■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
慈悲によって幸福になるのじゃ。
 お釈迦様は清い心でいれば、福楽は影のように付き従うといっておる。
 清い心とは何かといえば慈悲の心なのじゃ。

 人が慈悲の心を持って日々を過ごせば、幸運も安楽も自ずからやってきて離れないのじゃ。
 それこそが幸福への道なのじゃ。

 どれほど知識や金や名声や権力があっても、慈悲が無ければ幸福も安楽も無いものじゃ。
 慈悲が無ければ知識は疑いを生み、金は不安の元となり、名声は非難となり、権力は恐れを生じるのじゃ。

 慈悲によって人を導かなければ、多くの知識は却って猜疑心を生むのじゃ。
 慈悲が無いまま資産を作れば、人はそれを奪おうとするから不安の元となるのじゃ。
 権力によって人を無慈悲に扱えば、恨みを生じ、自分も無慈悲に扱われるのではないかという恐れを生じるのじゃ。

 常に慈悲を持って衆生に優しくすれば、かえって自分の元に良い報いが返ってくるのじゃ。
 それが情けは人のためならずという格言の本当の意味なのじゃ。

 人の社会は慈悲を持って存在する理由となっているのじゃ。
 慈悲の無い社会は強い者だけが得をする弱肉強食の野生の世界と同じなのじゃ。

 そのような社会が速やかに無くなるのは当然なのじゃ。
 慈悲の多い世の中こそ人々長く存続させようと願うから、長く続くのじゃ。

 社会の規則も慈悲によって司るのが肝心なのじゃ。
 時には規則に反しても慈悲を優先させるのが良いのじゃ。

 規則は人のためにあるのであり、規則のために人があるのではないのじゃ。
 そこの所をよく心得ていないと、時に恐ろしいことにもなるのじゃ。

 心理学者の実験でも、人が規則によって命令されると、どんな恐ろしいことでもやってしまうという結果があるのじゃ。
 そのような心理があるから戦争中に残虐な事が多く起きても不思議ではないのじゃ。

 規則に何でも無条件に従う習慣が身についていると、そのような事も起こるのじゃ。
 常に慈悲を心がけていれば、規則によって無慈悲な事をする恐れも無いのじゃ。

 お釈迦様の教えだけでなく多くの宗教によって認められる善事も、全て慈悲によって行われるものじゃ。
 悟りを得たいとか、修行したいと思っていなくとも、人として生まれて幸福を願い、生まれ変わっても良い所にいきたいと思うならば、常に慈悲の心をもって善事を行うが良いのじゃ。

 常に慈悲の心をもって善事を行うならば、お釈迦様の言うとおり、常に幸福と安楽が付き従うじゃろう。
 そして良い所にいくことが約束されている故に、死ぬときにも不安は無いのじゃ。
 そのような者こそ人として生まれて良かったと言えるのじゃ。
スポンサーサイト


未分類 | 19:26:32 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
感動
凄く分かりやすくて、

感動いたしました!
2015-01-08 木 16:12:59 | URL | さお [編集]
Re: 感動
さお

 良かったのじゃ。
 またおいでなさい。
2015-01-19 月 20:19:53 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
鬼和尚様
私は数息観から始めている初心のものですが、
よろしければ2つについてご教授くださいませ。

1.最近聞いたCDのフレーズが頭のバックグラウンドで流れます。
なぜ流れるのでしょう?CDなどを聞くのは控えたほうがよろしいですか?

2.まだ早いと知りつつも、試しに雑念を観てみましたが、
呼吸から雑念に意識を移すと、腹式呼吸が止まってしまうようです。
意識しなくても腹式呼吸でいるようになりたいのですが、
推奨される方法はありますでしょうか?

2015-01-22 木 20:16:30 | URL | つちくれ [編集]
悟った後も
悟った後も、生き続けるのは、大変じゃないですか?

経済的不安、人間関係の苦しみ、異性への渇望etc

すべて、消えますか?

いまの時代を生きるのが、本当に、苦しくて。

生活保護を貰って、引きこもりたい気分です。
2015-02-01 日 02:15:06 | URL | さとり [編集]
Re: タイトルなし
つちくれ

1.それは雑念と同じく記憶によって再生されているだけなのじゃ。
  ただ流れていくままにして置けば、やがて消えていくのじゃ。
  されに注目して、意識を向けていると力を得ていつまでも流れるのじゃ。
  雑念の一つとして無視すると良いのじゃ。
 
2.長く続ければそれが習慣になり、無意識に行うようにもなるのじゃ。
   日常でも腹式呼吸を行っていると早く習慣になり、無意識でも止まらなくなるじゃろう。
   いろいろ試してみるのじゃ。
2015-02-01 日 20:09:15 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: 悟った後も
さとり

 悟ってしまえばもはや生きるのも苦ではないのじゃ。
 一切の苦は滅し、もはや願望もなく、喜びだけが有るのじゃ。
 苦があるならば原因を探して心の中を追求するのじゃ。

 原因がわかれば苦も滅するじゃろう。
 苦が無ければ悟っていなくとも楽になるのじゃ。
2015-02-01 日 20:14:54 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
ご指導ありがとうございました。
頭のなかの音楽は止めようとも思わず、そっと無視してやり過ごします。
腹式呼吸は習慣になるまで続けます。

数息観についてさらに2つよろしいでしょうか?

1.呼吸に意識を向けるときは、気迫的な真剣さが必要でしょうか?
それともリラックスのほうが重要でしょうか?個人的感想としては、後者は楽ですが
達成感的なものが乏しい気がします。

2.わたしの場合、目を閉じてしばらくすると青紫のもやもやしたものが視界?に見えてきます。
これも雑念と思われますが、止の練習中は呼吸に集中してこれを無視するとして、
観の前行の場合においては、これに集中し観察し続けることは、
その練習の目的に叶いますでしょうか?
2015-02-02 月 21:34:18 | URL | つちくれ [編集]
Re: タイトルなし

1.呼吸に意識を向けるときは、リラックスしたほうがよいのじゃ。
 強く集中していると長くは続かないのじゃ。
 無意識に集中するぐらいで居ればサマーディにも至れるのじゃ。

2.それは内光の一種なのじゃ。
 それに注意を向けているとさまざまに変化してとりとめもなく、また映像にも見えてくるものじゃ。
 迷いや障碍のもとになるから観察しないほうがよいのじゃ。
 それをみて感じる心を観察してみるのじゃ。
2015-02-24 火 20:27:44 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
ご教授ありがとうございました。

数息観はリラックスして行うようにいたします。
内光なるものは、観察の対象としてはふさわしくないとのことですので
気をつけることにいたします。

観察の行について質問なのですが、
まず練習として、小さな天然水晶の原石を前に置き観察しています。
見つめると、石の輪郭がうっすらと輝きだし、そのうち視界がとてもまぶしくなります。
瞳孔が開いているだけなのでは、とも思いますが、問題はないでしょうか。
このさいの心の状態としては、
見てこれを分析する、というのではなく、ただ見つめているという感覚です。
やりかたとして、正しいでしょうか。

よろしくおねがいいたします。

2015-02-26 木 20:55:49 | URL | つちくれ [編集]
Re: タイトルなし
つちくれ

 見ているだけでは観察ではないのじゃ。
 水晶でも本当によく観察してみれば、傷があったり、色むらがあったり、不純物が入っていたりするものじゃ。
 そのようなただ見ただけでは見落としてしまうような僅かな特徴を見出すのじゃ。

 そして観察していればまったく同じものでも日々、新たな発見が在るものじゃ。
 そのように観察してみるのじゃ。
2015-03-02 月 20:15:27 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
ご指導ありがとうございました。
観察の練習においては、同じ水晶をしつこく詳細に観察してみます。
2015-03-13 金 20:42:40 | URL | つちくれ [編集]
Re: タイトルなし
つちくれ

どういたしまして、またおいでなさい。
2015-03-16 月 19:55:37 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad