FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自己敬愛の法。
  前回の続きなのじゃ。
 
 前回の記事にあるように、他人の承認を欲して日々の修業もままならない者は、先ずは自分の心を観なければならないのじゃ。
 承認を求める心の原因は親からの条件付けなのじゃ。
 まだ他人からの承認を求める心が残っている者は、そのような原因から承認を求める心があることを観察しなければならないのじゃ。
 
 他人が自分を認めたら、自分が自分を認める。
 そのような観念遊戯が自分の心の中にあると知れば、他人からの承認を強く求めることもなくなるのじゃ。
 それがただの観念遊戯であり、心のトリックであり、もはや不要な条件付けであるとわかるからなのじゃ。

 他人からの承認を求めなくなったら、自分を自分で認めると善いのじゃ。
 それがなければ自分の行動も正しくできないからなのじゃ。

 例えば犯罪者は自分を憎み、他人をもっと憎んでおるものじゃ。
 犯罪は憎い他人を傷つけ、憎い自分をも破滅させるから、犯罪者の心の中では合理的な行動なのじゃ。
 そのように正しく自分を認め、自分を愛し、自分を尊敬するようにしなければ、最悪の場合は犯罪まで行うようになるのじゃ。
 犯罪までいかなくともギャンブルや薬や酒に依存する等、自分にも他人にも不利益な行いばかりしてしまうのじゃ。

 そのような事態を防ぐためにも自分を承認して愛敬すべきなのじゃ。
 まずは自分に最高の評価をすると誓うと善いのじゃ。
 自分を最高に愛すると誓うと善いのじゃ。
 自分を最高に尊敬すると誓うと善いのじゃ。

 自分を認めるとは自分自身に最高の評価をすることじゃ。
 自分の世界は自分の心が作ったものであり、自分とは世界の創造神なのじゃ。
 自分以外の存在は自分の創造物に過ぎないのじゃ。
 神でさえも自分の心が作り出した観念なのじゃ。

 そうであるから自分自身に最高の評価をすることが正しい心のありようなのじゃ。


 そして自分自身を最高に愛することで、他人をも愛せるのじゃ。
 誰でも自分が一番愛しいものであるから、自分を強く愛さなければ他人も愛せないのじゃ。
 数で表せば自分を100位しか愛していなければ、他人は90位しか愛せないのじゃ。
 自分を1000位愛せれば、他人も900位は愛せるのじゃ。
 
 更に自分を尊敬することで自尊心も養えるのじゃ。
 自分を尊敬できないと想う者もいるかもしれん。
 しかし、今まで生きてきたことだけでも尊敬するに値するのじゃ。
 さまざまな苦難を乗り越えて今生きているという事実だけでも自分を尊敬するべきなのじゃ。
 その上にわしの教えを聞いて信の年を抱くものは正しい法を見抜く法眼浄を得ているのであるから、正しい法の下でも尊敬すべき者であるのじゃ。

 そのように朝晩に何度も自分に誓うと善いのじゃ。
 一度や二度では潜在意識には響かないのじゃ。
 何度も何度も誓うことで、潜在意識にまで自分を敬愛する心が染み込んでくるのじゃ。
 そして自他に利益をもたらす行いも自然に出来るようになるのじゃ。

 更にそのような誓いを自分に対して最終決定とするが善いのじゃ。
 もはや永遠に変える事が無い決定とするのじゃ。

 そのようにして自分を敬愛する念をブラフマンの法に拠って全てに広げていくが善いのじゃ。
 そうすれば全てが自分を敬愛していることになるのじゃ。
 全てが自分であるから、全てが自分を敬愛しているのじゃ。
 それが感得できれば歓喜が心に起こるじゃろう。

 そのような喜びの境地こそ真のブラフマンの境地なのじゃ。
 それは実践によってのみ感得できるものじゃ。
 全ての修行者は全てを敬愛し、全てに敬愛される喜びの境地を実践に拠って確かめるのじゃ。


スポンサーサイト



悟りを得るための修行法 | 21:52:00 | Trackback(0) | Comments(15)