■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
サマーディへの道
ヨーガでは集中の瞑想の深さに三つの分類があるのじゃ。
 最初の集中段階はダーラナと呼ばれるのじゃ。

 ダーラナでは強い意志を以って呼吸などの対象に集中し、他の雑念などに囚われないようにするのじゃ。 
 最初に瞑想をしようとするならば、いらいらしたり、雑根に囚われたりして上手く行かなかったりするものじゃ。
 それらを克服して集中し続ける事が出来るようになったならば、この段階に達したと見て良いのじゃ。

 その次の段階をディヤーナと呼ぶのじゃ。
 中国に伝わった時に禅那と音訳されて、禅の元になったものじゃ。
 ディヤーナは強い意志で集中し続けなくとも、自然に集中が続いていく状態なのじゃ。
 ダーラナとの違いは、このように意志で保たなくとも、自然に集中が続く事なのじゃ。

 最後がサマーディなのじゃ。
 集中が強くなり、自我を忘れた状態なのじゃ。
 ディヤーナでは未だ自我は起こっているが、サマーディでは忘れ去られているのじゃ。
 サマーディにまで到達したならば、自我を忘れたり、思い起こす事も度々起こる故に、自我も観易くなるものじゃ。

 止観を行うならばディヤーナまででも、自我を観る事が出来るのであるが、サマーディにまで到達したならば、より容易に自我を観る事が可能になるのじゃ。
 自我を忘れる事で自我の制約を離れ、その消失による恐れなども消えるからなのじゃ。 
 ディヤーナにまで達したならば、自我を忘れる事でサマーディにまで達する事も容易になるものじゃ。
 自我は観念である故に、自分の観念を忘れるように念じればサマーディも近いのじゃ。
 ディヤーナに入れば心のコントロールもかなり出来るようになっている故に、自分の名前やイメージなどの観念を忘れるように念じれば、速やかに対象の無いサマーディにも入れるようになるのじゃ。

 最初にサマーディに入ると、ただ単に意識を無くしてしまったと思えるかも知れん。
 しかし、それは自我が主体と思っているから、意識が無くなったと思うだけなのじゃ。
 実際には意識はあり、その間の記憶も思い出すようにすれば思い出せるのじゃ。

 何度もサマーディに入れば、その最中でも意識はあると知れるじゃろう。
 そして自我は忘れたり思い出したり出来る観念と気づき、完全に厭離されるのじゃ。
 そのような無我の状態で、認識をも滅すれば真の悟りが得られるのじゃ。
 修行者はこのような法をも実践し、進んでいくと良いのじゃ。
スポンサーサイト


悟りを得るための修行法 | 18:56:33 | Trackback(0) | Comments(24)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-10-02 金 20:49:13 | | [編集]
鬼和尚さま、

ありがとうございます。 
数息観、頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧
2015-10-03 土 12:56:06 | URL | 水月 [編集]
鬼和尚
僕に無理なく悟りを開くためのカリキュラムを与えてください。瞑想だけでなく食生活なども含め1日のスケジュールなど。多分挫折はしますが悟りを目指す事は絶対諦めません。
・気持ちは弱いです
・酒好きです
・今のところ1日20分なら瞑想もどき(座っているだけ)できます
あと過去に瞑想中半寝だけど覚めてる感じでグワングワン身体が震える感覚が何度かありましたが、なんなんでしょうか。そのときは自分では思考を止めるために結構頑張っていました。自分の身体をちょっと後ろで見てるイメージもありました。
とりあえず仕事をしながら無理なくできるスケジュールを教えてください。
とにかく観察をしろなどと言われればそれまでですが、生活面の指導もしていただければありがたいです。
他にあど
2015-10-07 水 22:13:52 | URL | しだずきいか [編集]
サマーディなのでしょうか
こんにちは、数息観をしているときに胸のあたりが空っぽになって自分が消えたような感じになりました。これがサマーディなのかなと思います。体の感覚もそれほど感じなくなっています。
これからも精進し続けていきます。
2015-10-15 木 17:42:52 | URL | 梅田 [編集]
Re: タイトルなし
善慧

 直したのじゃ。
 ありがとうなのじゃ。

 そうじゃ、精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2015-10-21 水 20:51:13 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
水月

 そうじゃ、精進あるのみじゃ。
 またおいでなさい。
2015-10-21 水 21:30:54 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
しだずきいか
 
 意欲があるのは善いことじゃ。
 悟りが得られると思っていれば悟りも得られるじゃろう。

 朝起きて10分ぐらい瞑想すると良いのじゃ。
 昼も10分位すると良いのじゃ。
 夜寝るときにも20分ぐらいすると良いのじゃ。

 酒は飲まないほうが良いのじゃ。
 豆腐とか、野菜根菜を食べるのじゃ。
 お菓子はやめて果物やドライフルーツなどをたべるのじゃ。

 瞑想すれば自分が消えていくような感覚も起こるが、何が起きても受け入れるのじゃ。
 そうすれば進んでいくじゃろう。
2015-10-21 水 21:44:56 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: サマーディなのでしょうか
梅田
 サマーディに入っているようじゃ。
 恐れずにそのまま修行し続けるのじゃ。
 無理にその境地に入ろうとせずひたすら集中を続ければ、容易に入れるようになるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。
2015-10-21 水 21:47:04 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
瞑想を捨てる
こんばんは。
心の苦しみと発生する日常を観察し続ける中、あれから観える景色が随分変わってきました。
しかし最近になり家族から、私の心が家族に向いていないことを詰られ、瞑想する時間を削り家族をみることを求められました。
家族のためにも笑顔でいれる自分でいる、そのために自分を造ることも念頭に瞑想してきた自分がいます。実際は朝30分、夜30分の時間の瞑想。それ以外は家族をないがしろにしていません。しかし瞑想すら削ることを求めてきた家族にやりきれなさを感じています。
観察すると瞑想を正当化する自分、瞑想に逃避している自分、瞑想にすべてをゆだねている自分がいることに気づきました。
実際、瞑想をしていたから心と肉体が保てていたことに気づきました。
瞑想しないと身も心も苦しく何も手が付きません。
瞑想があったから救われていた自分に改めて気づき、今回の観えた瞑想を捨てられない自分。
正直どうしてよいのか朦朧としています。
瞑想を捨てる恐怖は、自分がなくなる恐怖。
根本的な苦しみは全く解決されていない中、さらなる混迷が増えています。それらを瞑想で観つめてきたのですが、その瞑想を否定されては解決する術はありません。
気が狂いそうです。
助けて欲しいと口に出したいが、出すこともできず、出して解決することもありません。
観察と苦しみが続いています。
答えはわかるのですがあえて聞きたいです。
私はどうすればよいのでしょうか?


2015-10-26 月 19:28:31 | URL | 夢 [編集]
コメントありがとうございます
鬼和尚様の言葉「実践ああるのみなのじゃ」は全くその通りだと思います。
数息観についてですがときどき数を数えない数息観をしたり途中で息を数秒間でも止めたりすると意識が深く内側に入っていくことに気が付きました。
それからサマーディに入っている時にテレビを見たのですが色がちらちらするだけのものにしか見えず内容が全く把握でなくなっている状態になることもあるのだということも分かりました。
これからも実践あるのみです。
2015-11-02 月 12:42:56 | URL | 梅田 [編集]
Re: 瞑想を捨てる


 家族にも教えて一緒にやると良いのじゃ。
 自分にこのような善いことが在ったからと薦めればそれも慈悲の行いになるのじゃ。
 善いことを薦めるのであるからのう。
 それこそ本当に家族のためなのじゃ。
 家族の中には迷信に囚われていて抵抗する者もいるかも知れんが、自分が体験して良い効果があったものならば、自信を持って薦められるのじゃ。
 そのように家族の為に尽くしてみるのじゃ。
2015-11-02 月 15:36:02 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: コメントありがとうございます
梅田

 かなり進歩しているのじゃ。
 数息観でも数えないほうがよい時は、もはや数は数えなくて良いのじゃ。
 それも瞑想の助けでしかないからのう。
 サマーディにより認識も止まっているのじゃ。
 後は意志によって自我を観察すれば観照も起こるじゃろう。
 恐れずに進んでいくのじゃ。
2015-11-02 月 15:40:10 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
自分を客観的に観るためには、それ相応の想いと覚悟がいるように思います。
その意味では、例え家族でも本当の意味では伝わってないように感じています。
伝わっていないことについて自分の感じるものも観察の対象としてしてはいますが、自分と家族の立ち位置の違いは、
徐々に鮮明になっていくように思います。
2015-11-07 土 23:14:47 | URL | 夢 [編集]
ご質問致します
はじめまして。
単純にお風呂が好きで、もうかれこれ15年来、毎日毎朝2~3時間お風呂に浸かっています。半身浴とも、瞑想とも考えたこともなく、悟りとかも意識したことがありませんでした。眠るというわけでなく、ただぼーっとしているだけですが、そのせいか日頃から、こだわりがなく感情が薄く、ストレスもなく生活しています。
和尚様のブログを全部読んで数日前から思い立って瞑想を始めてみたのですが、存外澄み渡っているというか、何も出てこないというか、自我のとっかかりが掴めない感じかあります。瞑想中に空気となってxyzの座標軸に共鳴する感覚や、パソコン画面が宇宙になって、目を閉じると宇宙ではないパソコンモニター自体が目の中に入って来たりはしましたが、自我というものにどの方向から対面するのか分かりません。修行あるのみですので、鉄壁の自我があるのだろうと疑念を持って当たってはおりますが、迷いの道に進まない為にも、和尚様が思うところがありましたらご教示くださいませ。
よろしくお願いいたします。
2015-11-21 土 05:48:18 | URL | ふろずき [編集]
Re: タイトルなし

