■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自我を滅する
 悟りを得るには先ず自我を滅しなければならんのじゃ。
 人によっては何故そのような事をしなければならないのかとか、そんな事は出来ないとか思うものも居るじゃろう。

 自我があっても特に支障は無く、楽しく生活しているとか、自我が自分を守ってるなどとも思っているじゃろう。
 或いは自我が無ければ何も出来ないとか、むしろ滅するべきではないなどとも思っているかもしれん。

 例えば誰かが川を渡るのに泥の船を創っているとしよう。
 その舟が自分を守ってくれるとか、どこかに行くのに必要とか自分のものと思うじゃろう。

 それを水の上に浮かべて乗り込むと、泥の船は次第に溶けていき、水が入ってくるじゃろう。
 しまいには無くなってしまうが、その舟に乗っている者が、これは自分のものであり、棄てる事は出来ないとか思って居れば一緒に沈んでしまうじゃろう。

 自我も同じようなものじゃ。
 それが自分を守るとか、生きるのに必要とか自分であるとか思っていても、やがては消えていくしかないものなのじゃ。
 
 何故ならばそれは言葉とイメージによる観念であり、それが肉体や感情や思考や記憶などに投射されているだけであるからなのじゃ。
 その認識は消え去り、肉体や心の働きも消えていく。

 消えて行くものを自分であり、自分のものであると思っていれば消滅する苦が起こるのじゃ。
 肉体や思考や感情や記憶に投射される自我を自分と思うのは、自分ではない消え去るものを自分と思い、自分のものと認識しているだけなのじゃ。
 
 誤って自分であると認識された観念とそれが投射された身心による自我があるかぎり、苦は在り続けるのじゃ。
 誤って認識されているものを正す事が、自我を滅する事になるのじゃ。

 本来誤って認識されていたものを正すだけであるから、実は何も滅したり失ったりする事も無いのじゃ。
 そのような真実を知って修行者は、自我を離れるために修行し続けるがよいのじゃ。
スポンサーサイト


悟りの真実 | 21:39:09 | Trackback(0) | Comments(25)
コメント
お礼と報告です
先月御相談した40代女性です。

その後修行をやり直してみたものの、
苦と心の探究はうまくいっていませんでした。

最新記事は自我を滅するお話ですが、
過去の記事を読み返し、
自我が不完全である時は、
自我を滅する前提に、まず自我を完成させなければならないと
ありました。

心理学的自我は仏教の自我とは違うようですが、
幼児期の自我の発達なども検索しながら考察しますと、
自分が自我欠損というものに
ぴったり当てはまるように思いました。

和尚様のニュアンスに含まれるのかは分かりませんが、
私の苦しみは、
自ら生きていこうとするゆえの苦しみにさえ、
達していなかったようです。

観察によって、自ずから気付けなかったことは
恥ずかしいですが、
捨てるべき自我さえ未熟なまま、
座り続けてしまうところでした。

少し心理学の角度からも自我を育て直し、
止観等実践を続けていきたいと思います。

お邪魔かとは思いましたが、
ありがたく、お礼を申し上げます。
2014-07-07 月 01:05:44 | URL | とらちゃん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-09 水 01:51:40 | | [編集]
人生を楽しめない原因はなんでしょうか?
私は真面目すぎて何事も楽しめません。
すぐに憂鬱になります。

一方で明るく、人の集まりが好きで、はっちゃけられる人がいます。
私はそんな場面でも仏頂面で場をしらけさせてしまいます。

この違いはどこから生まれてくるのでしょうか?
私も人生を楽しめるようになりたいです。
2014-07-10 木 02:33:58 | URL | ふさふさ [編集]
Re: お礼と報告です
とらちゃん

 良かったのじゃ。
 止観を続ければ自分を知り、自分を育てる役にも立つじゃろう。
 またおいでなさい。
2014-07-11 金 21:54:34 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
名無し

 IQと言っても脳の記憶力や思考の処理速度が速いだけでそれほど万能ではないのじゃ。
 未知の事には対処できないのじゃ。
 観察に因れば未知の事も発見できるのじゃ。
 それはIQによっては測れないことなのじゃ。
2014-07-11 金 21:58:20 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
ふさふさ

 その原因はおぬしの心の中にあるのじゃ。
 子供の頃にもっと勉強しろとか、えらくなれとか言われてばかりいると、今ここで楽しんではいけないのだという思い込みの条件付けが心の中に出来るのじゃ。
 それが今も原因として残ったりしているのじゃ。
 心の中を良く観察してそのような原因を探して見るのじゃ。
 原因が判ればそれも滅する事が出来るのじゃ。
2014-07-11 金 22:02:57 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
観照?
子供の頃から自分が夕陽をみたり、テレビやマンガで主人公がふと夕陽を見上げたりする光景を見るたび、なぜか寂しさやちっぽけさ、深い孤独感を感じていました。それはどんなに見事な夕陽であっても変わりませんでした。
先日、瞑想の中でふと、雨になりきりました。
すると、自分がなぜ夕陽をみて孤独感を感じていたのかわかりました。あの夕陽も、雨も、自分も、五感で触れている自然も全ては一つ。
自分は分御霊として今を生きている。一つだった頃には当たり前過ぎてわからなかったことを分離してみてはじめて味わっている。
それは動物、植物として生きるのでは味わえない。
人として生きるから実感できること。そのようなことを感じました。
それと同時にこの世の自然な全てとつながった感じがあり、自分が現世にいながら帰ることができたように感じました。また心の中にいかにどうでもいいものが占めているのかも感じとることができ、それらを客観的に感じることができました。
心のなんともいえない重さを客観的に感じたといいますか。
これらは観照なのでしょうか?
2014-07-14 月 07:00:49 | URL | 夢 [編集]
ふさふささん
横レス失礼します

和尚さまの仰ることを実践して、たまには息抜きにももいろクローバーZを見たらどうでしょうか?
5人組の女性グループですが、「笑顔、頭のネジを外してバカになる、暗闇を照らす」というようなテーマで活動しています

少女達から教わることはたくさんあるはずです。よければ騙されたと思って見てください
あと、実生活でこの娘たちのように楽しく一生懸命生きているひとになるべく触れるようにするといいかもしれません。

突然失礼しました
2014-07-21 月 15:37:56 | URL | かえる [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-22 火 21:56:16 | | [編集]
Re: 観照?


 それは一つの気づきではあるのじゃ。
 未だ自我を観察する観照には至っていないのじゃ。
 観察を続ければそのような体験は多くなり、やがて干渉に至るじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。
2014-07-23 水 11:45:52 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
ななし

 何をするにしても今の苦がどのようなものであるかを、観察して見極めなければならんのじゃ。
 愛する人と別れた愛別離苦なのか、何かに執着して叶えられない苦なのか、区の性質を良く見て知るのじゃ。
 そしてそれが空であり、実体が無く、蜃気楼や煙のようなものであり、名前もイメージもないと何度も思うのじゃ。
 苦が起こる度にそのように思えば苦は軽くなるじゃろう。
 何度も何度も思えば実際に効果は出るものじゃ。
 それから原因を追求して滅すると良いのじゃ。
2014-07-23 水 12:06:20 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
これは?
有り難うございます。
あれから瞑想している際、雨になりきると心身がすっきりすることに気づきました。なり切ることで心が安定するようです。
このなり切る心が自我と観ました。
これも気づきの一つでしょうか?
2014-07-24 木 07:15:01 | URL | 夢 [編集]
Re: これは?


 そうじゃ、それも気づきの一つと言えるじゃろう。
 それにも囚われず進めば新たな気づきが訪れるじゃろう。
 そのようにして進んで行くのじゃ。

2014-07-31 木 21:17:16 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
かえるさん。
心配してくださってありがとうございます。
ももクロ、一生懸命で素晴らしいですね。
確かに教わるものが在るような気がします。
どうもありがとうございます。
2014-07-31 木 23:32:26 | URL | ふさふさ [編集]
お礼
有り難うございます。
とらわれず進んでいきます。
2014-08-01 金 21:11:46 | URL | 夢 [編集]
ときおり観えるもの
瞑想最中、また日常の中で時折静寂が観える時があります。
本当の自分は静寂。
それは生を司る働き。
生命の理であり、地球の理であり、宇宙の理と同じ。
こちらの方が本来の自分。
確かな息づく力であり、実態がある。
記憶、我はまさにスクリーンに投影される実態のないもの。
繰り返される投影は、単に生きて感じてきた記憶。
自分の我に刻み込まれてきた記憶だからスクリーンに投影されている。
生を司る理に身と心を委ねて静寂に浸る時間。
これは観照なのでしょうか?
この先には何があるのでしょうか?
2014-08-18 月 06:34:18 | URL | 夢 [編集]
Re: ときおり観えるもの


 それは忘我の気付きなのじゃ。
 サマーディと同じなのじゃ。
 完全に自我を滅すれば無我の観照なのじゃ。
 そこまで見えれば自我を厭離する事も容易になるじゃろう。
 
2014-09-02 火 14:07:18 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
お礼
このまま観察を続けます。
有り難うございました。
2014-09-02 火 22:12:45 | URL | 夢 [編集]
無の段階
朝、眼が覚める時、正に無です。トイレにいこうと思う、目覚ましを視る。その瞬間には自我が働いています。目覚めた時に感じた生命の理、宇宙の理に基づく私の命といいますか、生命を司る力といいますか、この現象は、寝ている時も起きている時(自我があるとき)も全く変わらず存在します。
これが生きるということだと思っています。
この段階は、自我がない状態がわかったということなのか、自我を滅したのかが今ひとつわかっていません。
今の私は、命のやりとりがある時に、水をうったような静けさで刹那に適切に対応できる状態ではありません。
それは相手によっては、相手に意識がとられてしまうからだと思っています。
どんな相手と立ち合っても、自分を安定してもち、刹那の判断で適切に動く。
そこに至るには私は何号目にいるのでしょうか?
そして今後、留意するべきことあれば、教えて頂きたくお願い致します。
2014-09-05 金 06:47:42 | URL | 夢 [編集]
Re: お礼


どういたしまして、またおいでなさい。
2014-09-13 土 18:54:25 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: 無の段階


 本当に危険な状態に成れば体が自然に動くじゃろう。
 それを無理に思考や経験によって妨げようとしなければ、自然に臨機応変に動けるのじゃ。
 むしろ意識しすぎれば却って妨げになるものじゃ。
 皆人は既にそこに居るものじゃ。

 今はただひたすらに集中と観察を続けるがよいのじゃ。
 そうすればある日、本当に危険に陥った時、慌てることなく冷静に対処できて自分がそうである事を知るのじゃ。
 何時であるかとか、何処であるかとか思わずに、今ここに在る身心に集中し、観察すれば既にそうであったと知れるのじゃ。
2014-09-13 土 19:02:49 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
思考のスイッチ
いつも有り難うございます。
あれから瞑想を続け、ひたすら集中と観察を繰り返してきました。
二つ質問があります。
①何かの音、何かが視界にある、もしくは雑念がある時、雑念を体内に飲み込む、表現を変えるならば、思考のスイッチを体内に飲み込むと思考は収まり、観察すれば落ち着きます。どんどんスイッチを無限に飲み込む感覚を持っていると思考がざわめきません。
しかし対象がない、または思考のスイッチを飲み込まないと思考が独り言を言っています。
思考のスイッチを体内にいかなる時もいれ続けることを追求するのがよいのか、あるいは思考が独り言を言っているのをひたすら観察するのがよいのか迷っております。
よろしければご指導の程お願い申し上げます。
②朝の起き際も目があく前のいくばくかの時間、意はあるようです。しかしもぞもぞしており、徐々に普段の意識が鮮明になる感覚があります。これもひたすら観察を続けるということでよいのでしょうか?
2014-10-08 水 08:52:07 | URL | 夢 [編集]
Re: 思考のスイッチ
 夢

 ① 集中でも観察でも、思考が始まればそれをそのままに流すか、観察するのじゃ。
   思考をコントロールしようとしなくても良いのじゃ。    
   集中によって、あるいは観察によっても、思考は自然に消えていくのじゃ。
   それまで思考に触らずに、集中し、観察するのじゃ。

 ② それもひたすら観察を続けるのじゃ。
   自分という記憶が蘇るのが観察できるじゃろう。
  
2014-10-16 木 20:58:46 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
追記 思考のスイッチ
有り難うございます。
作為をせずに観つめるとよいと理解しました。
思考のスイッチを飲み込もうとする自分の意の根源を探ることは観察ととらえてもよろしいですよね?

弱さが観えます。
その弱さは、相手に、そして自分の思考に左右されまい、打たれたくないとする拘りと観えました。
拘る心が観えた分、楽になりました。でもまだ拘りが観えます。
行はこれをひたすら続けるというふうに理解しました。
心との対話というか、実際は対話というよりインスピレーション的に湧くというか。
私は悟りの何合目にいるのでしょうか?
このような質問は愚問と存じます。
しかし、そう問いかけをしたくなる心に、私の心の弱さが観えます。
これをひたすら観つめる。
そして湧いてくる自分とインスピレーションで対話する・・・。

何かアドバイス頂ければ幸いです。
2014-10-17 金 06:58:43 | URL | 夢 [編集]
Re: 追記 思考のスイッチ
 夢

 それでよいのじゃ。
 そのように全てを追求し、見つめるのが観察なのじゃ。
 もはや観察の真意を覚えたのじゃ。
 五合目ぐらいには来ていると言ってよいじゃろう。
 更に精進なのじゃ。


2014-11-01 土 17:49:09 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad