FC2ブログ
 
■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
愛とは
  お釈迦様はこのように言っておる。

210、 愛する人と会うな。愛する人に会わないのは苦しい。また愛しない人に会うのも苦しい。

211、 それ故に愛する人をつくるな。愛する人を失うのはわざわいである。愛する人も憎む人もいない人々には、わずらわしの絆が存在しない。

212、 愛するものから憂いが生じ、愛するものから恐れが生ずる、愛するものを離れたならば、憂いは存在しない。どうして恐れることがあろうか?

213、 愛情から憂いが生じ、愛情から恐れが生ずる。愛情を離れたならば憂いが存在しない。どうして恐れることがあろうか?

 ここで愛と言われているのは愛着であり、執着なのじゃ。
 慈悲とは違うものなのじゃ。

 慈悲は自他の同一観から起こるものであり、他人の喜びを自らの喜びとして感じ、他人の悲しみを自らの悲しみとして観るものじゃ。
 愛着や執着は自分の孤独や不安から起こるものであり、逃避に過ぎないものじゃ。
 苦である孤独や不安から逃れようとして愛着し、更に苦を増やすことになるのじゃ。

 愛する者と離れる苦が愛別離苦であり、憎む者と会わなければならないのが怨憎会苦なのじゃ。
 愛するものがあれば、反対に憎む者も出来るのじゃ。
 愛する者を傷つける者や愛する者と反対の特徴がある者を憎むのじゃ。
 そして憎む者と共に居ることで苦しむのじゃ。
 そのように愛憎共に人を苦しめるものなのじゃ。

 愛する者によって苦しむ人の姿は日常でも多く観られるものじゃ。
 愛する者と離れる苦だけでなく、会っていても互いに傷つけあう苦もあるのじゃ。
 愛し合っていても自我があれば傷つけあわずにはいられないのじゃ。
 更には情痴のもつれからの犯罪や、ストーカーなどの犯罪までも引き起こすものじゃ。

 愛とは麻薬のようなものとも言えるのじゃ。
 人に一時的な快楽はもたらすが、やがては苦になり、破滅にさえも陥らせるものなのじゃ。
 しかし、麻薬も使いようによっては薬になるように、愛も慈悲になれば人に利益をもたらすものとなるのじゃ。

 愛着は自らのために他人を求めるものじゃ。
 慈悲は自他双方の利益を求めるものなのじゃ。
 
 愛着は人をありのままに慈しむことはなく、離れていれば会いたがり、会えば自らの思うとおりに操ろうとするものじゃ。
 それによって傷つけあうことにも繋がるのじゃ。
 慈悲は人をありのままに慈しみ、苦楽を共にして、自他の利益を図ろうとするのじゃ。
 そうであるから傷つけあうことも無く、進歩していくことも出来るのじゃ。
 そのような慈悲はそのまま善事であると言えるのじゃ。

 愛とはこのように両面の働きがあり、慎重に見極めなければならないものなのじゃ。
 自分が愛着し、執着しているならば、自らを観察して気付くのじゃ。
 そうすれば執着から離れ、破滅することも無いのじゃ。
 更に意志によって愛着を慈悲にまで昇華し、自他共に利益を図るのじゃ。
スポンサーサイト


ダンマパダ(法句経)解説 | 20:32:12 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-10-10 水 20:05:58 | | [編集]
Re: タイトルなし
そらの…

 それでよいのじゃ。
 それらは自動的に起こるものじゃ。
 囚われなければよいのじゃ。
 それにも囚われず、恐れずに進むのじゃ。
2018-10-21 日 22:20:19 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし


 それでよいのじゃ。
 それにも囚われず、恐れを乗り越えて進むのじゃ。
 もともとこの肉体も自分もいずれはなくなって行くものじゃ。
 修業によってなくなるならばそれで本望なのじゃ。
 恐れを捨ててどこまでも突き抜ければ悟りにも達するのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
2018-10-21 日 22:22:33 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
一日に何時間以上瞑想すると悟りは得られるものなのでしょうか?
2018-10-22 月 15:32:24 | URL | ロン [編集]
Re: タイトルなし
ロン

何時間という決まりは無いのじゃ。
 本当に自分を捨てても悟りを得たいと思うならば一日でも得られるのじゃ。
 修業の時間とは自分を捨てる躊躇いを捨てる時間といえるのじゃ。
 おぬしが一日何時間かければ自分を捨てる躊躇いを無せるかで決まるのじゃ。
 自らの心に聞いて見るのじゃ。 
2018-11-02 金 21:06:19 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: 親友たちと苦楽を共にする観察とは?
ねじまき鳥

 ① そのような者はいなかったのじゃ。

 ② 観察とは全てありのままに観ることなのじゃ。
   他人の言動は見なくてよいのじゃ。
   自らの心をありのままに観てそれが愛着であり、逃避であると気付いたならば捨てるがよいのじゃ。
   お釈迦様もよい友とだけ付き合うようにといっているのじゃ。
   悪い友は捨ててよいのじゃ。
   実践あるのみなのじゃ。
2018-12-02 日 20:33:48 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
それが「苦」だという感覚がよく分からないんです
鬼和尚さま、ねじまき鳥です。


私は愛する人と離れなければならない愛別離苦であれ、
憎む人と会わなければならない怨憎会苦であれ、
どちらの体験からも背を向けたことがありません。


いつでも真向勝負なのであります。


「愛する人と会うな」「愛する人をつくるな」と言われても、
人と会って付き合わなきゃいけない状況だってありますから、
いつのまにか愛着を持ってることもありますでしょう?


もちろん、喧嘩したり、憎んだり、嫌われたりもしました。


でも、不思議なもので、いつでも真向勝負してると、
いつのまにか人間関係うまくまわっていくもんです。
なので、よい友だちとだけ付き合うつもりもなかったし、
悪い友だちを捨てるようなこともなく過ごしてきたんですよね。


自然に近づいて、自然に離れて…という感じでしょうか。


おかげで、それが「苦」だという感覚がさっぱり分かりません。
なんだか、お釈迦様の言ってたことって、
現実から目を背けているだけのような気がして。
なんて言うのかな…「子供っぽい」んですよね。


なので、私にとっては、お釈迦様は理解に苦しむ人なんです。
どうやら私とは生き様自体が正反対だったようですよね。
鬼和尚様の回答を参考にして、いろいろ考えてみます。


ありがとうございました。
2018-12-05 水 12:55:46 | URL | ねじまき鳥 [編集]
Re: それが「苦」だという感覚がよく分からないんです
ねじまき鳥。

 修行のためにならない友と離れると善いのじゃ。
 悪に染まっている友と離れるのじゃ。
 福楽と悟りを求める者のための教えなのじゃ。
 実践あるのみなのじゃ。
2018-12-24 月 13:16:15 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
自律神経失調症被害の考察
鬼和尚さま、ねじまき鳥です。

鬼和尚さまのところから、私の運営している心理学のサイトに、
何人かの瞑想を実践している方がいらっしゃいました。
その全員が自律神経失調症の兆候を示していまして、
実は、その原因がどこにあるのか探っていたんです。

おおよその見当がついたので私の見解を述べておきたいと思います。

鬼和尚さま、どうやら観察には二種類あるようです。
東洋型の観察と西洋型の観察と言えばいいでしょうか。
鬼和尚さまが実践するように奨めているのは東洋型の観察のみです。
でも東洋型の観察だけだと世間の居場所を失う人が出てきてしまいます。

心理学者のユングが研究対象にしていたのは、そういう人たちでした。
何かの拍子に、悟りの世界と俗世の世界というのでしょうか、
人生の一時期、その境界線に入り込む人がいることを発見したんです。
というのはユング自身がその境界線から戻ってきた人だったからです。
ユングはその時期をレーベンス・ヴェンデと呼んでいました。

私はただの西洋心理学の研究者なので悟りには興味がありません。
ただレーベンス・ヴェンデの境界線から世間に戻る道を失った人たちが、
自律神経失調症の兆候を示しはじめることは現実問題としてあるんです。

「境界線から戻れなかった精神病患者が東洋の覚者である」

西洋心理学の研究者には、そういう認識が根底にありますから、
私の見解と鬼和尚さまの見解が対立してしまうことは分かってます。
ただ、自分のやっていることが、どのような影響を人に及ぼすのか。
それくらいは認識したほうがよろしいのではないかとおもうのです。

それでは失礼いたします。
2019-01-13 日 06:38:09 | URL | ねじまき鳥 [編集]
Re: 自律神経失調症被害の考察
ねじまき鳥

 自律神経失調症とは身体的な障害から起こることも多いものじゃ。
 首の後ろが凝っているとか腸が過敏であるとかのう。
 神経系の症候群であるから身体から起こることが多いのじゃ。
 そのようなことも知らずに嘘をついてもわしには通用しないのじゃ。
 お釈迦様は嘘をつくものは地獄にいくじゃろうといっているのじゃ。
 この世で苦しみ、死後も苦しむというのじゃ。
 嘘をやめなければその通りになるじゃろう。
 すでに警告したからにはおぬしがこの先どのような苦に遭ってもわしの責任ではないのじゃ。
 悪い友と付き合っているとそのように嘘をついても平気とか思うようになるのじゃ。
 愚かな者の友となり、自分より賢い者の忠告に従わなければ、苦しむのも当然なのじゃ。
2019-01-17 木 21:01:53 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad