FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自分を知るのじゃ。
  洋の東西を問わず、昔から今に至るまで全ての賢者達は一つの教えを繰り返し説いているのじゃ。
 それは自分を知ることなのじゃ。
 観察や経験によって自分を知ることが、賢者によって説かれた真の利益ある教えなのじゃ。

 自分を知ることで人は世間で大きな利益を得て、最後には世間を出る悟りにも到達できるのじゃ。
 自分を知らなければこの世で苦しみ、迷いのうちに死んで後にも苦しむのじゃ。
 自分を知ることがこの世に生まれてきた理由とも言えるのじゃ。

 例えば幅が三メートルのトラックに乗る者が自分のトラックの幅を知らなければ、幅が二メートルしかない山道に無理に乗り入れたりしたら転落して事故になるじゃろう。
 逆に四メートルの道幅のところに走るのは無理だと諦めてしまうこともあるかもしれん。
 そのように自分を知らなければ能力を過信して事故にあったり、逆に能力を低く見積もってチャンスを諦めてしまうこともあるじゃろう。

 能力についてだけでもこのように自分を知ることで事故を防ぎ、チャンスを生かすこともできるようになるのじゃ。
 その他、自分の好悪や肉体の習癖や心の働きについて知ることが多ければ、不調を減らし利益を多く出来ることは言うまでも無いのじゃ。

 自らの好む所を知ることで、それを生かして楽しめる職業に就いて成功することも出来るのじゃ。
 自らの好まないことを知って、利益が多いからと嫌いな職業に就いてストレスで心身を壊すということもなくなるのじゃ。
 
 肉体についても寒さに弱いとか暑いと倒れるとか、よく知っていれば病を防ぎ、長生きも出来るのじゃ。
 他人に効く薬も体質によって自分には効かないこともあるものじゃ。
 自分の肉体について日頃から知れば薬も合うものを選ぶことが出来るのじゃ。

 更には心の働きを知ることで苦を滅することも出来るのじゃ。
 苦しみも自分の心を観察することで滅することが出来ると知れば、安楽の境地に至れるのじゃ。

 自分の心を観察するといっても初めはわからないことばかりじゃろう。
 そのようなことが出来るということさえ知らない者も多いじゃろう。
 何事も初めはわからないことばかりであるが、実践し続けることで知識も増え、慣れてくるものじゃ。
 何があろうと自分の心を知る努力を続けることが大事なのじゃ。 
 
 人が苦を嘆き、迷いの内に生きていくしかないのも自分を知らないからなのじゃ。
 自分のしたいことも、すべきこともわからないのは自分に対して無知であるからに他ならないのじゃ。
 それは地図を持たない者が目的地も無く道なき道を旅するようなものじゃ。
 そのような状態ではただ苦しみ迷い続けたというだけの人生になってしまうのじゃ。

 自分を深く知っていれば、理想とすることも目的も自ずから明白になってくるものじや。
 それは慣れた道を行くものが行く先も、道筋も完全にわかって晴天の下で歩くようなものじゃ。
 確実に目的地に着くであろう事は明白なのじゃ。

 自分を知れば世間において大きな利益を得て、出世間の道においても永遠の安楽に辿り着けるのじゃ。
 自分を知れという賢者達の言葉は、真に虚しくないと言えるのじゃ。
 修行者は日々自分を知る努力を続けるとよいのじゃ。


スポンサーサイト



元気が出る説法 | 20:29:17 | Trackback(0) | Comments(2)