■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
劣等感
今、多くの者が苦しめられている劣等感と言うものがあるのう。
背が低いとか、鼻が低いとか、学歴が低いとか、あるいは特に理由も無く他人よりも劣っていると、思い込んで苦しんでおる。
 そのような劣等感も実は心の作用であり、心の中にあるものであり、観察によって滅する事が出来るのじゃ。

人は自分は背が低いとか、鼻が低いとか、学歴が低いとか、そのような事で悩むが、実は背が高い者は背が高いことに悩み、鼻が高いものはそれに悩み、学歴が高い者もそれについて悩んだりしているのじゃ。

 日本の美容整形では低い鼻を高くしてくれという客が来るが、西洋の美容外科には高い鼻を低くしてくれという者が来たりするという。
 背が高い者も、低く見られるようにわざと、わざわざ肩を落としてあるいたりするという。

このように背が低かったり、鼻が低かったりするのも、相対的なことであり、それが他人と比べて、絶対に劣っているという訳でもない。
ただ人の心の中にのみ、自らの外見や条件を以って、他人よりも劣っていると言う観念があるのじゃ。

劣等感が心の中にあると、他人の言葉が全て自分を批判するように思えたり、自分の観念に固執して離れられず、真実が見えなくなったりするものじゃ。
それも己の弱さを隠そうと防御する反応から来るものじゃ。

そして自らを弱いと思う事も認めず、強く見せかけるために、他人への攻撃をえんえんと繰り返したりする。
実際は弱いと言う感覚さえも、謬見ではあるが。
偽りでしかない弱さを隠すために観念にしがみつき、観念を守るためにさらに攻撃を繰り返す。

このように心に劣等感があれば、攻撃的になり、自らの心の中を観察するのが困難になり、誤った観念に囚われ、真実を追究するのも、修行するのも困難になってしまうものじゃ。

弱さを隠すために行動し、今まで生きてきた人間が、己の弱さをあらわにする心の観察をするには、よほどの決意と努力が必要になるじゃろう。
しかし、一度、それを決意して自らの弱さを認め、それをあらわにしようとすれば、もはや劣等感もやがて滅する。

自らを劣っているとする思いがどこから来るのか、過去の記憶からか、他人の言葉からか、あるいは何らかの体験から来るのか、先ずは原因を見つけ出すのじゃ。

そして、その原因から自らを劣っていると言う思いが起こり、自らが劣っていると言う思いから、弱さを隠す防御反応が起こると、観察するのじゃ。

その原因が無ければ、自らを劣っていると言う思いが無くなり、自らが劣っていると言う思いが無ければ、弱が無く、防御反応も起こらないと観察する。

そのように順逆に正しく観察すれば、劣等感が消え去る。

それが無くなった時、劣等感は心の中にのみあり、外見などは関係が無かったと、気づく事が出来るじゃろう。

スポンサーサイト


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

苦滅の道実修 | 20:22:48 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
質問させていただきたいのですが、丹田が揃ったときの「快」ってずっと出ているわけではないですよね
最初の数秒間だけで
最近あれを感じる為だけにちょっと坐るようになってしまって本末転倒です
2010-12-16 木 05:58:48 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
それは姿勢が正しければいつまでも続くものじゃ。
むしろ長いほど深くなるのじゃ。

お釈迦様はむしろ瞑想を楽しむようにとも言っておる。
執着しなければ楽しんでよいのじゃ。
さらに研究してさらなる楽しみを味わうのじゃ。
2010-12-18 土 18:55:30 | URL | 鬼和尚 [編集]
昨日今日と試行錯誤しましたが快が持続するまでには至りませんでした
結構難しい技術なんでしょうか
2010-12-19 日 19:35:40 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
人によっては難しいかもしれんのう。
正しい姿勢を保ちながら力を抜くのがうまくいかないと、持続はしないじゃろう。
力を抜くと言うのは、力を入れるよりもかえって難しいものじゃ。
毎日の修行の積み重ねでコツを会得していくしかない。
力を限界まで抜いてもバランスをたもっていれば、姿勢が崩れることは無いのじゃ。
続ければかならず出来るようになるじゃろう。
2010-12-24 金 14:24:44 | URL | 鬼和尚 [編集]
鬼和尚さんこんばんは。

丹田の感覚について質問があります。
私は肩の力を抜いて姿勢を正すと、へその下にボール状の感覚が現出して、そのボールが回転しているのを体感できます。これが丹田と言われている物でしょうか?このボールが回転している時は、鬼和尚さんが言われている正しい姿勢なんでしょうか?
2010-12-28 火 00:04:06 | URL | 哲男 [編集]
それが丹田といっていいじゃろう。
重心がしっかり落ちているようじゃ。
肩や首に気をつけて座ればサマーディに達するのも早いじゃろう。
さらに精進じゃ。
2010-12-30 木 19:57:28 | URL | 鬼和尚 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-04 火 19:20:05 | | [編集]
劣等感を滅したいと思うのなら、先ずそれを滅しようと決意するのじゃ。
そのために自分の心が変化する事も受け入れなければならん。

記事にも書いた通り、劣等感は心の中にあるものじゃ。
実際に保険の世話になっているとか、人の言葉に惑わされたとか、そのようなものに囚われる必要は無いのじゃ。
心に原因が無ければ、保健は病に苦しむ者が受け取る当然の権利であり、他人の言葉も無意味な雑音とわかるじゃろう。

記事にも書いた通り、まずはそのような雑念に囚われず、そのような考えを起こすようになった原因を探すのじゃ。
そしてその原因から今の感情が起こり、その原因が無ければ今の感情も起こらないと、順逆に観想するのじゃ。
一度では駄目でも何度も繰り返せば、確実に劣等感は消えるじゃろう。


2011-01-06 木 21:02:51 | URL | 鬼和尚 [編集]
丹田の位置と「背中をまっすぐにする」ということについて
もう少し詳しく解説願えませんか
丹田が上中下揃っていれば力を抜いていなくても快が発生するのでしょうか
背骨はS字を描いているので「まっすぐ」というのも感覚的なことが大きいと思いますが、その兼ね合いがよく分かりません
よろしくお願いします
2011-01-08 土 01:22:21 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
真っ直ぐとは前後からみて横に傾いていなければいいという事じゃ。
骨盤が垂直になっていれば、背骨は自然に曲がっていても良い。
力を抜かなければやはり快は起こらないものじゃ。
肉体のコツは例え手にとって教えても伝えるのは難しいものじゃ。
むしろ自然な体の動きに任せたほうが良い。
骨盤と腰が真っ直ぐになるようにしたなら、思い切って上体の力を倒れる寸前まで抜いて、体の調整力に任せる方がいいのじゃ。
自分に向いた正しい姿勢は、体が一番良く知っておる。
そのような体の力に任せ、思考を放棄した時にコツがつかめるじゃろう。
2011-01-09 日 20:46:56 | URL | 鬼和尚 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad