■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
観察は習慣によってはいかんのじゃ。
 苦を滅するためには先ず最初に、それがどのような苦であるかを見わけなければならんのじゃ。
 苦が見わけられなければ、原因も分からず、滅することはできないのじゃ。

 例えば周りに人が居ない孤独と、愛する者と別れた苦は違うものじゃ。
 周りに人が居ないと不安や心細という感情があり、それが苦になるものじゃ。
 孤独の苦なのじゃ。
 それは自分という者があるという観念に対する執着が原因となっているのじゃ。

 愛する者と別れた苦は愛別離苦といい、愛する者への執着が原因なのじゃ。
 共に周りに人が居らず、孤独を感じる故に、同じものと間違いやすいが感じる苦は違い、原因も違うのじゃ。

 そのように同じような状況で同じ苦に見えても、それぞれ違う苦があるのじゃ。
 苦が違えば原因も違い、それぞれに自らの本心を観察して見わけなければならんのじゃ。

 観察というものに慣れてしまうと、時に似たような苦には同じものであろうと見当を付けてしまい、同じ原因として観たりするものじゃ。
 しかし、実は違う苦であれば原因も異なり、観察も効果が無かったりするのじゃ。

 観察は常に自分の心の中に新しい何かを発見する心構えで行わなければならんのじゃ。
 習慣化してしまうと観察ではなくなるのじゃ。
 観念を観ているだけになってしまうのじゃ。

 記憶に依存している人間は、同じことを繰り返していると、つい習慣化してしまい、観念遊戯に陥ってしまうものじゃ。
 観念をもてあそぶのは観察ではないのじゃ。

 常に心の中に新しい何を見つけようと、全ての注意力を注ぐのが観察なのじゃ。
 それによって困難な苦の見わけもつくものじゃ。

 更に人は生き物の本能によって苦しいことからは逃げようとするから、苦からも目を逸らす作用が働くのじゃ。
 苦が人の心にあり続けるのも、そのような逃避があるからなのじゃ。
 時には何年も、或いは何十年も苦から逃避し続けて一生苦しんだりもするのじゃ。

 そのような逃避からも脱却するために、観察は全ての注意力と集中力をもって行わなければならんのじゃ。
 全ての注意力と集中力をもって観察を行えば、苦も見分けがつき、確実に滅することもできるのじゃ。
 このように観察は習慣によってはならず、逃避も乗り越えていかなければならぬ故に真に困難であるが、実践できれば確実に苦を滅し、悟りに導くことができるのじゃ。
 修行者は力を尽くして実践するがよいのじゃ。
 
スポンサーサイト


悟りを得るための修行法 | 23:47:45 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
こんにちは。鬼和尚さん。

こちらのブログをよく読んでいました。そこからインスピレーションを受けて、執着と嫌悪を観察し自我を滅し続けてある時点に到達すると、もはや何もしなくて良いのか。という所に落ち着き、後は死を待つのみという感覚がしました。そこで、恋人に対する執着だけを持って今を生きることにしました。しかし、それもいずれは滅します。いずれは次のステージに行くのですが、それがどのような世界か楽しみです。
もしかしたらもうこのサイトももう見ることは無いと感じたので、今までのお礼を述べようと思いました。
ありがとうございました。
2017-03-14 火 17:36:45 | URL | 和平 [編集]
Re: タイトルなし
和平

 どういたしまして、またおいでなさい。
2017-03-21 火 21:18:59 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-24 金 12:26:56 | | [編集]
修行の実習における苦の区別について
はじめまして、鬼和尚さん。

いつも鬼和尚さんの記事を拝見しとても参考にしております。

今回は、修行の実習における苦の区別についてお伺いします。

2009年4月の記事では、苦の観察の実修について記されています。

そして、苦は因により生じ縁により起き、苦が次々に起き増大し、それに自我を投影して終わるという結果までが一連の展開で、これを順番に観察していくのが順観、逆から順番に観察していくのが逆観とされております。

しかし、自分が今観察して発見した苦について、苦は様々な段階で発現するので、どの苦に該当するかの区別がつきません。

ひいては苦の順観や逆観も不可能であるように思われるのですが、なにか良い方法はないものでしょうか。

ご教授お願いします。
2017-03-28 火 01:39:38 | URL | 進路探訪者 [編集]
Re: タイトルなし
そらの…

 特に危うくも無いのじゃ。
 自我の投射が弱くなると誰でもそう感じるものじゃ。
 クリシュナムルティもそのように感じたとか書いて居ったのじゃ。
 必要な体験ということもないのじゃ。
 囚われずに進むのじゃ。
2017-04-02 日 20:35:32 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: 修行の実習における苦の区別について
進路探訪者

 そのような場合は苦だけを詳細に観察するのじゃ。
 そしてどのような苦であるかわかったら縁起を観察すればよいのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
2017-04-02 日 20:37:53 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
お礼
ご返信遅れ申し訳ございませんでした。

ご回答ありがとうございました。

実は、ご存じだと思うのですが掲示板でも質問いたしました。

二重投稿という結果となり申し訳ありません。

にもかかわらずお答えくださりありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。
2017-04-17 月 01:07:34 | URL | 進路探訪者 [編集]
Re: お礼
進路探訪者

 どういたしまして、またおいでなさい。
2017-04-20 木 22:19:22 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad