FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自我の苦
 お釈迦様は自ら衆生の病を治す医者であると言ったのじゃ。
 衆生は病にかかっているから、それを治すというのじゃ。

 それがどのような病かといえば 衆生は自我という観念による病にかかっておるのじゃ。
 自我があれば、そのイメージによって苦も受けるのじゃ。

 自分が他人より劣っているというイメージを持った者はそれによって劣等感に苦しむのじゃ。
 自分が他人より優れていると思う者は、それを証明するために必死に働かなくてはいかんようになるのじゃ。
 逆に優秀な自分を守るためにと、引きこもりになったりもするのじゃ。

 自分があれば自分の好きなものが認識され、それに執着して苦になるのじゃ。
 自分があれば自分の嫌いなものも認識され、それを避けるために行動も制限されるのじゃ。

 このように自我はあらゆる人間に苦をもたらし、行いも制限しているのじゃ。
 自我によって認識する全ては苦になり、一時の快楽さえもやがては苦に変わるのじゃ。
 
 それも観念によって起こる病なのじゃ。
 観念による主体を自己と呼び、観念による客体を他己と呼ぶのじゃ。
 自己以外の全てが他のものであるならば、小さな自己と自己以外の全ての世界が対立するという観念を生むのじゃ。

 その観念が強い孤独感や孤立感、寂しさを起こすことになるのじゃ。
 それらからまた逃避、執着、攻撃欲等の苦に繋がる観念が起こるのじゃ。
 
 自我の観念は多くの苦の源であり、苦の上に苦を積み重ねるものなのじゃ。
 お釈迦様はそれを無明と呼び、観察することによって滅することが出来ると説いたのじゃ。
 苦を生じ、迷いを起こす無明も一度完全に観察されれば、煙の如く消え去るのじゃ。
 賢明な修行者は無明のもたらす大きな苦を知り尽くし、恐れを超えて進むのじゃ。


スポンサーサイト



悟りの真実 | 14:47:35 | Trackback(0) | Comments(0)