FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
気付くこと
 気付く事は厭離を起こす手段であり、観察の目的でもあるのじゃ。
 観察し気付くことで人は真に変ることができるのじゃ。
 何にも気付かないで変ることもないならば、それは観察ではなく観念遊戯をしている事になるのじゃ。

 気付く事はサティと呼ばれ、念と訳されるものじゃ。
 八正道も正しい観察から始まり、正しい念を以って終わるのじゃ。
 正しく観察し、正しく気付く事で苦は滅し、悟りにも至るのじゃ。

 気付く事を表すためには、よく朽ち縄の比喩が使われるのじゃ。
 道に蛇が居て、そのために道を通れなかったが、よく観察してみれば朽ちた縄であったというものじゃ。
 このような話がなぜ度々使われるのかといえば、この話こそが気付く事の重要性を物語っているからなのじゃ。

 苦を滅することも、悟りを得ることも気付くことによって達成されるのじゃ。
 気付くことがなければ苦は滅せず、悟りも得られないのじゃ。

 苦は今心の中に在る原因から起こることに気付けば、その苦は滅するのじゃ。
 例えば他人が怖い者が、その恐れが親からの虐待が原因であったと完全に気付く時、他人への恐れは無くなるじゃろう。
 環境は全く変らないが、心の中の原因に気付く事で苦は消えるのじゃ。
 
 或いは人が酒や薬やギャンブルに溺れていても、それが不安や恐れからの逃避でしかないと原因に気付けばやめられるのじゃ。
 それは道に落ちている蛇が縄と気付く過程と全く同じなのじゃ。
 気付く事で蛇が縄になるのではないように、苦の原因に気付いても環境は全く変らないが心は変容して安楽になるのじゃ。

 苦の根本原因である自分という観念に気付くのも全く同じなのじゃ。
 人は自らの名前とイメージに執着して、自ら苦を作り出しているのじゃ。
 兵士は勇敢な自分という名前とイメージを作るために自他の命も捨てるのじゃ。
 商人は金持ちの自分という名前とイメージのために金という道具を貯め続けるのじゃ。
 政治家や慈善家も立派な自分という名前とイメージのために時間や金を費やすのじゃ。

 それがかなってもかなわなくとも苦を増すばかりなのじゃ。
 観念である自分の名前とイメージは架空のものであるから幾ら求めてもきりがないからなのじゃ。
 
 そのような自分という観念も気付く事で滅するのじゃ。
 名前とイメージが自分と想っていたと気付く事で、その認識から解放されるのじゃ。
 そして無我にもなるのじゃ。
 
 更に認識をも分別している心の働きに気付けば厭離されるのじゃ。
 全てを分別する働きが消えた時、全ては一つである見識が実感されるのじゃ。

 そのように気付く事が苦を滅する法の要であり、悟りへの道なのじゃ。
 そうであるから心を極力鎮め、注意深く本心を観察し続けるのが仏法の実践なのじゃ。
 苦を滅し、悟りを求める者はただひたすらに心を鎮め、観察を重ねて気付く事を多くするのじゃ。


スポンサーサイト



悟りの真実 | 20:45:18 | Trackback(0) | Comments(3)