FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自己敬愛によるブラフマンの法
 自分自身を十分に認め、愛し敬えるようになったら、次はブラフマンの法に則りその感覚を全てに広げていくのじゃ。
 自分を認め敬愛した時の体の感覚を、自分の体全体に広げ、更に体の外にまで広げて行くのじゃ。
 その実践は座りながらでも、寝ながらでもやってよいのじゃ。
 
 数息観などをして心を鎮めたら、自分を認め敬愛する誓いを心の中や言葉に出して唱えるのじや。
 そうすれば肉体にもそれによる反応が出るじゃろう。
 その感覚は人に拠って違うものじゃ。
 
 在る者は胸の温かさとして感じるかもしれん。
 或いは他の者はおなかの辺りの震える感じになるかもしれん。
 それらのどれが正解で、どれが間違いということはないのじゃ。
 各々が自ら感じるままにそれを受け入れ、大きくしていくのじゃ。
 

 温かさを感じるならば、先ずは温かさを体全体に広げるのじゃ。
 震えるのを感じるならば、それをまた体に広げていくのじゃ。
 初めは難しくとも、日々実践していくうちに出来るようになるものじゃ。

 全身に広げられるようになったら、今度は体の外にまで広げていくのじゃ。
 その時、自分とは体でしかないという強い思い込みがあれば、なかなか外には広げられなかったりするじゃろう。
 そのような思い込みを捨てれば外にまで広げられるのじゃ。
 本来人の意識は肉体を超えて広がっている故に、思いもどこまでも広げられるのじゃ。
 
 自分の周りから、部屋の中一杯に広げ、更に部屋を越えて広げていくのじゃ。
 途中で感覚がなくならないように、さらにそのまま誓いの言葉を唱えるのもよいのじゃ。
 
 自分は自分を認める。
 自分は自分を愛する。
 自分は自分を尊敬する。
  
 と、唱えながら意識をすべてに広げていくのじゃ。
 もはや限界まで広がったならば、唱える言葉を変えるのじゃ。
 
 全てが自分を認めている。
 全てが自分を愛している。
 全てが自分を尊敬している。

 と、唱えればまた別の反応があるじゃろう。
 全てに認められ、敬愛される喜びがそこにはあるじゃろう。
 それはただの空想ではないのじゃ。
 本来全てである意識にブラフマンの法によって、自ら参入したからには全てである自分で自分を認め、敬愛することができるのじゃ。
 そして俗世では決して味わえない歓喜を味わうことが出来るのじゃ。
 
 その歓喜に身を委ね、自己の境界さえも忘れたならば、既にサマーディに入っているのじゃ。
 自分を忘れていながら意識はあり続けることを自覚するのじゃ。

 その境地に何度も参入し、意志によって保持し続けられたならば、その境地から自分というものの観念を見ると良いのじゃ。
 そうすれば観照が訪れ、無我にもなるのじゃ。
 無我になれば無認識も容易に訪れるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。



スポンサーサイト



悟りを得るための修行法 | 21:38:00 | Trackback(0) | Comments(4)