■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
帰宅の喩
 悟りとは人が変じて別の何かになることではないのじゃ。
 むしろ本来の状態に戻ることなのじゃ。
 偽りの観念世界から真実の家に帰ることとも言えるのじゃ。

 例えば金持ちの子が家に飽き足らず、どこか遠くへ旅に出たとしよう。
 その子は厳しい世間で何年も暮らし、乞食に成り果ててうろつきまわっていたのじゃ。
 持っている物は汚い破れた衣と、破れた地図とけものを打つ為の折れた杖と壊れたお椀だけなのじゃ。
 
 どんどん流れて行き着いたのはかつて暮らしていた自分の家だったのじゃ。
 しかしあまりに長くよそに行っていたために自分の家ということもわからなかったのじゃ。
 金持ちの子はただ一日の糧となる食事を求めて、その家に行ったのじゃ。

 その家の門を叩くと金持ちの親が出てきたのじゃ。
 すると金持ちの親は直ぐにそれが自分の子供とわかったのじゃ。

 親は子にこう告げたのじゃ。
 「お前はわしの子じゃ。この門を入ればこの家も財産もこの地方の土地も全ておぬしのものじゃ。
  しかし、この門に入るにはその汚いものを全て捨てなければいかんのじゃ」
 すると子は直ぐに破れた衣を脱ぎ捨て、破れた地図も折れた杖も壊れたお椀も捨てたのじゃ。
 そして門に入り、家も財産も土地も全てを自分のものとすることができたのじゃ。
 
 悟りを求めるのも元からある本来の全てを取り戻すことなのじゃ。
 それには今自分のものと思っているものを悉く捨てなければいかんのじゃ。
 人が自分と思っている破れた衣のような自我。
 破れた地図のような愚かさ。
 獣を追うための折れた杖のような怒り。
 壊れたお椀のような貪欲。

 それらを捨ててようやく全てを得られる悟りの門に入れるのじゃ。

 自我は衣のように人を守り、他人から見られる自分があると言う観念なのじゃ。
 しかし、それは実は破れた衣のように心身を守れず、我執によって醜さをあらわすだけのものじゃ。
 自分の名前とイメージがその本体であり、それらのために人は自らの心身を疲弊させ、壊すのも厭わないのじゃ。
 その観念に囚われて全てを自分のものとしたいと思う醜さが現れるのじゃ。
 それは捨て去ってよい薄汚れた観念でしかないのじゃ。

 人の愚かさは破れた地図のようなものじゃ。
 我執や囚われによって人は愚かさを保ち、自らの利益を図ろうとして却って迷い、苦しんでいるのじゃ。
 それもまた必要な物ではないのじゃ。

 怒りは折れた杖のようなものじゃ。
 折れた杖でけものを打とうとしても役に立たないばかりか、自らを傷つけるものじゃ。
 恐れから逃れるために人は怒りを起こすが、それは却って自らを傷つけるのじゃ。
 そのような怒りも捨て去るべきものじゃ。

 貪欲は壊れたお椀のようなものじゃ。
 壊れたお椀に食物を入れても、こぼれてしまうからいつまでも一杯にならないのじゃ。
 そのように欲は不安に拠って起こるものであるから、限りが無いのじゃ。
 貪欲があればいつまでも満足することは無く、無駄に時間を過ごしてしまうのじゃ。
 それも捨てなければ悟りの門には入れないのじゃ。

 人がただ老病死の苦を逃れようとして悟りの道を行くのは、自分の家に一日の糧を求めて行くようなものじゃ。
 そのために今自分であり、自分のものとしている全てを捨てれば全てが得られるのじゃ。
 それは他から与えられるものではなく、自らが変ることでもなく、本来のありように回帰することなのじゃ。
 そのような悟りによって全てと本質的に繋がり、永遠の安楽に到達するのじゃ。
 修行者は実践によって確めるのじゃ。
スポンサーサイト


悟りの真実 | 00:24:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
鬼和尚様 ブログ更新、ネットでの指導いつもありがとう御座います。
まだ修業を始めて間がない未熟者です。修行上躓いたというか迷いがありますので質問させてください。
それは観察が思考に引きずり込まれてしまうことです。
私は普段は数息観を行い、しばらくしたらその姿勢のまま観察をおこなっています。
目を開けて外部の様子を観察したり、体の感覚を観察するのは比較的やりやすいのですが、
心の中の観察がうまくできずに、壁にぶち当たっています。
例えば苦を滅するために苦を観察するとします。
自分は町で知らない人から警戒感や敵意ある視線を向けられる
ことがかなり多く、これが苦痛です。自分では外見はおかしくないと思います。
① 「自分は何もしていないのに知らない人から警戒感や敵意ある視線を向けられる
そのような状態が苦である」
と心に思い浮かべます。
② 次に苦の原因を観察しようとしますが、瞑想しても何も浮かんできません。
「自分の持っている良いイメージが傷つけられた。自分は怖くない優しい人間なのに」
とか「失礼な態度に対して穏便に済まそうとして何もしない、出来ない自分が情けない」
もっとストレートに「舐められたことが悔しい」とか思いますが、これらは過去の思考の
記憶からの連想だと思います。

観察とはありのままを見るということですが①で思い浮かんだ苦を集中して念じていれば
その苦の原因がすっと脳裏にわいてくるイメージなのでしょうか?自分の場合は思考しないで
集中して観察しようとしてもいつの間にか何故①が苦に感じるのかと因果関係を思考してしまいます。
視覚や体の感覚を使った観察はできそうですが、目に見えない心の観察の仕方がうまく掴めません。
自分では己の弱さを認めプライドを捨て謙虚になっているつもりです。まだ数息観を始めて
2か月ぐらいでまだまだ集中が足りず、深い瞑想状態には至っていないから本当の観察が出来ない
のでしょうか?それとも他に観察を妨げる問題点があるのでしょうか?
下手くそな文章で申し訳ありませんが何かアドバイスを頂きたいです。
2018-02-04 日 22:28:56 | URL | はげちゃん [編集]
Re: タイトルなし
>はげちゃん

 まだ集中力がたりないようじゃ。
 苦は原因を思い浮かべれば自然に起こる事を観察するのじゃ。
 原因がわかるまで苦をよく観察するのじゃ。
 その苦に関連する過去の出来事などを思い出すのじゃ。
 それにも集中力が必要なのじゃ。
 実践有るのみなのじゃ。
2018-02-26 月 22:45:51 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad