FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
苦によって進歩するのじゃ。
  この世界に苦は尽きないものじゃ。
 この世で苦を味わった事の有る者や、今苦の中にある者もいるじゃろう。
 執着によって、身の病によって、貧窮によって、あらゆる苦がこの世に生きる者には襲い掛かるものじゃ。

 果てしなく続くように思える苦に、人は時に絶望してしまうかもしれん。
 この世で苦に悩まされた最後には、死の苦が待っておる。
 誰もが逃れられない苦なのじゃ。
 そのような一切苦のこの世に生きる意味はあるのかと、疑問にさえ思うかも知れん。

 しかし、そのような苦の中に真の幸福への道は有るものじゃ。
 人が苦に苛まれもはや今までの生活をも捨てて、新たな人生に脱却しようとする時、欺瞞を捨てて真の幸福への道は開かれるのじゃ。
 苦は確かに人にとって忌むべきものであるが、大局を見れば人を進歩させるものとも言えるのじゃ。

 苦がなければ決してしなかったであろう瞑想も、苦によって行うことが出来るじゃろう。
 瞑想をすれば心は整い、智慧もわくのじゃ。
 苦に負けない心が芽生えるのじゃ。

 更に苦を滅する法を知れば、自らの行いによって苦を克服できることも知れるのじゃ。
 苦は人を強く、賢くしてくれるのじゃ。
 
 今苦の最中に在る者にはわからんかもしれん。
 そのような法より今有る苦をどうにかしようと、酒や薬やさまざまな逃避に走ってしまう者も居るじゃろう。
 しかし、逃避は苦をますます強くするだけなのじゃ。

 逃避によって苦がなくなることは無いのじゃ。
 むしろ逃避に執着する苦が加算される故に、ますます苦が強くなるのじゃ。
 そのようにして人は苦から苦へと逃避し続け、何をして良いのかもわからない迷いに陥るのじゃ。

 苦は逃避によっては決してなくなりはしないのじゃ。
 そのことをはっきりと知って逃避をやめることが出来れば、真の苦を滅する法を行うことも出来るじゃろう。
 正しい法に従って観察すれば苦は滅することもできるのじゃ。

 苦は心に有る故に心を観察すれば苦は滅するのじゃ。
 たとえ身の痛みであっても、観察する事でそれが苦にはならないのじゃ。
 痛みよりも痛みによる不安、恐れが苦になるのじゃ。
 痛みは痛みだけのものと知り、それが自分ではないことに気づけば苦にはならないのじゃ。
 
 お釈迦様がこの世は一切が苦であると説いたのも、苦を滅する道が有るからなのじゃ。
 例えば冬に降り積もった多くの雪は何をしても消えることは無いが、春になれば忽ち全て融けて消えるように、逃避に拠ってなくなることの無い苦も正しく観察する事で全て無くすことも出来るのじゃ。
 正しく苦を観察し、苦が原因から起こる事を観察し、原因が無ければ苦が起こらないことを観察すれば苦は春の雪のように跡形も無く消えていくのじゃ。

 そして更に苦の根本原因である自分が有るという観念をも観られたならば、自我もなくなるのじゃ。
 更に認識をも観察すれば苦を起こす観念も無くなり、永遠の安らぎへと導かれるのじゃ。
 そこまで徹すれば一切の苦は永遠に無くなり、不死の境地に辿りつくのじゃ。
 その時にこそ苦は人が超越するためにあったと言えるのじゃ。
 
 
スポンサーサイト


元気が出る説法 | 23:24:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-21 水 23:49:08 | | [編集]
Re: タイトルなし
そらくんパパ

 他人には何も期待しないことじゃ。
 自分の修業を第一に専念するのじゃ。
 そうすれば煩わされることもないのじゃ。
 実践あるのみなのじや。
2018-04-04 水 21:57:45 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
観察によって苦がなくなってしまったら、自分を強くする機会を失うのではないだろうか?
2018-05-06 日 10:15:32 | URL | 蟻 [編集]
Re: タイトルなし


 
 苦しんで強くなるなどということは無いのじゃ。
 苦を滅することができればそれが強くなったということなのじゃ。
2018-05-17 木 13:59:48 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad