■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
家屋の作者を観るのじゃ。
  お釈迦様はこのように言っておる。

 153 、わたくしは幾多の生涯にわたって生死の流れを無益に経めぐって来た、
  家屋の作者(つくりて)をさがしもとめて。
  あの生涯、この生涯とくりかえすのは苦しいことである。

 154 、 家屋の作者よ! 汝の正体は見られてしまった。
  汝はもはや家屋を作ることはないであろう。
  汝の梁はすべて折れ、家の屋根は壊れてしまった。
  心は形成作用を離れて、妄執を滅ぼし尽くした。

 これはお釈迦様が何度も個我の観念を持って生まれ変わり、その元となったのが分別の作用であることを著しているのじゃ。
 
 家屋とは自我であり、個我の観念なのじゃ。
 それを作るのは作り手があり、それが観られればもはや家屋である自我は作られる事もないというのじゃ。

 その家屋の作り手は五蘊では色受想行識の行であり、唯識では末那識にあたるものなのじゃ。
 物事を分別する心の働きであり、りんごとかみかんとかの見分けをする認識の一部なのじゃ。

 この物事を分別し、見分ける働きがある限り自我は生成されつづけ、輪廻も止まることなく続くのじゃ。
 元々輪廻とは個我の観念のある者が、その個我が生死を越えてありつづけると思う故に起こるものなのじゃ。

 個我の観念の無い者には輪廻もまた無くなるのじゃ。
 誤った観念が無ければ個我は消え、真実である意識に回帰して不死の境地にもなるのじゃ。

 個我の観念を成り立たせ、認識させるものが分別と言う心の働きなのじゃ。
 我と他を分け、他と我の間に好悪の感情をもって順列をつける分別が自我の原因なのじゃ。

 分別は肉体があるからそれが我であり、感覚や思考も我のものであるとか我であると認識させるのじゃ。
 そして自分ではないものは他であり、その他の物も自分との好悪とか遠近によって分別されて個人の世界を形作るのじゃ。
 
 それが人の心の作る世界なのじゃ。 

 禅宗三祖僧璨禅師も信心銘に書いておる。

 「至道無難、唯だ揀択を嫌う、但だ憎愛莫ければ、洞然として明白なり。毫釐も差有れば、天地懸に隔たる」

 「至上の道は難しいものではない、ただ分別を嫌い、愛するものとか憎むものとかの分別がなければ明白である。
 ほんの僅かでも分別を用いれば、天地も別れるほどの差になる」
 
 このように分別の心を用いればそこに我が起こり、世界もまた生じる事を表しているのじゃ。

 その分別する心を止めるには、ただそれを観察するだけで良いのじゃ。
 「家屋の作者よ! 汝の正体は見られてしまった。
  汝はもはや家屋を作ることはないであろう。」
 
 と、お釈迦様も言うとおり、その作用はただ観られるだけで、もはや二度とは起こらなくなるのじゃ。
 自己同一化が観察によって消えるからなのじゃ。
 目覚めた者本人が仮に使用する場合は使う事も可能であるがのう。

 その作用は素早く観難い故に、一切は空であるとして分別の作用を止める方法も存在するのじゃ。
 一切を空として僅かでもその作用が止まるか、動きが鈍くなれば観察も多少は容易になるのじゃ。

 素早く観難い分別の働きも、日々の修行によって滅する事もできるじゃろう。
 修行者は分別をも観るために日々精進し、実践に励むのじゃ。
  
スポンサーサイト


ダンマパダ(法句経)解説 | 17:43:06 | Trackback(0) | Comments(18)
コメント
今日は。いつも勉強させて頂いております。掲示板などでも以前お世話になりました。

ダンマパダでは善い行いには善い報いがあり、悪い行いには悪い報いがあると言われていますが、北朝鮮の独裁者などは死後に罪の報いを受けるでしょうか?

ラマナ・マハルシは人の行為は生まれる前に全て決まっていると言っていましたが、悟った人でも伝えることが違いますよね。

悪人が栄え、罪のない人、たとえば、北朝鮮の国民が苦しむのは何故でしょうか?

イエス・キリストやOSHOが、磔になったり、毒を盛られるのもカルマなんでしょうか?

それと、ブログを読み瞑想を何年もしていましたが、僕にはまだまだ慈悲や愛が足りません。もっと愛のある人間になりたいです。何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

また最近はひとのこ先生という、大乗仏教を教えている方にも教わっています。とても素晴らしい方ですので。鬼和尚さんにも読んでもらいたいです。

(一度、お二人が対話するのも見てみたいという願望もあります

http://o123hitonoko.blog113.fc2.com/

こちらが、ひとのこ先生のブログです。
2014-11-18 火 08:30:56 | URL | taka [編集]
記事と関係ない質問で恐縮です。
数息観をするときの呼吸の仕方で質問なのですが、
ゆっくり長く息を吐くとき、長くとはだいたい何秒くらいが適切ですか?
息は吐ききる必要がありますか?呼吸は腹式呼吸ですか?
どうかご教授ください。お願いいたします。
2014-11-18 火 22:27:31 | URL | つちくれ [編集]
Re: タイトルなし
taka

 独裁者などが悪い行いをしていれば悪い報いがあるじゃろう。
 善い行いをしていれば善い行いがあるじゃろう。

 苦しむ者が居るのは世の一切が苦であるからじゃ。
 衣食足りた国でも老病死の苦は免れないのじゃ。

 善人でも禍に会うのはこの世が一切苦であるからじゃ。
 そのような可能性がある世界に生まれた限り、善人でも禍に会うのじゃ。
 
 慈悲は自分の心の中に探すものじゃ。
 他人の言葉の中には無いのじゃ。
 オショーもクリシュナムルティもマハリシも真に目覚めた者は常に自分の心の中を観ることを勧めるのじゃ。
 わしもそれだけを勧めるのじゃ。
 更によく学び真偽を見分ける力を養い、真の慈悲を自らの心の中に見出すのじゃ。
2014-11-19 水 19:39:29 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
つちくれ

 腹式呼吸が良いのじゃ。
 呼気の長さなどは全て自分が楽に続けられる程度の長さにするべきなのじゃ。
 他人の基準でやっても苦しくなって続けられなくては意味が無いのじゃ。
 いろいろ試してみて、自分に合った長く続けられるやり方を見つけるが良いのじゃ。
2014-11-19 水 19:42:44 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
人それぞれ、適切な方法は異なるのですね。
とにかく続けてみます。
ご教授ありがとうございました。

2014-11-19 水 22:45:43 | URL | つちくれ [編集]
鬼和尚さん、納得しました。ありがとうございます。

話は変わるのですが、思考を観察するときに、その時は無心になるのですが、またしばらくすると、似たような思考が沸いてくるということの繰り返しです。

観の修行で、思考に巻き込まれずに、木を観る、コップを観るということは、毎日やっていて、そのようにして思考も観察していました。

それともずっと気づいていて、右から左に流すということでも、大丈夫でしょうか?

1、坐禅で観察して思考が消える
2、しばらくすると思考が沸いてくる
3、日常では止の瞑想の時のように、思考を右から左に流す

ということをやっていました。右から左に流していても思考がうるさいときがあります。

集中力の修行が足りないでしょうか?日常では動作に集中しながら、思考にも気をつけなければなりません。

上達すると無心で仕事して、必要なときだけ考えられる状態になりますか?アドバイスよろしくお願いします。
2014-11-20 木 05:32:58 | URL | taka [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-23 日 19:18:52 | | [編集]
こんにちは。はじめて質問させていただきます。
初歩的な事柄で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

瞑想をしていて、止の方は呼吸を数えたり、お腹の膨らみやへこみを感じたりしながら少しずつ集中できるようになってきましたが、観の方がなかなかうまくいきません。

止によってある程度集中できたら、観に移行してみるのですが、なんにも浮かんでこないので仕方なく止に戻る、という状況です。

観に移行したとき、なにか浮かんでくるのをひたすらに、じっと待っているだけなのですが、このやり方が間違っているのでしょうか。意識的に心が波立つような出来事などを思い出して、反応した心を観るとよいのでしょうか。

和尚さんのブログに出会って以来この1年間、毎日1~2時間ほど続けておりますが、なかなか進歩しません。なにかアドバイスがありましたらお願いできませんでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。
2014-11-26 水 08:59:03 | URL | やっちん [編集]
このブログのとおり雑念を見ながらその雑念を克服するように意識を下げて行きました。そして身心脱落しました。ありがとうございます。
2014-11-26 水 19:52:44 | URL | ツヨシ [編集]
ギターを手放すことができません。なかなか座れなくて困っています。ギターを弾きながら悟ることができますか?
2014-11-26 水 23:18:10 | URL | hachi [編集]
Re: タイトルなし
つちくれ

 そうじゃ、自分にあった方法が一番良いのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
2014-11-30 日 19:08:38 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
taka
 そうじゃ、日常では流していけばよいのじゃ。
 気にして囚われれば、ますます気になるのじゃ。
 流すだけでも思考のコントロールは出来ている事になるのじゃ。
 そのまま続けるのじゃ。

 上達れば必要なときだけ考えられるようになるじゃろう。
 精進あるのみなのじゃ。
2014-11-30 日 19:12:04 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: コメント返信について
善慧
 
 すまんのう自分のコメントを承認していなかったのじゃ。
 正に菩薩の所業なのじゃ。
2014-11-30 日 19:21:16 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
やっちん

 観察とは今ここのありのままの状態を、そのままに見る事なのじゃ。
 何も浮かんでこないならば、それをそのまま観るだけで良いのじゃ。
 何も浮かんでこないと言う事を観察するのじゃ。
 それでもそこに何か感知できる事があるじゃろう。
 それをありのままに見るのじゃ。
2014-11-30 日 19:24:03 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
ツヨシ

 良かったのじゃ。
 更に精進あるのみなのじゃ。
2014-11-30 日 19:25:08 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
 hachi

 ギターを手放すことができないならば、ギターを瞑想の道具にするのじゃ。
 ギターの一音一音を鳴らし、それが完全に消えるまで集中して聞くのじゃ。
 更に音を観察もするのじゃ。
 音によって引き起こされる感情などを観察するのじゃ。

 それをする前に集中力を高めるために少し座ると良いのじゃ。
 それがおぬしの道になるじゃろう。
 音にも敏感になり、悟りも得られるようになるじゃろう。
2014-11-30 日 19:37:47 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
和尚さん、ご回答ありがとうございます。

>観察とは今ここのありのままの状態を、そのままに見る事なのじゃ。
>何も浮かんでこないと言う事を観察するのじゃ。

よくわかりました。やってみます。とてもとてもありがとうございます。
師走に入り寒くなって参りましたが、どうぞお大事にお過ごしくださいませ。
2014-12-01 月 06:03:49 | URL | やっちん [編集]
Re: タイトルなし
やっちん

 そうじゃ、やってみるのじゃ。
 おぬしも体に気をつけて精進するのじゃ。
2014-12-21 日 20:57:16 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad