■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
慈悲と執着
 仏教に限らず多くの宗教は愛を尊び、愛による行いを推奨するものじゃ。
 お釈迦様は慈悲と言い、他者と自分を同じように扱うことを説いておる。

 しかし、愛によって他者を苦しめ、自分自身も苦しむ事もあるのじゃ。
 それは愛や慈悲と、執着を区別していないからなのじゃ。
 愛や慈悲と執着は似ているが、まったく違うのじゃ。

 愛や慈悲による行いは自他を幸福に導くものじゃ。
 執着による行いは自他を苦しめるものなのじゃ。

 例えば愛するものと別れる愛別離苦という苦があるのじゃ。
 それは執着の故に苦になるのじゃ。

 本当に愛しているだけならば、どんなに離れようと相手が安楽ならば苦にならないものじゃ。
 今ここに無いことを悔やめば執着になり、苦を起こすのじゃ。

 愛や慈悲とは相手をありのままに認め、今ここにある状態に満足する事なのじゃ。
 執着とはありのままの状態を認めず、今ここには無いことを願うことなのじゃ。

 愛するものと別れ、今ここにいればよいとか、過去にはここにいたとか、未来にここにいるようになるとよいとか、思うことが執着なのじゃ。
 今ここにいる愛する者にも、今このようであればよいとか、過去にこのようにすべきであったとか、未来にこのようになればよいとか思うことが執着なのじゃ。
 例えば子供に良い学校に入ればよかったとか、この先よい学校に入るべきであるとか、入られなければならない故に今は全てを犠牲にして学ばなければならんとか思うのが執着なのじゃ。

 そのような執着があれば苦は自他に起こり、争いあう不和となるのも当然なのじゃ。

 相手がどのような状態であろうと認め、慈しむことが真の愛であり慈悲なのじゃ。
 相手の安楽を喜び、苦境にあれば哀れむのが慈悲なのじゃ。
 それでこそともに助け合い、進歩していくことも出来るのじゃ。

 愛や慈悲を実行しているのに、何故自他共に苦しむのかと迷う者は、このように愛や慈悲と執着を間違えていないか、よく観察してみるのじゃ。
 その執着も不安や孤独感から起こるものじゃ。
 自らの本心をよく観察し、愛や慈悲を行っているつもりで、執着していないか気をつけて進んでいくのじゃ。
 


スポンサーサイト
元気が出る説法 | 21:42:19 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad