FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
怒った時こそ許すのじゃ。
 自我のある者は自分を守るために、命が危ういと思った時や正当な権利を侵害されたと思った時、怒りが起こるものじゃ。
 それは自分を守るための心の働きであるから、意志によって起こさないようにしようとすることはできないのじゃ。
 実践を重ねて心が不動になった時から、怒らないことも出来るようになるじゃろう。
 
 それまでには怒りも起こり、それが正当であるとさえ感じられるものじゃ。
 正当な怒りであるから他人を責めたり、二度としないようにと痛めつけようとするじゃろう。
 正当であるからそれも正しいと感じるのじゃ。

 しかし、それは自らを獣以下の存在に陥らせることなのじゃ。
 獣は自分の命が危険になるような事態には怒り狂って戦うのじゃ。
 餌をとられたり、縄張りに入ってこられるという身の危険が感じられれば激しく戦うのじゃ。
 
 それは獣の習俗であるから怒りに任せた行動をしていると、獣と同じ所に生まれるようになるのじゃ。
 怒った時にこそ用心して、注意深く自らの心を観て、寛容を心がけるのじゃ。
 そうすれば自らも許されるのじゃ。

 自分も他人も心の奥深い所では同一と認識される故に、他人にしたことは全て自分に返るのじゃ。
 他人が許せなければ自分も許せないのじゃ。
 他人に辛く当たれば自分にも辛いことをするようになるのじゃ。

 他人を許せば自分も許せるようになるのじゃ。
 そうであるから先ず他人を許すようにするのじゃ。
 他人に優しくすれば、自分にも優しく出来るようになるのじゃ。
 他人を愛すれば、自分を愛して、他人にも愛されるのじゃ。

 そのように他人を許し、常に慈悲をかける者は常に福楽に見舞われ、人の世界以上にも行くことになるのじゃ。
 福楽を求める者は怒った時にこそ、寛容を心がけるのじゃ。
 ただ一時の感情によって獣に落ちるようなことがないようにするのじゃ。
 
 正当な権利を侵害されたと思った時に、自らに怒ってよい、これは怒ってよいてことであると、思う者も居るじゃろう。
 それは攻撃欲を誤魔化す為の隠蔽に過ぎないのじゃ。
 自分は攻撃的な者ではなく、正当な権利のために怒っていると欲を隠蔽しているのじゃ。
 それに気付かず他人を攻撃すれば自らの心に嘘をつき、攻撃欲をも満たす二重の悪を為すことにもなるじゃろう。

 そうであるから怒った時にこそ自らの心を観て、寛容を心がけるべきなのじゃ。
 未だ心を制御できない者が怒りを生じてもそれは仕方のない事じゃ。
 それでも心の中の怒りを観て、寛容を心がければ悪事を避ける事も出来るじゃろう。

 心に怒りを覚えない境地には至らなくとも、怒りを寛容に換えることは意志によって出来ることじゃ。
 正当に思える怒りが起こっても、怒りに正当なものなどないことを思い出すのじゃ。
 怒りは自我から起こるただの心の反応であるだけなのじゃ。
 福楽を求め、苦を避ける者は怒った時にこそ、他人を許すことを心がけるのじゃ。 



スポンサーサイト



運気向上法 | 12:45:54 | Trackback(0) | Comments(12)