■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
正しい信念
 修業の妨げになる煩悩は三毒と呼ばれるものじゃ。
 貪欲、瞋恚、愚痴の三つなのじゃ。

 貪欲は必要以上に執着し、求める欲なのじゃ。
 執着は苦を次々に生み出し、修業の妨げになるじゃろう。

 瞋恚は怒りなのじゃ。
 一度怒れば長く興奮が続き、心を統一して観察する事もできないのじゃ。

 最後の愚痴は今のように不満を言う事ではなく、愚かさなのじゃ。
 自分があるという観念である無明こそが最も妨げになる愚かさであるのじゃ。
 それは大きく見れば自分というものを知らない愚かさでもあるのじゃ。
 
 自我が観念であることを気付かないのは最大の過ちであるが、それ以前に自己イメージが卑小であれば、悟りを得る可能性も少なくなってしまうのじゃ。
 多くの者は自分のイメージが本当の実力より過小であると信じておる。
 それによって自ら力を制御してしまうのじゃ。

 昔みんなから頭が悪いと思われていた者が居ったのじゃ。
 自分でも頭が悪いと思って低賃金の仕事ばかりしていたのじゃ。
 ある時、IQを計ってみたら150という天才並にあったのじゃ。
 自分が天才だとわかってからその者は会社を作って金持ち社長になったのじゃ。
 
 そのように真実ではない誰かに与えられた自己イメージを信じてしまうと、実力も行いも制限されてしまうのじゃ。
 それは修業の道にも影響してしまうのじゃ。
 自分には到底悟りなど得られないと信じていると、その通りになってしまうじゃろう。
 自分には出来る、自分にも悟りは得られると信じるとその通りになるのじゃ。

 そのように大抵の者が自己イメージの低い原因は、子供の頃に親とかに叱られてばかりいたからとかなのじゃ。
 親も子が憎くて叱るのではないのじゃ。
 例えば交通安全を教えないと命に関わるからと、厳しく叱ったりして教えたりするのじゃ。
 しかし、そのようなしつけによって子供は自分が駄目な者であるとか、信じてしまうのじゃ。

 そのような心の働きは観察によって滅することが出来るじゃろう。
 そして新たな信念を何度も繰り返し、心に植えつける事で変えることが出来るじゃろう。

 今ここに生まれここで正しい悟りへの道を知り、信じて実行できる者は大いなる幸運に恵まれているのじゃ。
 偉大な才能があり、修業を全うする事もできるのじゃ。
 慈悲と勇気を持ち、智慧があり悟りへの高い志がある者じゃ。
 やがて悟りを得て多くの者を助け、全人類の光となるじゃろう。
 かつてお釈迦様の元で悟りを得た阿羅漢の聖者達のように多くの者に渇仰され、教えを授ける者となる。
 人の世が続く限り人々が賞賛し、次の二千年以上もその名によって救いを求める者達の慈雨となるのじゃ。
 それこそが今ここで修業する者達が正しい信念とするべきなのじゃ。
スポンサーサイト


元気が出る説法 | 21:59:11 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-02 月 23:34:03 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-05 木 23:57:05 | | [編集]
Re: タイトルなし
そらくんパパ

 それの感情が起こるのもおぬしが優秀であるからなのじゃ。
 他人を見ずに自分のしたこととしなかったことだけを見るようにすれば心を揺らすことも無いのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2017-10-14 土 21:43:40 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
そらの…

 観照ではないが善い気付きなのじゃ。
 肉親の死は時に人を進歩させてくれるものじゃ。
 もはや空となった入れ物の肉体を悟りに向けて進ませるとよいのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
2017-10-14 土 21:46:45 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-18 水 21:30:07 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad