているのじゃ。
 自分に今苦があることを認め、受け入れなければ苦は増大し続けるばかりなのじゃ。

 そのようにして苦を認めないと、何が苦しいのかすらも判らなくなるのじゃ。
 何も判らないのに何故か生きるのが辛いとか、何やら不安があるとかで自ら生きる事を断念する者まで居るじゃろう。
 自らの苦から逃避し続ければそのように、迷いも起こるのじゃ。

 それも苦から連鎖する縁起がある故なのじゃ。
 苦があれば人はそれを自分であり、自分のものと思う。
 そしてこれからもその苦と共に生き続けると、認識してしまうのじゃ。

 そうであるからこれからも苦があると思い、生き続ける事も辛いと思うのじゃ。
 過去の苦を未来に投射して、これからも苦のある生活を不安に思うのじゃ。

 そのような苦に対する正しい対処は、苦から逃避せずに受け入れ、それを認め観察する事なのじゃ。
 人に苦があるのは当然のことであり、当たり前なのじゃ。
 誰もが苦を持っているのじゃ。
 ただしい対処を知らないから見ないようにして、益々苦を増やしているのじゃ。

 自らの苦を認め、それを観察すれば苦はなくなるのじゃ。
 そして苦から逃避する為に起きた苦もなくなる。
 更に苦をこれからも受け続けるという不安などもなくなるのじゃ。

 そのようにしてただ一つの苦が無くなるだけでも心は安楽になり、住んでいる世界さえも変わって見えるのじゃ。
 知識として知るだけでは苦は消えないのじゃ。
 苦が自分にあると認め、その心を観察することで苦は消えるのじゃ。
 苦を持つ者は自らの苦を認め、観察を実践する事で安楽に生きるのじゃ。


スポンサーサイト
苦滅の道実修 | 12:38:47 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad