■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
無我の不安を無くすのじゃ。
 自我の厭離を願う者は、無我への恐れと不安を無く事で、無我への道が開かれるじゃろう。
 自我を己と思い、無我になるとは己を無くす事であると過って思っている者には、無我への不安と恐れも生じるのじゃ。
 無我に進むには、それを無くす事が重要に成るのじゃ。

 人が自我を自分であるとか、主体であると想うのは、子供がおもちゃの人形を自分の分身と想うのと同じ事なのじゃ。
 人形を自分の一部であり、己の身の分身と思えば、子供は人形を飾ったり、食べ物を食べさせようとしたり、寝かせたりするじゃろう。

 人形にそのような事が必要なのではないが、子供は自分と同じ者と見る故に、無意味な事をするのじゃ。
 
 大きくなった人が金や権力や名声を求めようとするのも、実は同じ事なのじゃ。
 観念である自我の名前やイメージを拡大するために、金や名声や権力を求めたりするのじゃ。
 それらは老病死という現実には、何の力も持っていないのに、自我という観念を己と同じと想っているから、それをせずに居られないのじゃ。

 そしてそのような不要な事をする為に、不要な苦まで生じる事に成るのじゃ。
 金や権力や名声を求めようとして得られなければ苦が生じる。
 それらを得ても、今度は無くさないかと不安が生じる。

 そのように実際の現実には役立たず、不要な遊戯を繰り返して苦と不安を生じているのが、自我を自分と想う故なのじゃ。
 自分ではない観念を自分と思い、余計な苦を抱えるのが自我を持つ無明なのじゃ。


 そのような観念を自分と思う事が無ければ、余計な苦を背負うことなく、安らぎがあるのじゃ。
 実際に無我となれば、無用な行いへの焦燥から離れ、深い安らぎがあるものじゃ。
  

 要するに自我を持つとは子供が人形を自分と想うように、観念を自分と想う事なのじゃ。
 そして本来必要ではないものを欲求し、余計な苦を抱える事でもあるのじゃ。
 自我を己と思う事から離れれば、安らぎがあるのじゃ。

 修行者はその事を良く知って、無我になる事への不安と恐れを超えて行くのじゃ。
 
スポンサーサイト


元気が出る説法 | 22:40:23 | Trackback(0) | Comments(16)
コメント
鬼和尚さま

無我について質問です。
頭で「本来は無我だ」と思うことによって、経験が解釈されることは、観察とは別だと思います。
しかし、観察しているつもりがいつのまにか、そのように頭で解釈しそれと気づかぬことがよくあります。
そうすると、「今」から意識が離れ、苦しみは厭離できる一方で、現実感まで遠ざかってしまいます。
それらを区別する実践的方法があれば教えてほしいです。
2014-10-02 木 02:27:55 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
この肉体がお人形だというのですかっ受け入れられませんっ
2014-10-03 金 01:47:16 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
和尚様、毎月のお話 ありがとうございます。

毎日 幸せな時を 感じながら自我を見つめております。

私を導き 己を犠牲にしてまで 自我は私の幸せを願っております。

偉大な先人たちに導かれながら 今を離れ、また大事に思っております。

怖れから離れ 皆になにが良いのかを 考える日々です。

今離和合 南無阿弥陀仏 
2014-10-04 土 00:15:07 | URL | sei [編集]
鬼和尚さま、こんにちわ。


布施仁悟と申します。今年1月に十牛図三・見牛から四・得牛への道が開けず相談した者です。


先日「見牛を捨てなければ得牛には至れない」という和尚さまの助言の意味が、ようやく腑に落ちまして、お礼を申し上げたくコメントいたします。


十牛図一・尋牛から三・見牛までは、自我の持ち込む分別の内容に疑団を抱くだけで進んで来ることができたのですが、十牛図四・得牛以降へは、自我の存在そのものに疑団を抱かなければ至ることができないのですね。その視座の180度転換が起こったとき「記憶や思考をどうしようと自分の勝手だ」とする自我の思考パターンを見つけることができました。おかげで、和尚さまのおっしゃる「思考・観念・記憶・身体などに自我を投射している」ということの意味が、ようやく理解できるようになったところです。


これで、やっと風穴が開いた感じでございます。とはいえ、まだ気づいたばかりですから、自我の抵抗は依然として猛威を奮っていまして、現在、格闘中です。しかしながら、鬼和尚さまが道を照らしてくださっていますので、なんとしてでも十牛図四・得牛に至るべく精進するつもりでいます。


このブログを今年一月に発見しなければ、私はここまで来れなかったはずで、よい機縁に恵まれたことが何より嬉しいです。『鬼和尚の仏教勉強会』はWEBの至宝ですね。このたびは、どうもありがとうございました。


ところで、今回の記事にある「無我になる事への不安と恐れ」という自我の思考パターンですが、これは、まだ自分の中に見つかっていません。また視座の180度転換が必要なのでしょうか…?
2014-10-14 火 17:18:17 | URL | 布施仁悟 [編集]
Re: タイトルなし
無我について質問です。

 解釈ならば気付きが無いのじゃ。
 観察すれば何か新しい気付きがあるじゃろう。
 しかしそのような状態もよく観察してみるがよいのじゃ。
 今はわからなくとも、いずれは何がおきていたのか良く判るようになるじゃろう。
2014-10-16 木 20:50:45 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
この肉体がお人形

 受け容れられなくともそれが真実なのじゃ。
 いずれは死によって捨て去らなければならない肉体が、人形のようなものでしかないと気付くときが来るじゃろう。
2014-10-16 木 20:52:29 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
sei

 良い事じゃ。
 日々精進あるのみじゃ。
 またおいでなさい。
2014-10-16 木 20:54:13 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
布施仁悟

 自我を無くす事への強い抵抗があるならば、そこには不安と恐れもあるじゃろう。
 自我を無くす不安と恐れを感じて、抵抗も生じるのじゃ。
 自らの本心をよく観察すれば、抵抗が不安や恐れから起こることも判るじゃろう。
 精進あるのみなのじゃ。
2014-10-16 木 21:02:47 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
鬼和尚さま、助言ありがとうございます。


>自らの本心をよく観察すれば、抵抗が不安や恐れから起こることも判る


まだ抵抗を抑えるのに精一杯で観察が甘いようです。


>精進あるのみなのじゃ。


押忍!さらに精進いたします。
2014-10-17 金 11:45:36 | URL | 布施仁悟 [編集]
Re: タイトルなし
布施仁悟

 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2014-11-01 土 17:49:57 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
阿頼耶識
記憶を自動再生させる仕組みが阿頼耶識、記憶をみて感じたり考えたりするのが自我。
記憶を自動再生する仕組みは生きている限りなくなることはないが、一々記憶に反応することがなくなるのが悟りと観ました。
鬼和尚。
私は自我の壁を超えたのでしょうか?
2015-06-07 日 07:49:47 | URL | 夢 [編集]
Re: 阿頼耶識
 夢

 本当に自我が無くなったのか、よく観察してみるのじゃ。
 自分の好み、自分の考え、自分の過去など自分に関する心の働きがあれば未だ自我はあるじゃろう。
 それらが無くなり、自我がないことによる安らぎがあれば自我はなくなっているじゃろう。
 よく観察して見極める事が肝心なのじゃ。
2015-06-15 月 15:57:03 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re:Re:阿頼耶識
自我はなくなってはいませんが、一々の反応は減っているようです。
自我は薄くはなってもゼロにはなりませんよね?
究極は自我とどう立ち回るか、言葉を変えればどう付き合うかというように感じております。
2015-06-17 水 22:05:21 | URL | 夢 [編集]
Re: Re:Re:阿頼耶識

 自我は観念であり本来無いものじゃ。
 そのことに気づくのが修行の目的なのじゃ。
 最後の境地に至るまで精進あるのみなのじゃ。
2015-07-03 金 12:31:11 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
自我は本来ないもの。

更に行を重ねます。
有り難うございます。
2015-07-04 土 07:05:13 | URL | 夢 [編集]
Re: タイトルなし
夢。

 そうじゃ、一切衆生は本来無我なのじゃ。
 それに気づくまで精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2015-07-16 木 19:23:20 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad