FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
強い心になるのじゃ。
  わしに相談する者は自分の弱い心を嘆き、強い心になりたいという者が多いのじゃ。
 人と合うのが怖いとか、人になにか言われると弱気になるとか、人も外の世界も怖いから部屋から出られないとか、自分の心の弱さを嘆いているのじゃ。
 そのような心の弱さに苦しみ、強い心になりたいとわしに相談するのじゃ。 

 強い心とは自らの弱さを知る心なのじゃ。
 自らの弱さから目を背けていては、心は強くなれないのじゃ。

 自分の弱さから逃避していて、何か別の観念を用いて強くなろうとしても無理なのじや。
 観念は最初は効いても、用いる内に効かなくなってくるからなのじゃ。
 本来の心の状態が弱いままであるのに、強いと思い込むだけであるから、効かなくなるのじゃ。

 例えば体についた傷口に布を当てているようなものじゃ。
 傷口に布を当てれば最初は血が見えず傷も見えないが、徐々に血が染みてきて傷も塞がらないのじゃ。
 傷を治す役にはたたないのじゃ。
 
 それよりも傷がどこにあり、どれぐらい傷ついているのかを完全に把握し、手当をしたほうが良いのじゃ。
 そうすれば傷も速やかに治るのじや。

 心も同じように弱さを隠蔽して自分は強い強いと言い聞かせても、弱いままなのじゃ。
 むしろ自分を偽っているせいで弱くなったりするのじゃ。
 集中の瞑想をして不動心を得ても心は強くはならないのじゃ。
 心が弱いまま不動になるだけなのじゃ。
 不動心もまた万能の薬ではないからなのじゃ。

 それよりも自分の弱さを知って原因から観察すると、弱さがなくなるのじゃ。
 心の手当は調査することと、治療することが一つであるからなのじゃ。
 完全に詳しく自分の心の弱さを観察できれば、それだけでも弱さが消えるのじゃ。
 
 今まで逃避していた自分の心に直面し、真摯に見つめるのじゃ。
 その弱さはどこから来るのか、どのような時に、どのような場面で弱くなるのか、くわしく観察するのじゃ。
 そしてその原因を追究するのじゃ。

 原因がわかれば、原因が心に思い浮かんでいる時には心が弱く、原因が心にない時は弱さがない事を観察するのじゃ。
 そうすれば心の弱さは消えていくのじゃ。
 心から弱さが一つ一つ消えていくにつれて、心は強くなってくるのじゃ。
 人を恐れていたものはもはや恐れなくなり、外が怖かったものも怖くなくなるじゃろう。
 そのように実践して心を縛る障害を乗り越えて進んでいくのじゃ。
  


スポンサーサイト



悟りを得るための修行法Ⅲ縁起の法 | 19:02:59 | Trackback(0) | Comments(27)