■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大乗六誤三利
 大乗とはお釈迦様の死後に創られたものであり、お釈迦様の真の教えとは異なり、過誤が多いものじゃ。
 真の悟りを得たお釈迦様の英知に及ばない者達が作り上げた故に、お釈迦様の教えを広めるつもりで逆に間違いを広める羽目に陥っているのじや。
 その間違いの中でも次の六つのものが最も愚かであり、人々が広めたり、従ったりしてはならないものなのじゃ。

 ① 生まれつきの身分による差別。

 これは所謂インドのカースト制度と呼ばれるものじゃ。
 お釈迦様は明確にこれを否定しておる。
 しかし、大乗ではこれを承認しておる。
 このことは明らかな誤りであり、お釈迦様の教えからも、今日の人道上の常識からも外れておる。
 大乗を作った者達が実際にはお釈迦様の教えをよく学ばず、理解せず、間違った教えを信奉していたせいじゃろう。

 元々、お釈迦様の時代の古い教えであるヴェーダでは、倒れた巨人が人の元となり僧侶の階級であるバラモンが頭から生じ、武士であるクシャトリアが手から生じ、商人のバイシャが腹から生じ、労働者階級のスードラが足から生じたとあるのじゃ。

 この暗喩はそれぞれの身分の者が社会で果たす役割を示しておるのじゃ。
 バラモンが精神的な指導をして、武士が敵を防ぎ、商人が社会を豊かにして、労働者が社会を進ませるというような意味なのじゃ。
 社会役割説なのじゃ。
 各々が役割を分担するだけで、それぞれの階級に上下の差は無いのじゃ。
 
 お釈迦様はこれを正確に理解し、役割を果たさなければバラモンもバラモンではなく、それぞれの役割に上下もないと正しく教えたのじゃ。
 しかし、後の愚かなバラモン達が新しいヴェーダを捏造し、身分は生まれつきのものであり、バラモンが一番偉いと我田引水の教えを広めたのじや。
 そのように間違った教えを広め、定着してしまった故にインド人達は今も苦しみ、嘲笑を受け、非難を浴びているのじゃ。

 その過ちを大乗は受け入れ、正しいものとしておる。
 これは明白な誤りとして退け、捨てなければならないものじゃ。
 これこそ大乗の最大の誤りと言えるのじゃ。

 ② 女子が悟れないという誤り。

 大乗では女子は悟れないというのじゃ。
 法華経では竜女が一度男になり、それから悟ったなどという無理な話を捏造しておる。
 女子でも修行すれば悟りを得られることは、尼僧の告白であるテーリーガーターにおいて証言されておる。
 女子も男子と同じく、正しく修行すれば悟りを得られるのじゃ。

 ③ 悟りを得るのに何劫もかかる。

 華厳経などでは人が悟りを目指しても、何度も何度も生まれ変わって修行しなければならんというのじゃ。
 今生きている時間では悟りを得るには足りないと書いておる。
 そのような思想も明白な誤りなのじゃ。
 
 お釈迦様が座って七日で悟ったように、本当にやる気があれば今この世で修行するだけで、十分に悟りは得られるのじゃ。

 ④ 阿羅漢の悟りの後に如来の悟りがある誤り。

 法華経では阿羅漢となり、心の悟りを得ていた聖者も後に生まれ変わって如来になるという、無理な話も展開しておる。
 これも従来の仏説より、自らの教えを高める為の嘘なのじゃ。
 一度、阿羅漢となれば真の悟りを得て、もはや生まれ変わらないのじゃ。

 ⑤ 一切空と教える誤り。

 大乗の般若経典では一切が空であると説いておる。
 これはお釈迦様の否定した外道の教えに近いものじゃ。
 外道はこの世には善悪も無く、善悪の報いも無く、修行もその成果もないと説いたのじゃ。

 お釈迦様はこれを否定して、この世には善悪があり、善悪の報いがあり、修行とその成果もあると説いたのじゃ。
 今、これを知らず善悪も修行も成果も無く一切を空と教えたのでは、外道の主張と変わりなくなってしまうのじゃ。
 一切が空ではなく自らの心身と自らの観念を空と観るべきであると、教えるのが正しいのじゃ。

 ⑥ 真のお釈迦様の教えを非難する誤り。

 大乗ではお釈迦様の真の教えを小乗として非難しておる。
 これも大きな誤りなのじゃ。
 教えを非難することは僧がしてはならない戒の一つの筈であるが、それを自ら破り、真の悟りへの道を閉ざす大罪なのじゃ。
 
 大乗にはこのような誤りがあるのじゃ。
 しかし、全てがいかんのではないのじゃ。

 悟りを得る前に行う菩薩の請願は悟った者にこの世に止まらせ、教えを説くのに役に立つものじゃ。
 空の法も適切に用いれば、執着を去り、自我を滅し、認識をも滅することができるじやろう。
 真言や陀羅尼を唱え、神仏と一体化する法も集中の方法としては優れたものじゃ。

 それらの誤りと優点を知り、果実を摘む者が善き果実と悪い果実を見わけて摘むように、修行者は大乗の法をもよく選択して実践するとよいのじゃ。


スポンサーサイト
わしの考え | 21:19:28 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad