■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
仏教は哲学や思想ではない。
 世の多くの学者達はお釈迦様の教えを、哲学や思想として捉えておる。
 しかし、それは誤りなのじゃ。
 縁起も、無常も、無我も、空も悟りを得るための心理的なテクニックに過ぎないのじゃ。
 思想や一般論として捉えては、仏教というものを理解していない事になる。

 お釈迦様は洗濯屋には心の汚れを取れと説き、楽人には楽器の弦がゆる過ぎず、張り過ぎないように心を調節せよと説いた。
 お釈迦様が教えられたのは思想でも、一般論でもなく、悟りに導く手法であり、心理的なテクニックなのじゃ。

 もし縁起が無いとして人を導けるなら、そのように説いたじゃろう。
 目覚めた者の智恵は、目覚めた者にしか判らないものじゃ。
 おぬしらもお釈迦様の教えの真の意味が知りたかったら、遠くへ行って他人の教えを聞く必要は無い。
 今から数息観を初め、己の心を観よ。
スポンサーサイト


悟りの真実 | 21:17:34 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる
総論から各論に移った、という印象をもちました。第一巻では神と人間・個人の関係についての対話でしたが、第二巻は、神と人類との関係について対話がなされています。おこがましいかもしれませんが、違和感、突出感というものは感じませんでした。キリスト教の教義を理解... 2007-10-18 Thu 10:40:03 | 哲学のレビュー
14歳からの哲学―考えるための教科書
タイトル通り、今の人向けの哲学入門書には良いと思います。この人の他著も見ると、ギリシャ哲学を基に思考を進めています。「哲学の正統」です。そういう意味では、この本を読まれた方は、次に、日本でのギリシャ哲学の泰斗、田中美知太郎さんの、「哲学初歩」岩波現代文... 2007-10-30 Tue 14:00:53 | 思想の日

FC2Ad