 
 そうじゃ、家族といえども他人なのじゃ。
 完全に理解し合えるはずも無いのじゃ。
 犀の角のように独り歩むのじゃ。
 自他の分別を捨てられたならばもっと大きな意識によって一つであると気づくじゃろう。
2015-11-22 日 20:42:00 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: ご質問致します
ふろずき

 人の認識は観念によって為されているのじゃ。
 観念は名前とイメージによって成り立っているのじゃ。
 そうであるから自我も名前とイメージによって認識される観念なのじゃ。
 自分の名前を思うとイメージも起こることを観察するのじゃ。
 逆にイメージを思い出すと名前も起こることを観察するのじゃ。
 そして名前がないときはイメージが無く、イメージが無いときは名前も無い事を観察するのじゃ。
 少しずつ実践していくのじゃ。
2015-11-22 日 20:49:43 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
ありがとうございます
前回ご回答頂いた日に、名前を想起しながら自分自身の歴史を振り返ってみたら、明くる日朝目覚めた時に意識が剥離しているのに気づきました。その後また自我へのきっかけを失ったのですが、昨日、言葉を心の中で発している本体がいることが分かって、疑心から確信に変わったところで、思いっきり目が覚めました(自我の防衛本能に逃げられた) 和尚様の記事をひとつ読んで瞑想を繰り返しているうちに、釈尊が直伝とした意図が分かってきたきた気がします。今後も精進致します。
2015-11-27 金 14:13:51 | URL | ふろずき [編集]
Re: ありがとうございます
ふろずき

 かなり進歩しているのじゃ。
 そのように日々精進すれば悟りもやってくるじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2015-12-02 水 23:18:29 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
初めて自我を落とした時意識が残っていて
それまでとの違いから激しく違和感を感じたと記憶しています。
自我は意識の上に薄らとフィルムの様な膜が張り付いてるイメージでした。
その後自分の慢心から自我が再び作成されましたが
自我の仕組みが観えた?ので再度自我が消えたように感じます。
自我は何かに少しでも執着すると作成されるのではないかと感じました。
その少しの執着にさらに執着すると苦が生じるとも感じました。
最近は日々の生活も意識の状態で過ごせてるように感じますが
無認識の境地がわかりそうでわかりません。
言葉のしようがない、表現しづらいともなんとなくわかるのですが
無認識の境地に関して記事を書いて頂けないでしょうか?
2016-01-11 月 19:03:10 | URL | 名無し [編集]
Re: タイトルなし
名無し

 自我が無くなったのならば何がその状態を観ているのか、観察してみるのじゃ。
 自我が無くなってもその状態を認識できるならば、それを観ているものがあるのじゃ。
 それを観るのじゃ。
 真に自我が無くなったのならば、それは容易に観えるじゃろう。
 観えないならば未だ自我が残っているのじゃろう。
 
 それが観察によって滅したならば、観念の無い状態に入るのじゃ。
 それが無認識なのじゃ。
 もはや言葉によっては表されない境地なのじゃ。
 そこに至って大悟徹底なのじゃ。
2016-01-20 水 21:14:21 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
鬼和尚、回答ありがとうございます。

自我が止まっただけなのか、消えたのか正直よくわかりません。
肉体などへの自己同一化が残っているという事は
自我が消えていない証拠と思って良いのでしょうか?

その時は非常に観察がやりやすかったと感じました。
自我が止まって?いたので肉体、感覚、思考への自己同一化が
はっきりと観察出来ていたように感じます。
肉体の反応に対して記憶が再生されているなと観察していました。

自我が消えた?止まった?と思ったのに
肉体などへの自己同一化が残っててよくわからなくなりました。
今、少し疑問に思ったのですが
肉体などへの自己同一化というのは
肉体と認識が同一されているという事なのでしょうか?
肉体などへの同一化すらも認識の誤謬のように思えてきました。

再び自我が生まれている状態なので
止める?消す?状態になって改めて考察してからコメントします。
2016-01-21 木 03:40:29 | URL | 名無し [編集]
鬼和尚、ありがとうございます。
自分は自我が無くなった後の観察しているものを自分と思って
頭がこんがらがっていたのだと思います。
自我が消えたはずなのに自分がいる。どういう事??って感じで。

認識すらも無くすという意味合いがやっとわかりました。
いまだ認識は健在ですが悟りへの道筋が観えてほっとしています。
もう一度自我を無くすところから始めなければなりませんが
焦らず、慢心せず、地道に止観の行を行って悟りを完成させようと思います。

本当にありがとうございます。
2016-01-21 木 15:12:14 | URL | 名無し [編集]
Re: タイトルなし
名無し
 
 自我は消えていないのじゃ。
 思考が止まっただけなのじゃ。

 肉体と自分という観念が同一化されているのじゃ。
 それも観察されればわかることなのじゃ。
 囚われずに進むのじゃ。
2016-02-01 月 19:37:35 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
名無し

 そうじゃ、慢心せずに進むのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
2016-02-01 月 19:45:27 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad