■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
観察によって何故、厭離が起きるのか
もともと人の受ける苦は、それ自体は無我にして起きるものじゃ。
 例えば手が傷つけば、直ぐに痛みが起こる。
 その反応は自我があろうと、無かろうと、関係の無い、体の自然な反応なのじゃ。
 自我か無くても、あっても痛みは勝手に起こる。
 しかし、自我を持っている人間は、阿頼耶識の作用で、その痛みに直ぐに自我を投射してしまうのじゃ。

 それによって痛みに「これは私の痛みである」とか「私が傷ついている」という認識を抱いてしまう。
 痛みを自分のもの、自分の苦であると、認識してしまうのじゃ。
 その他の苦も同様に、苦が起きればそこに自我を投射し、自分が苦を受けている、自分の苦であるという認識が生じる。
 言わば苦を自己同一化しているものと言えよう。

 これが人が持ってる、阿頼耶識による苦の自己同一化の成り立ちなのじゃ。

 観察はこの阿頼耶識の自己同一化の働きを、破壊する事が出来るのじゃ。
 観察をすれば、観察したものと、観察する主体との間に、距離が出来る。
 観察したもの「対象」は、観察している者「主体」ではないと、認識させる作用があるのじゃ。
 それにより、観察された苦は、もはや自分のものではなく、自分が苦を受けているのではないという、正しい気付きが生まれる。
 正しい気付きに拠り、苦は自分のものでもなく、自分が苦しんでいるのでもないという自己同一化の破壊が起こる。
 それが厭離と言うものなのじゃ。

 観察によって苦は自分との同一化を破壊され、主体から切り離された対象となる。
 その現象を厭離と呼ぶのじゃ。
 それは苦だけでなく、煩悩や執着、そして自我などの自己同一化をも、破壊する事が出来るのじゃ。
 観察によって厭離が出来れば、自己同一化を破壊された苦は、もはや苦では無くなる。
 ただの肉体や心の自然な反応であり、消えてしまうものであり、思い煩うべきものではなくなる。
 同様に煩悩や執着、自我なども観察によって、主体から切り離され、同一化を破壊され、消えて行くものとなる。

 観察にはこのように厭離を起こさせるという、大きな力がある。
 真に観察こそが王道であり、観察による厭離こそが、王道を行く者の受け取る果実であると言えよう。
 みんなも頑張って観察をするが良かろう。
スポンサーサイト


テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りを得るための修行法Ⅱ | 21:23:05 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
>阿頼耶識の作用で、その痛みに直ぐに自我を投射してしまうのじゃ
と書いてありますが、

自我を投射と言われてもピンときません。
よろしければ、別の表現を用いて説明してもらえませんか?

一所懸命、理解したいと思います。
よろしくお願いします。
2010-06-17 木 16:57:38 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
それは自分というものの言葉とイメージなのじゃ。
例えば吉田太郎という者がいれば、痛みに吉田太郎が傷ついたと思い、自分が傷ついたイメージを浮かべる。
こうして傷ついた自分という観念が生まれ、苦になるのじゃ。
このような認識の働きは一瞬で起こり、非常に見難いものじゃ。
それを観るためには強く集中し、注意深く観察しなければならんのじゃ。
2010-06-21 月 14:52:25 | URL | 鬼和尚 [編集]
自己同一性
鬼和尚さま、はじめまして。ゆめくうと申します。
質問させて頂きます。
精神的な苦や煩悩を本当の自己ではないとして苦しみから解放されるのが悟りの目的だとしても、肉体的苦を自らのものとしないのなら、生命の自己防衛的本能までも否定して、場合によっては死に至る可能性もあるのでは、と思いました。自らの肉体的苦を他人事として生命を維持する事は可能なのでしょうか?
2017-06-15 木 10:07:00 | URL | ゆめくう [編集]
Re: 自己同一性
ゆめくう

 それは目的があれば可能なのじゃ。
 お釈迦様も多くの人々を助けると言う目的があるから80歳まで長生きしたのじゃ。
 目的がないと病も放置して死に至ることもあるのじゃ。
 
2017-06-17 土 21:06:58 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad