FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
形象の苦
  名色の内、今回は色についてなのじゃ。
 色とは形象であり、心の中ではイメージとして認識されるものじゃ。
 名前とイメージによって、全ては観念として悟りを得ていない人に認識されているのじゃ。
 
 その名前も実には言葉のイメージとして心の中で処理されているのじゃ。
 意味や音の有る一つ一つの小さなイメージとして言葉もあるのじゃ。
 言葉の組み合わせに拠ってイメージだけでは伝え難いような、複雑な概念や抽象的な観念も伝えられるのじゃ。
 そうであるから全てはイメージとして認識されているとも言えるのじゃ。

 天も地も山も川も森も林も星も雲も人も、全てイメージとして認識されているのじゃ。
 全てがイメージとして認識されていると言う事は、自分もまたイメージとして認識されているということなのじゃ。
 自分のイメージは全てのイメージの捉え方を決めるものなのじゃ。
 自己イメージに拠って、全ての認識対象は分別されているのじゃ。

 例えば自分が弱いというイメージを持つ者には、この世界が恐ろしいものと認識されているじゃろう。
 自分が強い者というイメージがある者は、この世界がそれほど恐ろしくは無いと認識するのじゃ。
 そのように自己イメージは他の全てのイメージを決定付けるものなのじゃ。

 自己イメージに拠って人は認識する世界が違うとも言えるのじゃ。
 そのように自己イメージは、人の認識する全ての世界と人生をも左右する重大なものであるが、これを自覚する者は少ないのじゃ。
 自己イメージは主体として謬見されているから、認識し難いのじゃ。
 自分の眼が眼を見れないようなものじゃ。

 そのような状態である為に、心理学的な言い方をするならば自己イメージは潜在意識として働いているとも言えるのじゃ。
 通常の意識状態では認めることも出来ないものなのじゃ。
 人にとって生きている世界と、人生を決めるものであるのに、自分では知覚する事も出来ない心の働きである故に、それを知らなけれ困難な状況にも陥るのじゃ。
 ブレーキもアクセルも不明な車に無理やり乗せられて、知らない道を走っているようなものじゃ。

 自己イメージに拠って世界は自分にとってどのようなものなのか、決定付けられるのであるから、自分は駄目な者とイメージされていれば、この世界でだめな者として行動してしまうのじゃ。
 そのような者はその自己イメージを滅しない限り、一生駄目な者として行動し続けるのじゃ。
 何故そのような自己イメージが作られるのかといえば、それは大抵は親とか親代わりになった者から条件付けされたからなのじゃ。
 子供は親に拠って全て教えられるものであるから、駄目な者と叱られてばかりいれば、自分を駄目な者としてイメージしてしまうのじゃ。
 それによって人生まで駄目にしてしまう者も多いのじゃ。

 それが自己イメージによると言えるのじゃ。
 更には自己イメージが自分であると認識するのであるから、自己イメージだけを良くしようと勤める者も少なくないのじゃ。
 学力が無いのに本をかじり読みした受け売りで知ったかぶりをしたり、実力が無いのに自慢ばかりして顰蹙を買う者も、そのように自己イメージにのみ囚われて失敗する者なのじゃ。
 心に悪意を持ちながら外面だけを綺麗にしている者も、イメージに囚われた愚かな者と言えるのじゃ。

 そのようにイメージだけをよく見せようとするのも、親に対する執着から起こるものじゃ。
 子供にとって親に気に入られるのは死活問題であるから、今の自分の本性や実力よりも善いイメージを与えようとするのじゃ。
 それは殆どの者にとって一生続けられる観念遊戯となってしまうのじゃ。
 親が居なくなれば社会や親代わりの者に自己イメージを見せるために、全ての労力を費やしてしまうのじゃ。
 それもまた自己イメージのもたらす苦なのじゃ。

 更には自分が世界とはなれて孤立した者というイメージから、孤独感や寂しさという根本的な苦の原因が起こるのじゃ。
 それから逃れるためにさまざまな逃避が起こるのじゃ。
 権力や金や名声に囚われ、果てには酒や薬とかに頼って身の破滅をもたらすのじゃ。
 それが自己イメージによって起こる苦の最も大きなものじゃろう。

 以上の如くに自己イメージはさまざまな苦をもたらす、苦の根本原因とも言えるものじゃ。
 しかし、その苦も自己イメージから起こることが一瞬でも観られたならば、即座に消えるのじゃ。
 自分のイメージから起こる苦の連鎖が全体として観られることで、気づきが起こり、厭離されるのじゃ。
 日々の精進によって観難い自分というイメージも、いずれは観ることができるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。


スポンサーサイト



未分類 | 23:32:57 | Trackback(0) | Comments(2)