FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自らの価値観と評価を観察するのじゃ。
 未だ悟りを得ていない者には条件付けされた価値観と自己評価が心の中にあるものじゃ。
 その価値観と自己評価によって行いも決められてしまうのじゃ。
 それが善いものならば善い行いに繋がるが、悪いものならば悪い行いに繋がってしまうのじゃ。

 それらは親とか友人等によって条件付けされるのじゃ。

 例えば犯罪を良いものとする価値観を条件付けされた者は、泥棒より強盗が勇気が在るとか間違った価値観を身に付けてしまうものじゃ。
 そして今の自分は泥棒しかしていないから強盗をして勇気があることを証明しようとしてしまったりするのじゃ。
 そのようにして悪事を続け、何度捕まってもやめられないのじゃ。

 心にそのような価値観と自己評価の働きが在る限り、自分でやめようとしてもやめられないのじゃ。
 何の得にもならず、明らかに損になるとわかっているのにやめられないのじゃ。
 知性や理性で理解していることも、心の中の条件付けによる行いをとめることは出来ないのじゃ。

 逆に親から駄目な者とか条件付けされた者は、自分を駄目な者と想い、駄目な行動をしてしまうのじゃ。
 それも自己評価から起こる行いなのじゃ。

 思春期になれば親から独立した自分の考えを持つようになるが、心の中の条件付けは変わらないのじゃ。
 それは心の中に残り、行いを選択する時に働いてしまうのじゃ。
 そのようにして親から与えられた価値観と自己評価に沿った行いを一生繰り返してしまう者もいるのじゃ。

 そのような価値観と自己評価わ乗り越えるためには、やはり観察するしかないのじゃ。
 自分の本心を観てそのような価値観と自己評価があり、今までそれに反応して行いをしていたと気づいた時、それは滅するのじゃ。

 悪しき行いに向かおうとする価値観と自己評価が在る限り、悟りに向かう修業も全うできないじゃろう。
 悪しき行いを求める心は、自己の心を整える行ないに反発するからのう。
 そうであるからそれも修行の妨げになる煩悩の一つといえるのじゃ。

 金や権力や名声をひたすら求めることが善いとする価値観や自己評価も同じなのじゃ。
 必要以上の欲は貪欲として三毒の一つとして教えられているの字や。
 今の知識や理性と照らし合わせて不要の価値観と自己評価は滅するべきものと言えるのじゃ。
 
 修行者が自分の本心をよく観察してそのような価値観と自己評価に気づけば、それも滅するのじゃ。
 そして今の自分の知性と理性に沿った行いも出来るようになるのじゃ。
 真の悟りを求める心の働きを最も尊ぶべきものとして進むことも出来るのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 
スポンサーサイト


苦滅の道実修 | 21:50:40 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-04-08 日 06:09:40 | | [編集]
Re: おはようございます


 それでよいのじゃ。
 自分が居ないという感覚を常識外として恐れているだけなのじゃ。
 本来は自分など無いものじゃ。
 そのまま恐れを乗り越えて進むとよいのじゃ。
 無我になるのも近いじゃろう。
 実践あるのみなのじゃ。
2018-05-02 水 21:22:15 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad