■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自分の本心を認め受け入れるのじゃ。
 心の観察は先ず本心を受け入れ、認める事から始めなければならんのじゃ。
 本心とは自らの偽らない心なのじゃ。
 自分の心を偽っていては、観察にはならないのじゃ。
 
 例えば本当は心に恐れがあるのに、恐れていないと偽れば、恐れはいつまでもあり続け、滅することも無いのじゃ。
 その恐れによって行いも制限され、修行も止まってしまうこともあるものじゃ。
 
 日常生活に於いても、本当は疲れているのに疲れていないと自分を誤魔化せば、疲れをとることもできず、いずれは倒れてしまうのじゃ。
 疲れている時には疲れていると認め、受け入れることで疲れを癒すことも出来て、倒れることもないのじゃ。
 
 今の自分の本心を認め、受け入れることで現実に対応できるようになるのじゃ。
 本心を認め、受け入れないならば現実に目を背けて、観念遊戯に浸っていることになるのじゃ。
 それではいつか破綻することは目に見えているのじゃ。

 本心を認めようとしない理由には、幾つかの理由があるものじゃ。
 恐れから認めないものも居るじゃろう。
 恐れがあれば逃避があり、本心から逃げ続けるのじゃ。

 今まで弱音を吐かず頑張ってきたからという習慣によるものもあるじゃろう。
 ただの習慣により、本心を認めない故に苦しみ続けるのは愚かなことじゃ。

 或いは本心がわかってもどうしようもないからと諦めからの理由もあるじゃろう。
 自分が疲れたり、恐れているのを認めても現状が変るわけではないからと無理に本心を認めないようにしているのじゃ。

 他にも意地になっていたり、自分に怒りを感じているからとかの理由もあるじゃろう。

 それらの理由により、本心を認めなければ苦は続き、いずれ破綻することもあるものじゃ。
 時に人は本心を認めない故に一生、苦を抱えて生きることもあるのじゃ。
 ただ本心を認め受け入れるだけで消えていく苦を、死ぬまで抱えていくのは愚かなことじゃ。

 どのようなものであろうと本心を受け入れ、認める覚悟をすれば、それらの理由をも超えて本心が観られるものじゃ。
 そして観察によってどのような苦も滅していくことができるのじゃ。
 無意味な理由で長く苦しむことが無いように、全ての者は自らの本心を認め、受け入れて進むがよいのじゃ。
 


スポンサーサイト
苦滅の道実修 | 20:26:44 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad