■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
更に徹底した観察をするのじゃ。
 お釈迦様の説いた法は集中の他には多くが観察の法なのじゃ。
 あらゆる方法で徹底した観察をすることこそ悟りに向かう方法なのじゃ。

 縁によって起こる心の働きを観る縁起の法だけではなく、さまざまな方法をお釈迦様は教えているのじゃ。
 五蘊によって心身を観察するのもその方法の一つなのじゃ。
 別に身受心法の四つに区別して観察する方法もあるのじゃ。
 特に明確にこれらの法に名を付けているのではないが、それぞれ別の方式によるのは確かなのじゃ。

 或いは又目などの感覚器官と視覚などの感覚を十二の処にわけて観察するものもあるのじゃ。
 更に感覚の世界を足して十八処の観察をするのもあるのじゃ。

 それら全てに共通するのはとにかく徹底した観察をするという事なのじゃ。
 心身を徹底して観察することで自我も完全に観察され、厭離が起こるのじゃ。

 その観察も難しいものではないのじゃ。
 人が生きて行く上で、度々観察は行っているものじゃ。

 医者が患者の顔色などを観て診断している時、観察を行っているのじゃ。
 或いはパン屋がパン生地を捏ねて混ざり物がないか観ている時も観察を行っているのじゃ。
 
 母親が子供の服を選ぶ時、観察をしているのじゃ。
 道を渡る時に車が来ないか見渡しているのも観察なのじゃ。

 それらの観察を自らの心の中に向ける時、変容は起こるのじゃ。
 ただ集中力が無ければ、観察は続かないのじゃ。

 そのように観察は誰にでも出来る方法であり、自分に向いた方法を探すのが続ける原動力となるのじゃ。
 悟りを目指す修行者は自らに合った観察を日々実践し、進んでいくがよいのじゃ。

 
スポンサーサイト


悟りを得るための修行法 | 20:29:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad