FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
見られただけならば自我は無いのじゃ。



  自我のある人間はなにものかを認識する時、自分との関連によって認識するものじゃ。
 知覚したものごとに自分との関連による意味を与えているのじゃ。
 例えば何かを見れば自分のものであるとか、自分のものではないとか、自分の好きなものとか、自分の嫌いなものとか認識するのじゃ。
 
 修行によって自我が薄れてくれば、自分との関連も薄くなり、すべてを意味の無いものと見られるのじゃ。
 そこまでくれば忘我から無我にも近くなったと言えるのじゃ。

 昔、バーヒヤという外道の行者がいたのじや。
 修行に行き詰ったのかお釈迦様に教えを請いに行くと、お釈迦様はこのように教えたのじゃ。

 「バーヒヤさん、それでは、ここに、このように、あなたは学ぶべきです。
 見られたものにおいては、見られたもののみが有るであろう。
 聞かれたものにおいては、聞かれたもののみが有るであろう。
 思われたものにおいては、思われたもののみが有るであろう。
 識られたものにおいては、識られたもののみが有るであろうと。

 バーヒヤさん、まさに、このように、あなたは学ぶべきです。
 バーヒヤさん、まさに、あなたにとって

 見られたものにおいては、見られたもののみが有るであろうことから、
 聞かれたものにおいては、聞かれたもののみが有るであろうことから、
 思われたものにおいては、思われたもののみが有るであろうことから、
 識られたものにおいては、識られたもののみが有るであろうことから、

 バーヒヤさん、それですから、あなたは、それとともにいないのです。
 バーヒヤさん、あなたが、それとともにいないことから、
 バーヒヤさん、それですから、あなたは、そこにいないのです。
 バーヒヤさん、あなたが、そこにいないことから、バーヒヤさん、それですから、
 あなたは、まさしく、この〔世〕になく、あの〔世〕になく、
両者の中間において〔存在し〕ないのです。

 これこそは、苦しみの終極“おわり”です。」

 この教えによってバーヒヤは即座に悟りを得たのじゃ。
 バーヒヤも外道ではあるが、それなりに集中の修行をしていたのじゃろう。
 見たものに意味が投射されない境地であった故に、自我もそこに無いことに気付けたのじゃ。
 
 自我が無い時には何を見ても聞いてもそこに意味は投射されないのじゃ。
 見たものは見ただけのものとなり、聞いたものはきいただけのものとなるのじゃ。
 あらゆる意味と好悪と是非が消えうせた、知覚されたままの姿に認識されるのじゃ。

 その時、過去の経験の蓄積がある自分、現在知覚している自分、これからも将来のある自分という観念は存在しないのじゃ。
 それが.この世にもあの世にも中間にも自分というものが無いということなのじゃ。
 この言葉によってバーヒヤも自分が無いことに気付けたのじゃ。

 何も無いところに観念による自分を作り上げていたと知れたのじゃ。
 それが観照なのじゃ。
 そして厭離が出来たのじゃ。

 見たものが見ただけのものとして知覚されたり、聞いたものが聞いただけのものと知覚されるということは経験が無い者には理解しがたい事じゃろう。
 それでも真摯に修行していればいずれは経験することもあるじゃろう。
 その時は自我を厭離するよい機会であると知って観察すると善いのじゃ。
 どこにも自分というものが無いことが、明らかに観察されるじゃろう。
 そして観照も起こるのじゃ。
 それまで精進あるのみなのじゃ。
 
スポンサーサイト
悟りの真実 | 17:52:43 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-03 月 20:52:58 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-18 火 19:41:46 | | [編集]
Re: すばらしい回答ありがとうございます。
在家修行者

 そうじゃ、そのような理解で善いのじゃ。
 精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2018-09-29 土 21:20:03 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
名無し

 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。
2018-09-29 土 21:22:22 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
そらの…

 少なくとも忘我にはなっているようじゃ。
 クンダリニーが上がって光が見えるだけなのじゃ。
 そのように見えるものは囚われないようにするのじゃ。
 更にただひたすらに自分を観察し続けるのじゃ。
 それこそが正しい道なのじゃ。
 この上は無我になり、無認識になる道が残っているだけなのじゃ。
 更に精進あるのみなのじゃ。
2018-09-29 土 21:28:11 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-29 土 23:10:34 | | [編集]
悟り
おかげさまで悟りを得ることができました。
無の境地にいるときは周りの人も無の境地に浸れるようです。
日蓮を信仰している人たちは禅天魔という言葉を信じているので、
雨戸をたたいて嫌がります。
日蓮はなぜ禅天魔なんていったのでしょうか。
そのせいで悟りを信じない人たちが大勢いるのが現実です。
2018-09-30 日 19:12:12 | URL | 悟 [編集]
Re: タイトルなし
そらの…

そうじゃ、囚われずに進むのじゃ。
 またおいでなさい。
2018-10-03 水 20:29:03 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: 悟り


 天魔とは神通力などのある増上慢の者なのじゃ。
 集中力があるとそのように力も発現する故に驕り昂ぶってしまうのじゃ。
 それを日蓮は指摘したのじゃ。
 自らを過信した増上慢の者は悟りとは反対の方向に進んでいるとも言えるのじゃ。
 気をつけるがよいのじゃ。
2018-10-03 水 20:45:21 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
気づき
いつも拝読させて頂いています。

バーヒヤさんのお話で、「わたし」がいないということを日々体験しています。
ありがとうございます。

 お釈迦様の覚りは、人知を超えているのに人知(分別や知識)で解ろうと努めていたことに痛切に気づきて己の馬鹿さに笑っている次第です。
 五感の感受に対して理解するということは既に人知を働かせている状態であります。感受したことに詮索しているのは、己を守るために爬虫類脳と哺乳類脳が主導していると思います。

 人間脳である大脳皮質は、無常・無我を通してあるがままは幻想であると見抜いています。囚われることのない現象であり、識別する意味のない自然のできごとが淡々と起こっては消え去っていると理解しています。
 今の刹那が点滅しているだけの現象が永遠に続くだけで、意味も価値も得るものもないと感じております。
 このまま、無常・無我を観察していけばよいのでしょうか。
 ご教授ねがいます。
2018-11-19 月 13:57:40 | URL | 在家修行者 [編集]
Re: 気づき
在家修行者

 そのようにあるがままの心の働きを観察していけば善いのじゃ。
 やがて全て止まり消えて行くじゃろう。
 それでもある意識を見るのじゃ。
 精進在るのみなのじゃ。
2018-11-21 水 19:44:41 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad