■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
自我を完成させて捨てるのじゃ。
 普通の者は誰でも自分を自分と認識する自我をもっておる。
 それは認識そのものが不完全な故に、誤った自己認識ではあるが、悟りへの道を行くには必要なものとも言える。

 自我がある故に意志が芽生え、己の行いを己の責任で結果を受ける覚悟が出来るのじゃ。
 自我さえも不完全であるならば、強い意志が無く、己の行いの結果を己で受ける覚悟も無い。
 
 未だ不完全な自我を持つ者は、自ら何かをしようと思わず、他人からの反応で生きているものじゃ。
 誰かがこのように言ったからこうするとか、あのように言っているからこれはしないとか、全ての動機が他人からの言動で決められ、自らの考えで行いを決める事が出来ない。
 そのようであれば、その結果もまた誰かのせいでこうなったとか、あのようになったとか、自分で結果を受け止める事ができなくなる。
 このような不完全な自我を持っているならば、悟りに向かう前に、自立しなければならないのじゃ。
 自分自身が考え、その結果を自ら受け止める覚悟あって始めて修行は完遂される。

 そのように他人からの反応で生きている者は、自ら自立した自我を持つ事が重要になる。
 自我を持って始めてそれを捨てる事も出来るのじゃ。
 捨てる事によって起こる結果も、全て自分で受け止める覚悟と共にのう。

 このように知れば人がこのように生まれ、自我を持つ事も又必要な事であったと判る。
 それは完成され、捨て去られるために在ったのじゃ。
 学校に行く者が一年生から二年生へと進学するように、自我は完成から放棄へと進歩して行くのじゃ。
 それは恐れる事でも不安になる事でもない。
 ただ通り過ぎていく道の一つに過ぎないものなのじゃ。

 この自我について観察が完全に行われ、厭離が出来たのなら、悟りは始めの段階に入る。
 自我が滅したのなら、それを観るものである認識をも滅する事が容易になる。
 認識をも滅した時、悟りは完成されるのじゃ。

 自我について知る事は人が進歩する上で、大きな利益がある。
 常に気をつけて己の自我を観察しているならば、気付きも訪れ易くなる。
 自我は子供の頃や思春期には体験する自己認識を元に成立しておる。
 自分が他のものとは違う、世界にたった一人の自分と認識した時、人は強い孤立感があるものじゃ。
 今までの親や周りのものと一体であった感覚は無くなり、たった一人で世界に対応している気分になる。
 その強い孤立感、孤独感の故に、人はさまざまなものに逃避する。
  
 酒や薬物に依存したり、偽りの一体感を得るために、どこかの国や共同体の一員であるとか、そのような形の逃避もある。
 宗教に依存するのもそのような逃避の一種と言えるじゃろう。

 自我を観察し難いのは、そのような逃避行動がいくつも重なり、孤立感、孤独感を思い出すからなのじゃ。
 習慣的に孤独からの逃避を行っていると、逆に孤独感を思い出させる自我の観察も難しくなるのじゃ。
 
 そのような習慣を改善する為には、獅子の如く勇猛心を奮い起こさなければならない。
 孤独から逃げず、むしろ立ち向かっていこうと言う勇猛なる心が、成長への道を示す灯りとなるのじゃ。

 お釈迦様は犀の角のように独り歩めと言われた。
 孤独によって人は確かに成長するものじゃ。
 他人に依存する不完全な自我を持つ者も、自ら独り歩むならば、己の行いが己にのみ返ると知り、依存を離れるしかなくなる。
 多くの民族が成長のための儀式として、一人での旅行を行わせるものじゃ。
 たった三日の間でもただ一人になって考えるならば、人は変わるじゃろう。
 そのようにして自我は完成し、自立した者となる。
 

 更に孤独に立ち向かう事によって、人は見難い自我の成立を観察し、それを捨てる事も出来る。
 孤独に立ち向かう力は人の中にもともとあるものじゃ。
 それは勇猛心と呼ばれる。
 勇気の事じゃ。
 知識よりも、技術よりも孤独や恐怖に立ち向かうためには、心の中にある勇気が必要なのじゃ。
 修行者達よ、勇猛心を奮い起こし、孤独や不安や恐怖を乗り越え進むのじゃ。
 

 
スポンサーサイト


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

元気が出る説法 | 20:32:46 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
こんばんわ 和尚さま
お話を日々楽しみにしております。

僕は、ふと気づくと孤独や不安や恐怖の状態になっている時があります
そんな時に思い起こすことは、親の愛情を感じた時の胸が温かくなる感じです。
愛をそそいでくれた両親の愛情を一つ思うと、孤独や不安や恐怖は消えてしまいます
最近はそのときに言葉を起こさないように「温かさ」だけを感じています
その状態はとてもスムーズに物事が進んでいく実感がございます
スムーズでない場合も、孤独や不安や恐怖を源にした行動でないことで、自分自身ベストをつくした感があり、その結果に思い悩むこともあまりなくなりました。
そのなかで今思うことは、こういう自分と「自我」の間で揺られながら僕たちは日々生活しているのかなーと・・・

もうひとつ
いろんな問いに対した時に、その解は、「どっちでもいい・・・」と朗らかに思えることなのかな・・・
と今思います。

それでは、
いつもありがとうございます☆
2010-06-18 金 21:22:05 | URL | sei [編集]
いい事じゃ。
またおいでなさい。
2010-06-21 月 14:57:45 | URL | 鬼和尚 [編集]
こんばんは和尚様
また質問させて下さい。

ふと思ったのですが、上に書いたとおり
親とかからの愛を感じ、温かい気持ちを感じることって
孤独からの逃避になっているのでしょうか?
他人に依存する不完全な自我を持つ者なのかなぁ・・・と思うことで
「怖れ」は生じます。

また心に温かさを感じると
怖れを意識しません。

どっちでもいいやと朗らかに思えることが
勇猛心なのかな・・・と思っちゃったりしますが
どうなんでしょうか・・・

宜しくお願いします☆

2010-06-23 水 19:13:01 | URL | sei [編集]
そのように気付くのはよい事じゃ。
観察も細かくしておる。
心の状態はどのようなものも実には心の中から起きるものじゃ。
恐れの無い状態も心の中にある。
修行を進めていけば恐れも滅して常に無い状態になるじゃろう。
諦めなければいずれ常に恐れのない状態へ到達するじゃろう。
一つ一つの状態に拘ることなく、修行を進めていくのじゃ。
2010-06-27 日 21:26:27 | URL | 鬼和尚 [編集]
和尚様、お言葉ありがとうございます。

一つ一つの状態に拘らず
言葉無くとも穏かに修行を進めるなら・・
幸せです。

それでは、もう寝ます♪
失礼致します☆
2010-06-27 日 21:45:13 | URL | sei [編集]
和尚さん、はじめまして。

最近、このブログを知ったのですが、勉強させていただいています。

質問なのですが、和尚さんは以前、2ちゃんねるで、エックハルト・トールさんのことを「悟っていない」とおっしゃっていましたが、個人的には、「エゴの解体」を実践するに当たって、彼の著書はとても役に立ちます。

「悟っていない」とおっしゃる根拠はよく分かりませんが、個人的に有用だと思うのなら、活かしていってもいいのでしょうか?

何卒よろしくお願いします。
2010-06-29 火 18:10:31 | URL | クニ [編集]
がんばるのじゃ。
どういたしましてまたおいでなさい。                       
2010-07-01 木 20:08:25 | URL | 鬼和尚 [編集]
調べてみたがトールは献身の道でサマーディまで行ったようじゃのう。
神や仏に心身を委ね、サマーディにまで到達できるのが献身の道じゃ。
そこまでになら参考になるじゃろう。
しかし、最後には神仏も捨てなければならん。
神仏も集中するための道具であったと了解するのが最後まで行けるのじゃ。
2010-07-01 木 20:15:15 | URL | 鬼和尚 [編集]
お返事ありがとうございます
これからも勉強のために覗かせていただきます。
2010-07-02 金 01:43:34 | URL | クニ [編集]
こんにちは、鬼和尚さん

ちょっと聞きたいのですが、
眠っているときに、ふいに地震が起きたら条件反射でビックリしますよね。
これは自我が、自分の体が危ないと警告を出しているからビックリするものだと思います。

悟った人、自我を失くした人というのは、
地震が起こっても、条件反射のようにビックリしない人なんでしょうか?
それとも、一瞬ビックリするもののすぐに安心の境地に戻れる人なんでしょうか?どちらでしょうか?よろしくお願いします。
2010-07-11 日 23:00:20 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
これからもよろしくなのじゃ。

自我が無ければもはやびっくりしたりはしないじゃろう。
地震が起きれば地震が起きたと観察し、まだ体を維持する必要があるなら避難したりする。
必要がなければ体に任せてじっとしているじゃろう。
2010-07-13 火 11:43:58 | URL | 鬼和尚 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad