■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
実修1 八正道
 お釈迦様は苦を滅する法を、四つの真理として説かれた。
 四聖諦と呼ばれるものじゃ。
 しかし、時代が重なるうちに真理が埋もれてしまい、本当の方法が判らなくなっておるようじゃ。
 
 観察というものはあまりに微妙であり、実践が難しく、伝えにくいという理由もあるじゃろう。
 12因縁や念処なども観察の結果であり、それを得ることが目的ではないというのに、それだけを丸暗記して法であると思うのは、例えば水泳のマニュアルを覚えて、泳げる気になっているようなものじゃ。
 水泳のマニュアルを幾ら覚えても、実際に水の中で泳いで見なければ、決して泳げるようにはならないものじゃ。
 同じように文字を覚えてこれが12因縁じゃ、四聖諦じゃと言っても、実践出来なければマニュアルをただ暗記しているのと同じなのじゃ。

 四聖諦のうち八正道においては、始めに正見をせよと書いてある。
 ここから説かねばならん。
 正見とは正しく見る、観察する事なのじゃ。
 あまりに明白であり、結果だけを文字にしたために、多くの者が勘違いしているようじゃが、正しく伝えられ、翻訳されたお釈迦様の教えは多くが観察せよと教えておる。

 何を観察するのかと言えば、苦、苦の集まり、起こり、苦の滅、苦滅の道を観察せよと教えておる。
 苦などはともかく八正道すらも観察せよという。
 正見を正見せよという。
 観察すらも観察するのが、正しいお釈迦様の教えなのじゃ。

 正しい観察によって、その元に正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定がある。
 正しく観察する事によって正しく考え、正しい言葉を使い、正しく業を行い、正しく生活し、正しく精進し、正しい念が生じ、正しい定に入る。
 そして、正しい定によって、正しい観察が力を増す。
 これが止観の道なのじゃ。

 正しい観察を行い、正しい定が出来、正しい定によって強くなった集中力で、より正しい観察が出来るようになる。
 このように止観の道を修めて、始めて苦を滅する基礎が出来上がる。
 苦を滅せんとする者は、先ず正しい観察と正しい定によって、集中力と観察力を養うのじゃ。
 
 
スポンサーサイト


苦滅の道実修 | 21:13:54 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-07 木 13:56:35 | | [編集]
Re: ご苦労さんじゃ。
 道を求めてご苦労さんじゃ。
 観察の結果に囚われる事無く進むのじゃ。
2009-05-10 日 22:28:55 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-11 月 23:17:32 | | [編集]
Re: どういたしまして
どういたしまして、またおいでなさい。
2009-05-19 火 19:58:09 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad