FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
苦が増加する仕組み
 お釈迦様はこの世の一切は皆苦として、人が苦から離れられない事を説いたのじゃ。
 悟りを得ていない者は正にその通り、苦から苦へと苛まれて生きるしかないものじゃ。
 生きて苦しみ、死んでも又苦しむのじゃ。
 
 そのように苦しむのも悟りを得ていない者には、無明である自分が存在するという観念の原因があるからなのじゃ。
 他のものから完全に独立した主体的な自分があるという観念から苦は起こり、離れられないのじゃ。
 間違った観念を正さなければ苦しみは続くのじゃ。

 例えば頭のおかしい者が自分は飛べるという間違った観念を持って高い所から飛び降りれば、死んだり怪我をしたりするのじゃ。
 そのように現実とは離れた間違った観念を持っていては苦しみは尽きないのじゃ。
 
 悟っていない者が自分は主体がある、自分は思考や感情の主体であると思うことが苦を増す間違った観念なのじゃ。
 自我が思考や感情の主体であるならば、それらをコントロール出来る筈であるが、実際は出来ないのじゃ。
 自我は思考や感情の主体ではなく、それらに隷属しているものなのじゃ。

 自我は思考や感情が勝手に反応することを止められず、それらの奴隷となっているだけなのじゃ。
 思考や感情を満足させるために、無駄な行いに時間と心身を費やしているだけなのじゃ。
 自我が思考や感情の主体ではなく、思考や感情をコントロールできないことが苦を生み増加させる原因の一つなのじゃ。

 例えば異性に強く執着しながら離れてしまう愛別離苦があれば、何度もそれを考えてしまうじゃろう。
 思考をコントロールできないのであるから、苦しくても何度も考えてしまうのじゃ。
 そして考える度に悲しみの感情を起こしてしまい、苦しむのじゃ。
 それも感情をコントロールできない故に、考える度に悲しみの反応が自動的に起きて苦しむのじゃ。

 このように一つの苦があれば、それを何度も何度も繰り返して苦しむことになるのじゃ。
 それも自我が思考や感情の主体ではなく、それらをコントロールできないからなのじゃ。
 更にそれが新たな苦を引き起こすのじゃ。

 一度、苦を味わった心はそれを未来に起こるかもしれない事と認識するのじゃ。
 そして、それを避けようとするのじゃ。
 それが不安と呼ばれる心の働きなのじゃ。

 それは本来は苦を避けるための心の働きであるが、却って苦を増加させることになるのじゃ。
 不安は心を苛み、更に行動を制限するようにするのじゃ。
 この先そのような苦しみを味わう事がないようにと、消極的に行動してしまうのじゃ。
 それも思考や感情を制御出来ないことから来る苦の増加なのじゃ。
 
 そのように激しく増加する苦も、原因から観察されれば滅するのじゃ。
 未だ悟りを得なくとも、苦を完全に観察できれば消すことが出来るのじゃ。
 何度も苦が起こっても、その度に観察できれば消えていくのじゃ。

 やがて苦が完全に滅して心が鎮まる安心の境地に入れるのじゃ。
 苦から逃れたいと思う者は、実践によって確かめるのじゃ。
 


スポンサーサイト



悟りの真実 | 22:32:17 | Trackback(0) | Comments(6)