■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
善悪は心によって成されるのじゃ。
  お釈迦様は福楽を求めるならば、悪いことをせずに善い事をするのじゃ、と教えておる。
 そのような善悪も、心によって成されることをも教えているのじゃ。
 行為とその結果がどうであろうと、心に悪意があれば悪であり、善意があれば善いことなのじゃ。

 例えば道の真ん中にでかい石が転がっていたとしよう。
 このでかい石を悪意のある者が、
 「道の真ん中に転がっていてもみんな気付いて避けてしまうから、道の端に転がして誰かを転ばそう」などと考えて道の端に転がせば、悪となるのじゃ。

 善意を持つ者が、
 「このような石が道の真ん中にあれば、道行く人が躓くかも知れんから道の端に転がしておこう」と、考えて道の端に石を転がせば、善となるのじゃ。

 このように道の真ん中にあった石を道の端に転がすという、行為はまったく同じでも、心に悪意があれば悪となり、善意があれば善となるのじゃ。
 そしてそれぞれに相応しい報いを、心がもたらすのじゃ。

 このような基準を知らなければ、善い事をしているつもりで善くない事をしている事もあるものじゃ。
 そのような例は多くあるじゃろう。

 本来は善い事として始めた事が、次第にただの習慣となり、やがては欲や見栄のために行うようになれば、もはや善ではなくなるものじゃ。
 或いは常日頃から人のためにと掃除などをしていたが、ある日心に怒りがあるまま習慣として掃除をしていれば、善いことではなくなるのじゃ。

 そのように善事とは心で成される故に、自らの心の持ちようで善も悪になってしまう事があるのじゃ。
 他の人のためにと慈悲の心から行うのが、本当の善事なのじゃ。

 例え莫大な金銭を施そうとも、見栄や何かの得をするために行うならば善ではないのじゃ。
 僅かな施しでも哀れみの心で行えば善事となるのじゃ。

 善を成そうとする行いが、善ではなくなってしまわないように、常日頃から自らの本心をかえりみて、何事かを成すときにこれは慈悲からの行いなのか、悪意や怒りや欲から行おうとしているのか吟味すべきなのじゃ。
 そうすれば心も整えられ、善事を間違わずに行う善人となり、福楽も付き従うようになるのじゃ。
 自らの本心を観察しながら、実践あるのみなのじゃ。
スポンサーサイト


運気向上法 | 12:37:30 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-05-07 日 02:21:24 | | [編集]
Re: タイトルなし
そらくんパパ

 休みでもわしも修業一筋なのじゃ。
実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2017-05-24 水 13:30:22 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
鬼和尚 様

初めまして。
自分なりに真理を求め修行中の、
ハンドルネーム「旅の客人」と申します。
先日、“他人の過失を見るなかれ”を検索中、偶然ブログを拝見しました。私の知る限りに於いて、現代で悟りを開いた人物と言われる、タイの森林派仏教僧(既入滅)の“アーチャン・チャー”の本を読み込み実践して参りましたが、存命中の同国人が母国語で、全く同じ事を説かれている事に驚き、ブログを読む内に確信にかわりました(当ブログと、「したらば」をご覧になっている皆さんも、私同様“当に奇跡”と思われている方も多いのではないかと思います)。

和尚にご指南を頂ければ有り難いのですが、未だ観念の域内になぬ事と思いますが、一修行者の、この世に対する下記意識についてご指摘を賜れれば幸いです。

どうぞ宜しくお願いします。

              旅の客人


●流れる川の水の様に

人が、私・貴方・自然・星・宇宙と呼んでいる
ものは、その根本(本質)に於いて本来、同一のものであり、一体であり、平等である。

流れる川の水の一部に、私だ、貴方だ、人だ、虫だ、動物だ、木だ、石だ、雲だ、星だ、宇宙だ、などと勝手な名前を付けて
呼んでいる様なものに過ぎない。

川の水は流れにより常に混ざりあい、変化しており、一部分だけを分けたり切り取り個(個我・自我)とする事は出来ず、その様な考えは、思考・感情・記憶がもたらす観念に過ぎず、実体は無い。

この世界に存在すると思われている、形・名前をもつもの全ては、流れる川の水の一部の様なものであり、そこに私や貴方や人や虫や動物や男や女や雄や雌などと呼ばれる個別のもの(個我・自我)などと言うものは存在せず、

“一切のものは、同一であり、一体であり、
平等である”

と明らかに知る時、人と呼ばれていたものは、一切の苦しみから離れる。

        (※長文失礼を致しました)

2017-05-30 火 00:55:51 | URL | 旅の客人 [編集]
Re: タイトルなし
旅の客人

 善い事じゃ。
 生きていてる仏陀に会うことは稀なことじゃ。
 今のうちに自らの疑問を聞くとよいのじゃ。
 道標になるじゃろう。
 またおいでなさい。
2017-06-02 金 21:25:53 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-13 火 19:54:22 | | [編集]
Re: 初めまして
三輪香雪

 自らの進路は自らの志す所で決まるのじゃ。
 人として世間で生きて福楽を得たいならば、善事を積むとよいのじゃ。
 苦からの解放を願うだけならば、苦を滅したらよいのじゃ。
 悟りを目指すならばそのまま止観を行い、心身を観察したらよいのじゃ。
 自らを観察する事で自分が今どのあたりにいるかわかるじゃろう。
 自らの本心を観る以外に判定の方法はないのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
2017-06-14 水 21:03:57 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
遅くなりました
鬼和尚様

ご返事ありがとうございます。
何かモヤモヤしていたものがすっきりした感じがしております。
やはり自灯明ということで、できる限り励んでいければと改めて思いました。

実践あるのみ、がんばろうと思います。

それでは失礼いたします。
2017-06-15 木 17:54:41 | URL | 三輪香雪 [編集]
Re: 遅くなりました
三輪香雪

 どういたしまして、またおいでなさい。
2017-06-17 土 21:07:48 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
仕事でお金を稼ぐことについて
鬼和尚様、こんにちは。
私は会社員ではなく、自分で仕事を企画して行っています。
その際に、人のためになるようにとも考えておりますが、自分が稼ぎたい、儲けたいという気持ちも大いにあります。
無償でも同じことを行うかと言われたら、残念ながら、おそらくやらないでしょう。
ただし、他人のためになることをやっているという意識があるのも事実です。つまり、両方の思いがあります。
この場合、いくら結果的に他人のためになったとしても、自分の欲も大いにあるので、善の純度も低いということですよね?
鬼和尚様のように無償で人のためだけに与えようとは、まだまだ思えません。

また、偽善も善のうち、何もしないよりもいい、ということを何度か聞いたことがあります。
たとえば松井一代さんは連休中も被災地でボランティアをしていますアピールをしていますが、それがもし本人の欲得のためであったら、実際に被災者が助かったとしても悪だということになるのでしょうか?
悪であれば、家で何もしていないよりも悪いということになるのでしょうか?
そのあたりのご意見をお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。
2017-08-11 金 20:22:24 | URL | あむ [編集]
Re: 仕事でお金を稼ぐことについて
あむ

 偽善でも助かるものがいるならばしたほうがよいのじゃ。
 助かった者はありがたいと思うじゃろう。
 そして自らも他人を助けたいと思うかもしれん。
 そうなれば偽善も真の善を生むことにもなるのじゃ。

 悪いことはやらんほうがよいのじゃ。
 心で人を憎んでもなにもしなければ他人を傷つけることも無いのじゃ。
 それもまた自他を助ける道になるのじゃ。
 そのように理解するとよいのじゃ。
2017-08-16 水 20:39:16 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad