FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
般若心経実践法⑥
  般若心経によって空の法を実践しようとしている者は、特に注意して心がけなければならないことがあるのじゃ。
 それはいかなるものごとをも、空であるという見解を持ってはいかんということなのじゃ。
 今まで空の法を述べておきながら、おかしなことを書くと想う者も居るかもしれんが、それが最も肝心なことなのじゃ。
 
 空の法とは修行のための方法であり、一般的な真実ではないのじゃ。
 実在する何かが空であるという事はありえないのじゃ。
 修行のために実在するものごとを空であると、念じるだけなのじゃ。 

 それを理解できずになにものかが空であると、知識として覚えれば見解を持つことになるのじゃ。
 何かを空であるという見解を持つことは、法に囚われることになるのじゃ。
 空見を持ってしまうことになるのじゃ。

 いかなる見解をも破壊するのが空の法の真髄なのじゃ。
 それを理解できずに空という見解を持てば、法の核心を取り逃がすことになるのじゃ。
 空見を持てば却って悟りから遠ざかることになるのじゃ。

 空見を持つものに自己同一化が起こるからなのじゃ。
 空という見解を持つ主体が自分であるという自己同一化が起こり、厭離できなくなるのじゃ。
 
 そもそも五蘊を空と見なすことは、自分という観念を空として厭離するためなのじゃ。
 それが全ての般若経の目的とも言えるものじゃ。
 自己同一化を取り除くための観念が空なのじゃ。

 空の法を実践して自己同一化が厭離できなくなり、逆に強化するならば、それは本末転倒というべき事態なのじゃ。
 そうであるから空という法とその主体をも空であると見なさないければならないのじゃ。
 
 それが般若心経の最も肝心な法なのじゃ。
 全てを空と見なしても、それを実践する主体が残ってしまえば空ではないのじゃ。
 空の法を実践する者も空と観るのじゃ。
 空の法を実践する主体もまた空であると見なすのが、正しい空の法なのじゃ。

 空という法を知る者も実践する主体も空であると観るのじゃ。
 空という法をも空と観るのじゃ。
 空という法を行使する心も、行使される対象も空と観るのじゃ。

 それが実践できれば主体が空であるとして感じられない無我に至るのじゃ。
 更に主体が感じられなくとも、それを認識するものがあるのじゃ。
 それを阿頼耶識と唯識論では呼ぶのじゃ。

 それもまた空と見なせば、消えていくのじゃ。
 そのようにして菩提、悟りも究極にまで至れるのじゃ。
 記憶に依存した認識である阿頼耶識さえも空として滅すれば、もはや大悟徹底の境地なのじゃ。
 究極涅槃であり、不死の境地なのじゃ。
 一切の苦悩と憂いが無く、永遠の至福と唯一つの意識が残るだけなのじゃ。

 空の法を実践する者は、そのような言語も絶した究極涅槃の境地に至るまで、実践在るのみなのじゃ。
 


スポンサーサイト



悟りを得るための修行法Ⅴ空の法 | 21:08:44 | Trackback(0) | Comments(6)