FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
般若心経の実践法③
  般若心経の実践法の三番目には想念の空を観想するのじゃ。
 想念とは観念と言ってもよいのじゃ。
 名前と形のイメージによって認識される心象なのじゃ。

 悟って居ない者にとって全ての物事は、この観念によって認識されているのじゃ。
 あるものが在ると認識するには、名前と心の中のイメージに拠るしかないのじゃ。
 名前とイメージによって分別できないものは無いとされるのじゃ。
 
 観念を空と見なすことで、あらゆる認識の対象から解放され、囚われなくなるのじゃ。
 それは自分という観念にとっても同じなのじゃ。
 観念が自分として自己同一化している者は、この想念の空を怠り無く実践することで無我にもなれるのじゃ。

 想念の空には二つの効果のある実践があるのじゃ。

 
 一つは執着する全てのものごとの観念を空と観ることなのじゃ。
 心の中で何かに執着していれば、修行の道も進まないのじゃ。
 金とか名声とか権力とか異性に執着したままでは、心は悟りを求めて自我を滅しようとはしないじゃろう。
 そのような執着を捨てるために、執着の対象を空と観る方法が必要なのじゃ。

 もう一つは自己の観念の空なのじゃ。
 これが本来の修行の道といえるものじゃ。
 自分という観念を空と観ることで、自我の厭離が起こり、自己同一化がなくなるのじゃ。

 修行の順序としては先ずさまざまな執着を空として取り除くことから始めなければならないじゃろう。
 執着があれば修行は進まないからのう。
 あらゆる執着を取り除いてこそ、修行も速やかに進むのじゃ。

 何かに執着していれば、苦も起こるものじゃ。
 執着の対象を空と見なすことが出来れば、苦もなくなるのじゃ。
 これこそ心経の法を実践をする上での最も大きな利点と言えるのじゃ。

 観念を全く生じないようにするのは、悟っていない者には困難なことじゃ。
 観念を消そうとすると、観念は消えず、観念が消えないというその観念によって又苦しめられるのじゃ。
 そのような苦は誰もが経験したことがあるじゃろう。
 例えば異性に強く執着して何度も考えて、苦しいからもはや考えないようにしようとしても又考えてしまう。
 更に考えないようにしようとしても出来ないことが苦になる。
 異性だけでなく、いろいろな執着によって何度も体験したことじゃろう。
 そのような繰り返しで貴重な人生の時間を消耗してしまうのじゃ。

 そのように観念に取り付かれて消せない時に、心経の空は効果を発揮するのじゃ。
 観念は悟りを得ていない者には容易に消すことは出来ないが、何度も繰り返し観想することで変えることは出来るのじゃ。
 観念を空に変えれば、消したことと同じ効果があるのじゃ。

 金に執着しているならば金とは空であり、無いものであり、増えることも無く減ることも無く、清浄でも汚くも無く夢幻であり、存在し無いものであると観るのじゃ。
 名声に執着しているならば名声とは空であり、無いものであり、増えることも無く減ることも無く、清浄でも汚くも無く夢幻であり、存在し無いものであると観るのじゃ。
 そのようにして執着の対象となるあらゆるものを空と何度も観想し、念じるのじゃ。

 執着の対象を空とすることで厭離も起きて、修行も進むのじゃ。
 更には修行のための法もあまりに執着すれば、苦になり、修行の妨げにもなるのじゃ。
 それもまた空と見なして捨てるべきなのじゃ。
 心経には苦集滅道も空と記されているのは、そのためなのじゃ。
 四諦十二因縁全てが空と見なせば、法に対する執着をも消せるのじゃ。

 それが出来れば自己の観念をも空と観ることに進むのじゃ。
 悟りを得ていない人間は自己をも観念として認識しているのじゃ。
 心の中の観念を自分と認識しているのじゃ。
 観念の自分は自分の名前と、自分の姿形、形象、イメージによって出来ているのじゃ。

 それを自分と認識しているから、自分の名前を広めたいと思い、他人に与えるイメージを良くしたいという執着も生まれるのじゃ。
 そのために時には自分や他人の命さえも顧みないことさえあるのじゃ。
 それが多くの苦と混乱を引き起こしているのじゃ。

 自己の観念を滅するために、名前とイメージの空を実践するのじゃ。
 自分の名前が空であり、自分の姿形、形象、イメージも空であると何度も観るのじゃ。

 自分の名前が空であり、無であり、夢幻であり、減ることも増すことも無く、あるものではなく、無いものでもないと観る時、名称による自己同一化がなくなるのじゃ。
 そして自分の名前による執着、名前を広めたいという欲が無くなるのじゃ。

 同じように自分のイメージ、姿形、形象が空であり、無であり、夢幻であり、減ることも増すことも無く、清浄となることはなく垢つくこともなく、あるものではなく、無いものでもないと観れば形象による自己同一化がなくなるじゃろう。
 それが出来れば安らぎがあるじゃろう。
 他人に与えるイメージを良くしようと思う欲がなくなるからなのじゃ。

 名前と形象による自己を守ろうとする緊張も無くなるから神経も解放されるのじゃ。
 同時に自己の観念のための欲と動機も無くなるから、あらゆる心の働きも沈静化するのじゃ。

 そのようにして一時的な忘我であるサマーディも容易に達成できるじゃろう。
 更に自己の観念が空であると、完全に気付いたならば、無我にもなるじゃろう。
 無我になっても観ているものがあると気付き、それもまた空であると観るならば、大悟徹底も完遂されるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。


スポンサーサイト



悟りを得るための修行法Ⅴ空の法 | 13:33:14 | Trackback(0) | Comments(16)